JFE商事ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JFE商事ビル
JFE shoji bldg.JPG
情報
旧名称 川鉄商事ビル[1]
用途 オフィス
設計者 三菱地所
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積 1,528.49 m²
延床面積 14,276.87 m² (容積率934%)
階数 地上13階、地下3階
高さ 最高軒高44.2m
最高部54.4m
エレベーター数 3基
駐車台数 40台
着工 1970年5月12日
竣工 1972年2月2日
所在地 100-0004
東京都千代田区大手町二丁目7番1号
座標 北緯35度41分10.44秒 東経139度46分10.13秒 / 北緯35.6862333度 東経139.7694806度 / 35.6862333; 139.7694806座標: 北緯35度41分10.44秒 東経139度46分10.13秒 / 北緯35.6862333度 東経139.7694806度 / 35.6862333; 139.7694806
テンプレートを表示

JFE商事ビル(ジェイエフイーしょうじビル)は、東京都千代田区大手町二丁目にあるオフィスビルである。

歴史[編集]

元は日立製作所常盤橋別館があった土地を三菱地所が譲り受け、1970年5月12日に日本ビルヂング別館として着工。1972年2月2日に竣工した[2]

入居企業[編集]

JFE商事(旧 川鉄商事)が本社を置いていたが、2012年11月に大手町フィナンシャルシティノースタワーに移転した。その跡に、以前から本ビルに入居していたJFE商事エレクトロニクス、JFE商事ビジネスサポート、JFE商事サービス、ケー・アンド・アイ特殊管販売のほか、東京都内に点在していたグループ企業が2013年1月から2月にかけて順次本ビルに移転した[3]

  • JFE商事エレクトロニクス
  • JFE商事ビジネスサポート
  • JFE商事サービス
  • ケー・アンド・アイ特殊管販売
  • 川商フーズ
  • JFE商事鉄鋼建材
  • JFE商事鋼管管材
  • JFE商事薄板建材
  • JFE商事資機材販売
  • JFE商事線材販売
  • JFE商事テールワン
  • JFE商事マテック
  • トーセン

建築[編集]

西側の江戸通り、南側の区道104号線、北東側地下の首都高速八重洲線に囲まれた土地の制約から、両端がすぼまった北西-南東に細長い六角形の断面を持つ。区道を挟んだ南側の、現在日本ビル朝日生命大手町ビルJXビル大和呉服橋ビルが建つ常盤橋街区の再開発事業に関連して、本ビルを解体し常盤橋公園の拡張に充てる計画がある[4]

脚注[編集]

  1. ^ ビル年鑑大手町編パート2 (PDF)
  2. ^ 三菱地所『丸の内百年の歩み 三菱地所社史下巻』、1993年3月6日、234頁。
  3. ^ “JFE商事グループ(東京地区)の総合移転について” (pdf) (プレスリリース), JFE商事, (2012年10月10日), https://www.jfe-shoji.co.jp/wp-content/uploads/2014/09/121010_j1.pdf 2015年9月1日閲覧。 
  4. ^ “「常盤橋街区再開発プロジェクト」計画概要について” (pdf) (プレスリリース), 三菱地所, (2015年8月31日), http://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec150831_tb_390.pdf 2015年9月1日閲覧。