JFNラインネット番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

JFNラインネット番組(ジェイエフエヌ ラインネットばんぐみ)は、全国FM放送協議会(JFN)ネット番組であり、通信回線を利用して常時ネットワーク送出している番組群である。

概説[編集]

ライン(Line回線)ネットとは、通信回線を用いて常時ネットワーク送出が行われている形態である。
当初より「Aライン」(エーライン)、「Bライン」(ビーライン)、の2種類の配信(供給)系統があり、「Bライン」では各局が任意に放送時間を選択してネット受けすることができた。

  • Aライン - TOKYO FM制作全国ネットでネットワークスポンサーがつく番組
  • Bライン - ジャパンエフエムネットワーク(JFNC)制作でネットワークスポンサーがつかず、JFN各局が任意に選択する番組


現在は「Aライン」、「Bライン」という言葉は使われていないが、A・Bの区別は継続されている。また、かつての「Bライン」相当番組は、JFNCラインネット番組配信表で以下のように分類される。

  • B1プログラム - JFNC制作(一部例外あり)[1]
  • B2プログラム - TOKYO FMとJFNCとの共同制作扱いの番組(主にBライン扱いだがTOKYO FMのスタジオを使用する早朝・深夜の番組)


事実上日本唯一のFM局全国ネットワークであり、かつ放送エリアの重複が多いJFNにおいては、「番組供給の保証」と「近隣局との差別化」という矛盾した課題を持っており、同じ系列でありながら「Aライン」と「Bライン」で異なる生放送番組が配信されることもある。

Aライン・Bラインの誕生経緯[編集]

1983年までには、関東地方で初の民放FM局・エフエム東京を中心とした番組供給ネットワーク組織、「JFN」が組まれていた。参加局は他に、エフエム愛知[2]、当初参加局のエフエム大阪エフエム福岡エフエム北海道エフエム仙台静岡エフエム放送広島エフエム放送エフエム愛媛エフエム長崎)である。この時期までに開局した、静岡エフエム放送までを通称「Aライン」[3][4]と呼んでいる。なお、エフエム石川も「Aライン」局と同時期に周波数割り当てがあったが、テレビ局新設がこじれたため、開局のタイミングを逃した。

その後、各道府県ごとに1つのFM局周波数が割り当てられることになった。「Aライン」では、狭い区域に限られた先発局と、放送エリアが広い区域(県域の50%超)の後発局で重複することが予想された。
本来、後発局はスポンサーの兼ね合いやリスナーの差別化の観点から、別番組を流す方が良い。しかし、開局間もないことから番組制作力が極端に低く、番組編成に支障をきたす可能性があった。このため、「Aライン」とは別に、エリア規模などから算出された一定の使用料を払えば、いつでも任意で番組編成ができる第二の配信網、「Bライン」が作られることになった。これ以降に開局したFM局は、主に日中に「Bライン」の番組供給を受けた。

「Bライン」の存在が注目されたのは、1985年である。6月に三重エフエム放送[5][6]が、10月にエフエム群馬[7]が開局した[8]。両局は共に「Bライン」から番組供給を受けてきた。両局の開局後しばらくして、日本のFM局で初めて、恒常的に24時間放送を開始できたのも、「Bライン」の番組供給の存在が大きい[9]

「Aライン」として開局した局のうち、エフエム仙台、広島エフエム放送、静岡エフエム放送、エフエム長崎では、JFN設立直後から「Bライン」相当番組の一部をネットし、現在に至っている。2007年からはエフエム大阪(JFN準キー局)でも「Bライン」相当番組が放送されるようになった。

関東地方で「Bライン」に入っているのはエフエム群馬、エフエム栃木のみである。エフエム富士は開局当初は「Bライン」であったが、開局4年後にJFNを離脱、独立局となった。

ラインネット番組[編集]

Aライン[編集]

など

Bライン[編集]

一部の番組を除き、はがきや封書で番組宛にメッセージを送る場合、宛先が、「お聞きの放送局の『○○(番組名)の△△(コーナー名)』」宛(電子メールの場合は@の後がjfn.co.jp、受付FAX番号も全番組共通のBラインネット専用電話番号)になっている。

など

脚注[編集]

  1. ^ 土曜朝放送のサタ☆スポは、FM大阪とJFNCとの共同制作扱いの番組である。また、当該番組の受付FAX番号はFM大阪の番組専用FAX番号となっている。
  2. ^ 民間FM放送局として日本で最初に開局
  3. ^ 一部地域(愛媛と広島)に放送エリアの重複が見られたが、県境周辺のごく狭い範囲に止まっていた。これらの局は自社番組の制作力が大きい。特に上記参加局のうち、長崎以外の局は平日の生ワイドのほとんどが自社制作の生ワイドになっており、「Bライン」相当番組の比率は低い。
  4. ^ 90年代初頭にかけては、かなり多くの同時ネット・時差ネット番組が存在しており、現在のように大型ワイド番組のみを連ねたタイムテーブルとはかなり異なっている。エフエム愛知、エフエム大阪、エフエム福岡など、現在でも比較的自社制作率の高い放送局は特に顕著である。
  5. ^ 愛知県の5割強でエフエム愛知とエリアが重なる。
  6. ^ エフエム愛知と三重エフエム放送のタイムテーブルを見比べると、同一系列局とは思えない編成になった。
  7. ^ 埼玉県の4割強でエフエム東京とエリアが重なる
  8. ^ JFNに加盟しない初の独立局横浜エフエム放送が開局したのは、同年12月である。
  9. ^ 厳密には、最初に実施したのはエフエム沖縄である。前身のAM放送局極東放送から引き継いだ自社制作番組「メロディー・フェア」→「FMルート58」で対応していた。しかし、「FMルート58」終了後、深夜帯を休止していた時期があった。

関連項目[編集]