JOCX-TVフィラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JOCX-TV フィラー(ジェイオーシーエックス ティーヴィー フィラー)は、かつてフジテレビジョンが放送終了・開始の間に放送していたフィラー番組である。現在放送されている「SOUND WEATHER」の前身とも言える。

概要[編集]

1980年代後半以降、NHK民放キー局では、国内外での突発的な大事件・大事故・国内での自然災害に対し、迅速な報道体制を取れる事を目的とした終夜放送(24時間放送)が実施されるようになった。当然フジテレビも例外ではなく、1987年10月より終夜放送の編成を本格的に実施するようになり(同時期にTBSも開始)、1994年10月、放送終了~開始間の穴埋め(フィラー)として放送を開始したのが「JOCX-TV フィラー」である。邦楽・洋楽問わず様々な楽曲(オムニバス・サウンドトラックCDからの選曲が多い)を環境映像に乗せて放送していた。基本的に終夜放送を行わない日曜深夜や放送設備保守点検の日は放送されない。

中には、クリスマスの時期に、マライア・キャリーの「All I want for Christmas Is You」や、山下達郎の「クリスマス・イブ」、B'zいつかのメリークリスマスを流したり、夏の時期には、海水浴客や海の家の映像に合わせて大江千里の「夏の決心」を流したり、少年野球の試合の映像に合わせて玉置浩二の「田園」を流したり、羽田空港第一ターミナルの映像に乗せて、角松敏生の「RAMP IN」を流す等、使用されるBGMが映像や季節感と関連性を持たせている。また、同局で当時放送されていた「ポンキッキーズ」のP-kiesメロディの一部楽曲も使用されていた。

使用される環境映像は多岐に渡り、深夜時間帯のフィラーに頻繁に使われる都会の夜景や素朴な自然風景はもちろん、プールで泳ぐ水着姿の男女、日本の文化遺産、航空機の離着陸シーン、病室の風景、操り人形のダンス、美術品が回転しているもの等、バラエティに富んだものとなっている。他局のフィラーのようにお天気カメラの映像やアーティストのPVが流される事は全くなく、使用される映像はフジテレビの「フィラー担当」が制作を手掛けた完全オリジナルのものである。

また後期からはハイビジョン映像で制作されるようになった。晩年期に入ると深夜の放送設備メンテナンス時間の増加等で放送回数が減少するようになった。

1997年3月9日深夜の河田町旧本社最後のクロージングでは、角松敏生「ramp in」とプロコルハルム「青い影」に、河田町への惜別メッセージを添えて放映された。

2002年9月頃に終了。以降はそれまで通常の天気予報として放送していた「SOUND WEATHER」が時間を拡大し、フィラーとして放送されるようになる。

映像の流れ[編集]

  1. クロージング放送終了後、数秒間のブランク。
  2. 中央に「JOCX-TV」(白縁)「フィラー」(白縁)、下段に「(試験電波発射中)」(明朝体・白字)のテロップがフェードイン(「JOCX-TV」と「フィラー」の文字色は時期によって異なる)また末期からフィラーの文字が消え中央に「JOCX-TV」(白縁)、下段に「(試験電波発射中)」(丸文字・白字)に変更された。
  3. テロップは表示されたまま、一曲目用の映像に移る。右下に目玉マークのウォーターマークが現れる。
  4. 一曲目のBGMが流れ始める。
  5. 2のテロップが消え、下段に「放送設備調整の為中断する場合があります。」の白字ゴシック体テロップ。
  6. 5のテロップが消え、右上に時刻テロップが現れる。
  7. 左下に曲名・アーティスト名が白字・斜体で数秒間表示される(上部に「”曲名”」、中央にライン(時期によって赤や黄色など色が異なる)、下段にアーティスト名)。
  8. (一時期のみ)フィラー映像終了直前に右下に「Directed by ○○」(白字・斜体)のテロップを表示。
  9. BGM終了後、映像もフェードアウト。次の曲・映像へ移る。
  10. 以後終了時間まで、4、7~9の繰り返し。
  11. 最後のフィラー終了前に「この"JOCX-TVフィラー"に対するご意見,ご感想は 〒119-0188 フジテレビ フィラー担当まで」というテロップが下部に表示される(河田町時代は「〒162-88」で、表示のタイミングも最後ではなくフィラーの途中であり、文字のサイズも大きめとなっていた)。
  12. 最後のフィラー映像がフェードアウトし終了。放送開始時間までカラーバーが映し出される。

