JBL2 2012-13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

JBL2 2012-13は、2012年10月13日から2013年3月まで、日本各地で行われたバスケットボールリーグである。

参加チーム[編集]

EAST
WEST

試合方式[編集]

レギュラーシーズン[編集]

  • 12チームによる2カンファレンス制。同カンファレンス内4回戦総当り、別カンファレンス内2回戦総当りリーグ戦。
  • 1月は全日本総合バスケットボール選手権大会による中断を経て、19日に再開される。
  • 上位4チームがプレーオフに進出する。

プレーオフ[編集]

  • レギュラーシーズン上位4チームによるシーズンチャンピオン決定戦(トーナメント戦)を行う。
    • セミファイナル:カンファレンス(A)1位とカンファレンス(B)2位、カンファレンス(B)1位とカンファレンス(A)2位が戦う。
    • ファイナル:セミファイナルの勝者2チームが戦う。
    • 3位決定戦:セミファイナルの敗者2チームが戦う。

プレーオフは愛知県パークアリーナ小牧で開催。

結果[編集]

レギュラーシーズン順位[編集]

EAST
順位 チーム名 成績 勝率
1 TGI・Dライズ 23勝9敗 .719
2 デイトリックつくば 22勝10敗 .688
3 日立電線ブルドッグス 15勝17敗 .469
4 大塚商会アルファーズ 13勝19敗 .406
5 黒田電気ブリットスピリッツ 9勝23敗 .281
6 東京海上日動ビッグブルー 1勝31敗 .031
WEST
順位 チーム名 成績 勝率
1 兵庫ストークス 27勝5敗 .844
2 レノヴァ鹿児島 26勝6敗 .813
3 豊田通商ファイティングイーグルス 22勝10敗 .688
4 アイシン・エィ・ダブリュアレイオンズ安城 21勝11敗 .656
5 豊田合成スコーピオンズ 8勝24敗 .250
6 石川ブルースパークス 5勝27敗 .156

プレーオフ[編集]

セミファイナル

  • TGI・Dライズ 63 - 73 レノヴァ鹿児島
  • 兵庫ストークス 73 - 67 デイトリックつくば

3位決定戦

  • デイトリックつくば 75 - 69 TGI・Dライズ

ファイナル

  • 兵庫ストークス 87 - 80 レノヴァ鹿児島

最終順位[編集]

順位 チーム名
1 兵庫ストークス(WEST1位)
2 レノヴァ鹿児島(WEST2位)
3 デイトリックつくば(EAST2位)
4 TGI・Dライズ(EAST1位)

JBL2アウォード[編集]

部門 受賞者 チーム
MVP 松崎賢人 兵庫ストークス
ルーキー・オブ・ザ・イヤー 道原紀晃 兵庫ストークス
コーチ・オブ・ザ・イヤー BT・テーブス 兵庫ストークス
レフェリー・オブ・ザ・イヤー 増渕泰久

ベスト5[編集]

P 受賞者 チーム
G 松崎賢人 兵庫ストークス
G/F 大原健 豊田合成スコーピオンズ
F 中園隆一郎 レノヴァ鹿児島
F/C ウィリアム・ナイト 兵庫ストークス
C ラマー・サンダース デイトリックつくば

リーダーズ[編集]

部門 受賞者 チーム 記録
得点 大原健 豊田合成 23.47点
アシスト 松崎賢人 兵庫 4.47本
リバウンド ラマー・サンダース デイトリック 15.25本
野投成功率 マイケル・リファーズ 兵庫 69.16%
フリースロー成功率 道原紀晃 兵庫 85.39%
3P成功率 高村和臣 石川 45.45%
スティール ラマー・サンダース デイトリック 2.03本
ブロックショット ラマー・サンダース デイトリック 1.44本
ダンクシュート ラファエル・ジョンソン レノヴァ 1.50本

備考[編集]

参照[編集]

関連項目[編集]