JOURNEY (RIP SLYMEのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
JOURNEY
RIP SLYMEスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル HIP-HOP
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
チャート最高順位
RIP SLYME アルバム 年表
FUNFAIR
2007年
JOURNEY
(2009年)
GOOD TIMES
2010年
『JOURNEY』収録のシングル
  1. 太陽とビキニ
    リリース: 2008年7月30日
  2. STAIRS
    リリース: 2009年2月25日
テンプレートを表示

JOURNEY』(ジャーニー)は、RIP SLYMEの7枚目のオリジナルアルバム2009年6月10日発売。

概要[編集]

前作『FUNFAIR』から約1年7ヶ月ぶりのオリジナルアルバムとなる。

今回のアルバムは60年代の質感を出して作ろうとDJ FUMIYAが考案したが、ほかのメンバーの4MC(RYO-Z,ILMARI,PES,SU)が60年代の曲は知らないため、それを無視してリリックを書いたらしい。しかし、なるたけ60年代を表現するために3分程度で短く作られた曲が多い。トラックはその年代を表現するためにギターが多く使われた。
曲を作る中で今作の各曲は「わかりやすく」、「むつかしい言葉は使わない」という方針でリリックが書かれている。その中で、「STAIRS」という曲はFUMIYAが今までのリップの曲の中で一番良いリリックに仕上がっていると語っている。

収録曲[編集]

-DISC-1 CD-[編集]

  1. Intro (00:30)
  2. Good Day (05:41)
    (作詞:RYO-Z,ILMARI,PES and SU 作曲:DJ FUMIYA)
    •  今日を良い日にしようという曲である。4MCそれぞれ良い日にするためのリリックが書かれている。
      この曲は、リップの中でも特別な曲の構成になっており、基本は「フック2人フック2人フック」だがこの曲は「フック4人フック」という4人並んだ形になっている。そのため、歌自体の長さは短めになっている。
    • この曲はPVが存在するが、PVのほうはイントロ、アウトロともに短くなっている。そのため本曲よりも短めの曲になっている。

  3. 太陽とビキニ (04:06)
    (作詞:RYO-Z,ILMARI,PES and SU 作曲:DJ FUMIYA)
    • 15thシングル。

  4. Rock'n'Roll Radio (03:32)
    (作詞:RYO-Z,ILMARI,PES and SU 作曲:DJ FUMIYA)
  5. Do it! (02:53)
    (作詞:RYO-Z,ILMARI,PES and SU 作曲:PES)

  6. Journey (03:40)
    (作詞:RYO-Z,PES and SU 作曲:PES)
    • 旅をイメージした曲。
    • じゃらんキャンペーンソング。

  7. love & hate (04:52)
    (作詞:RYO-Z,ILMARI,PES 作曲:DJ FUMIYA)
    • 16thシングル「STAIRS」のカップリング曲。
    • ラブソング。
    • ONWARD 23区」のCMにタイアップ。

  8. Watch out! feet.JUNGLIST YOUTHS (03:51)
    (作詞:RYO-Z,ILMARI,PES and SU,来門,TAKUTO(JUNGLIST YOUTHS) 作曲:DJ FUMIYA)
  9. Here comes the Hero feat.トータス松本 (03:52)
    (作詞:RYO-Z and PES 作曲:LOW JACK THREE)
    • ウルフルズトータス松本が参加。もともとはヨースケ@HOMEというアーティストが参加するはずだったが、ヨースケ@HOMEが「ウルフルズのトータス松本さんのほうがいい声出すんじゃない?」となりトータス松本になった。

  10. ヒッチハイクガール (03:06)
    (作詞:ILMARI and SU 作曲:ヨースケ@HOME,SU)
    • この曲はSUILMARIだけが歌っており、SUがプロデュースした曲。

  11. SPLASH (03:07)
    (作詞:RYO-Z,ILMARI,PES and SU 作曲:DJ FUMIYA)
    • 15thシングル「太陽とビキニ」のカップリング曲。
    • AXE」CM曲に起用。

  12. STAIRS (04:10)
    (作詞:RYO-Z,ILMARI,PES and SU 作曲:DJ FUMIYA)
    • 16thシングル。
    • 「ONWARD 23区」のCM曲にタイアップ。
    • この曲は、アルバム「FUNFAIR」に収録されている「流れの中で」という曲のリリックと同じコンセプトで作ったらしい。

  13. Beauty Focus (05:46)
    (作詞:RYO-Z,PES and SU 作曲:DJ FUMIYA)

[ 初回盤 ][編集]

-DISC-2 DVD-[編集]

初回盤にはDVD、ステッカーが付いている。

  1. DVD
    DVDは、COUNTDOWN JAPAN0809での一部LIVE映像、そして、アニメ「スポンジボブ」で初声優に挑戦した密着映像。さらにそのスポンジボブのエンディングテーマの「スポンジボブのテーマ」という曲のPVもついている。
    カウントダウンジャパンでのLIVE映像は、「BLUE BE-BOPSPEED KING」,「STAIRS」,「熱帯夜」のLIVE映像が収録されている。
  2. ステッカー

関連項目[編集]

為岡そのみ - 「Good Day」コーラスとして参加。