1997年3月9日の河田町旧本社最終クロージングでは、7の直後に河田町への惜別メッセージが挿入された一方、2、5、6、8、11が省略されていた。

使用された楽曲[編集]

※使用された時期は順不同

  • 角松敏生―「ramp in」
ちなみに、このフィラーで使用されたのは1985年11月発売のアルバム『T's BALLAD』に収録された方ではなく、1993年発売のベスト・アルバム『1981-1987』のリテイク・ヴァージョン。
  • プロコルハルム―「青い影」
  • サザンオールスターズ―「TSUNAMI」「you」「愛する女性とのすれちがい」
  • 山崎まさよし―「home」
  • カーペンターズ―「青春の輝き」
  • クレモンティーヌ―「男と女(remix ver)」「マイ・シェリー・アモール」
  • はっぴいえんど―「風をあつめて」
  • 氷室京介―「lover`s day」
  • マライアキャリー―「without you」「恋人たちのクリスマス」
  • カズン―「冬のファンタジー」
  • 佐野元春―「クルスマスタイムインブルー」
  • take6―「you can never ask too much of love」
  • R.Kelly-「sadie」
  • the eagles―「in the city」
  • UB40―「好きならずにはいられない」
  • ロバータ・フラック―「やさしく歌って」
  • エルトンジョン―「your song」
  • the beach boys―「you still believe in me」「wouldn`t it`s be nice」
  • R.E.M―「strange currencies」
  • ワム―「ラストクリスマス」
  • 財津和夫―「wake up」
  • スティービーワンダー―「you and I」
  • Ride―「1000miles」
  • Aaliyah―「At Your Best 」
  • traffic―「holy ground」
  • enigma―「return to innocence」
  • 藤井フミヤ―「Hello my tears」
  • 長渕剛―「乾杯」
  • jigsaw―「sky high(remix ver)」
  • オフコース(小田和正)―「心は気まぐれ」
  • ゴダイゴ(タケカワユキヒデ)-「ホーリー&ブライト」「銀河鉄道999」「ビューティフルネーム」
  • 山下達郎―「クリスマスイブ(オルゴール版)」「さよなら夏の日」
  • 松山千春―「燃える涙」「君を忘れない」
  • symply red―「stars」
  • elvis costello&nick lowe―「baby it`s you」
  • ToTo-「Africa」
  • サイモン&ガーファンクル―「ボクサー」「スカボローフェア」
  • bee gees―「melody fair」
  • Band Aid―「Do they know it`s Christmas」
  • 椎名林檎-「あおぞら」
  • ソニー・ロリンズ- 「St.Thomas」
  • Brazilian love affair-「Natureza humana」
  • Secret Vibes-「Voice of Moon」
  • 坂本龍一-「Merry Christmas Mr.Lawrence」
  • 小野リサ-「be with me」「pretty world」
  • 飯島真理-「一グラムの幸福」
  • 森高千里-「ララ・サンシャイン」[1]
  • アース・ウィンド・アンド・ファイアー-「After the Love has Gone」
  • sting-「shape of my heart」
  • Sounds Of Blackness - 「A Place In My Heart」
  • Sam & Dave - 「When Something Is Wrong With My Baby」
  • RINDBERG - 「Cute or Beauty」
  • 渡辺美里 - 「悲しいね」
  • B'z - 「ALONE」「いつかのメリークリスマス」「消えない虹」「SNOW」
  • 矢野顕子 - 「夢のヒヨコ」
  • 米米CLUB -「Child's days memory」
  • 斉藤和義 - 「歩いて帰ろう」
  • David foster -「Who's holding donna now」「After the love has gone (duet with.kenny G.)」
  • 玉置浩二 -「田園」
  • 大江千里 - 「夏の決心」
  • Folder - 「パラシューター」(1998年頃までPVで放映されていた)
  • 久保田利伸 -「LA・LA・LA LOVE SONG」

長期にわたる為、その他多数

脚注[編集]

  1. ^ 同局「めざましテレビ」のオープニングテーマ曲にも使われた。

関連項目[編集]