JR九州サンダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
JR九州サンダース
原語表記 JR九州サンダース
クラブカラー     
愛称 サンダース[1]
創設年 1931年
代表者 東幸次
監督 表健二
所属リーグ トップキュウシュウA
公式サイト
http://www3.big.or.jp/~thunders/
テンプレートを表示

JR九州サンダース(JR Kyushu Thunders)は、福岡県宗像市北九州市を本拠とするトップキュウシュウA所属のラグビーチーム。練習場は、宗像市のグローバルアリーナである。

チーム概要[編集]

母体は、JR九州1930年に門鉄ラグビー部同好会として発足し、長い歴史を持つ。翌年にはラグビー部に昇格した。一時期、国鉄合理化で休部していたが、1972年に復活。1984年西日本社会人Bリーグに初昇格。1987年にはJR九州ラグビー部に名称変更して一旦降格したが、復帰し、2000年西日本社会人Aリーグに昇格した。2003年トップキュウシュウAに参入した。参入当初は下位に低迷していたが、徐々に順位を上げていき、2011年には準優勝して、トップチャレンジ2に初進出した。

リーグ戦戦績[編集]

  • 2001-2002 西日本社会人Aリーグ 8位
  • 2002-2003 西日本社会人Aリーグ 7位、トップキュウシュウAへ参入
  • 2003-2004 トップキュウシュウA 7位
  • 2004-2005 トップキュウシュウA 6位
  • 2005-2006 トップキュウシュウA 7位
  • 2006-2007 トップキュウシュウA 5位
  • 2007-2008 トップキュウシュウA 4位
  • 2008-2009 トップキュウシュウA 4位
  • 2009-2010 トップキュウシュウA 3位
  • 2010-2011 トップキュウシュウA 3位
  • 2011-2012 トップキュウシュウA 準優勝、トップチャレンジ2・3位、トップキュウシュウA残留
  • 2012-2013 トップキュウシュウA 4位(予選リーグ 3勝3敗・4位、決勝リーグ4-7位グループ 3勝)
  • 2013-2014 トップキュウシュウA 4位(予選リーグ 3勝3敗・4位、決勝リーグ4-7位グループ 3勝)
  • 2014-2015 トップキュウシュウA 4位(予選リーグ 4勝2敗・4位、決勝リーグ4-7位グループ 3勝)
  • 2015-2016 トップキュウシュウA 5位(予選リーグ 3勝4敗・5位、決勝リーグ5-8位グループ 3勝)
  • 2016-2017 トップキュウシュウA 4位(予選リーグ 3勝3敗・4位、決勝リーグ4-7位グループ 3勝)
  • 2017-2018 トップキュウシュウA 優勝(予選リーグ 4勝・1位、決勝リーグ1-3位グループ 2勝)、3地域チャレンジ・3位、トップキュウシュウA残留
  • 2018-2019 トップキュウシュウA 優勝(予選リーグ 4勝・1位、決勝リーグ1-3位グループ 2勝)、3地域チャレンジ・3位、トップキュウシュウA残留
  • 2019-2020 トップキュウシュウA 準優勝

所属選手(2019-2020)[編集]

[2] 太字は今年からの新加入選手

  • 主将 亀元貫地
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
PR 小幡大彰 帝京大
池田雅史 筑波大
大川兼聖 流通経済大
宮下智成 福岡工業大
金子崇 法政大
友枝大智 関西大
長谷川耀 帝京大
HO 亀元貫地 帝京大  
富松大義 龍谷大
中尾湧馬 同志社大
LO 小林昌平 福岡工業大
髙岸洋徳 立命館大
堺裕二 東海大
山口和慶 早稲田大
木付航介 九州共立大
谷山泰信 京都産業大
平川望 近畿大
川添公康 近畿大
眞鍋大輔 福岡大
FL 松井謙太 福岡大
千々和晃 福岡工業大
原田謙次 福岡工業大
No.8 野口修平 帝京大
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
SH 中村清伸 法政大
朝倉隆太郎 福岡大
SO 石丸剛也 明治大
碓井廉 大東文化大
近藤拓 龍谷大
高井勇貴 同志社大
橋口功 帝京大
穴井貴之 近畿大
南部嵩史 近畿大
WTB 喜聞陽平 加治木工業高
宮崎詠基 帝京大
元田翔太 帝京大
CTB 徳冨大樹 帝京大
前原巧 帝京大
酒井大諄 帝京大
原口遼雅 帝京大
吉本淳之助 帝京大
今村元気 青山学院大
坪田祥太朗 東海大
FB 船津光 帝京大

在籍した選手[編集]

JRグループのスポーツチーム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]