JR中央線コミュニティデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社JR中央線コミュニティデザイン
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地

日本の旗 日本
〔 本社 〕
〒184-0004
東京都小金井市本町1-18-10 小金井本町ビル5階
北緯35度42分2秒
東経139度30分27秒
座標: 北緯35度42分2秒 東経139度30分27秒

〔 八王子オフィス 〕
〒192-0083
東京都八王子市旭町1-1
設立 2021年4月1日
業種 小売業
事業内容 商業施設等の企画・運営・開発、高架下開発・活用事業、駅業務受託、地域活性化事業、教育事業、ワークスペース事業
代表者 髙橋好一(代表取締役社長)
資本金 12億3,000万円
従業員数 222名(2021年4月1日現在)
主要株主 東日本旅客鉄道株式会社:100%
外部リンク https://www.jrccd.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社JR中央線コミュニティデザインは、駅ビルショッピングセンターのセレオ駅ナカ型ショッピングセンターnonowa」の運営、JR東日本八王子支社管内の中央線南武線の駅業務を受託する鉄道業務受託事業者(ステーションサービス)である。東日本旅客鉄道(JR東日本)連結子会社

概要[編集]

東京都、神奈川県山梨県セレオなどを運営するJR東京西駅ビル開発と中央線沿線でnonowaを運営するJR中央ラインモールが2021年4月1日に合併して誕生した[1]。存続会社はJR中央ラインモールとなり、初代社長にはJR東京西駅ビル開発でも代表取締役社長を務めた髙橋好一が就任した。

業務内容[編集]

主に商業施設の「nonowa」、「セレオ」の運営・管理を行う。また、中央線の武蔵境駅東小金井駅国立駅と南武線の南多摩駅稲城長沼駅矢野口駅の駅業務を受託している。児童向けのプログラミング教室の「プログラボ」、学生向けの食事付き賃貸住宅の「中央ラインハウス小金井」の運営・管理も行っている。沿線地域活性化の各種行事・イベントの企画・運営も行っている。

親会社や他のステーションサービスとは異なり鉄道の駅と商業施設を一体となって管理している。その為駅長は商業施設の店長も兼務している[2]。一般的に駅長級に相当する社員は「支配人」、助役級に相当する社員は「マネージャー」、主任級に相当する社員は「チーフ」と役職名も他社と異なる。

原則新卒で入社した社員は駅業務を数年行い適性に合わせて人事異動が行われる。

沿革[編集]

運営施設[編集]

商業施設[編集]

駅・鉄道業務[編集]

教育施設[編集]

  • プログラボTAC中野校
  • プログラボ吉祥寺校
  • プログラボ武蔵境校
  • プログラボ武蔵小金井校ラボ1
  • プログラボ武蔵小金井校ラボ2
  • プログラボ調布校
  • プログラボ国立校
  • プログラボ豊田校

高架下開発・活用事業[編集]

  • コウカシタ(東小金井駅周辺)
  • ののみち(武蔵境駅~東小金井駅)
  • くらすクラス(稲城長沼駅周辺)

ワークスペース[編集]

  • STATION SWITCH セレオ八王子

賃貸住宅[編集]

  • 中央ラインハウス小金井(東小金井駅~武蔵小金井駅の高架下)

制服[編集]

駅業務に従事する社員の制服は武蔵野美術大学の学生がデザインしたものとなっている[3]。制帽のマークは「nonowa」のロゴマークでもあるハートとなっている[3]。前身のJR中央ラインモール時の2021年3月より同様の制服を着用している。2021年2月末日以前まではJR東日本本体の駅社員の制服に準じたデザインであった。

脚注[編集]