JR東日本ホテルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JR東日本ホテルズ(ジェイアールひがしにほんホテルズ)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)グループ各社が運営するホテルの総称。関東地方に所在するホテルは一部を除き、同社完全子会社の日本ホテル株式会社が運営(群馬県所在は経営のみ)し、他地域のホテルは主に各地域子会社などが運営する。

本部は、日本ホテルに置かれている。

グループホテル[編集]

運営会社の記述のないホテルは日本ホテルにより運営。

東京ステーションホテル[編集]

東京ステーションホテルはラグジュアリーホテル。2015年1月23日、スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド (SLH) に正式加盟[1]

メトロポリタンホテルズ[編集]

メトロポリタンホテルズはシティホテルのブランドである。2018年10月1日にブランドロゴのリニューアルが実施された[2]

JR東日本ホテルメッツ[編集]

JR東日本ホテルメッツはビジネスホテルのブランドである。2019年2月には、初めてJR東日本エリア以外の地域(札幌)に出店予定で、それに伴い2018年10月1日にブランドロゴのリニューアルとホテル名称の「ホテルメッツ」からの変更が実施された[2]

  • 東北地方
    • JR東日本ホテルメッツ八戸 - 運営:盛岡ターミナルビル
    • JR東日本ホテルメッツ北上 - 運営:盛岡ターミナルビル
    • JR東日本ホテルメッツ福島 - 運営:仙台ターミナルビル
  • 関東地方
    • 栃木県
      • JR東日本ホテルメッツ宇都宮(旧「アール・メッツ」ブランドの店舗)
    • 茨城県
      • JR東日本ホテルメッツ水戸
    • 埼玉県
      • JR東日本ホテルメッツ浦和
    • 東京都
      • JR東日本ホテルメッツ渋谷
      • JR東日本ホテルメッツ目白
      • JR東日本ホテルメッツ駒込
      • JR東日本ホテルメッツ田端
      • JR東日本ホテルメッツ赤羽
      • JR東日本ホテルメッツ高円寺
      • JR東日本ホテルメッツ国分寺
      • JR東日本ホテルメッツ武蔵境
      • JR東日本ホテルメッツ久米川
      • JR東日本ホテルメッツ立川
      • (仮称)JR東日本ホテルメッツ秋葉原(建設中、2019年秋開業予定)[3]
      • (仮称)JR東日本ホテルメッツ新木場(建設中、2019年秋開業予定)[2]
    • 神奈川県
      • JR東日本ホテルメッツ川崎
      • JR東日本ホテルメッツ溝ノ口
      • JR東日本ホテルメッツかまくら大船
      • JR東日本ホテルメッツ横浜鶴見
      • (仮称)JR東日本ホテルメッツ横浜(建設中、2020年開業予定)[4]
      • (仮称)JR東日本ホテルメッツ桜木町(建設中、2020年度開業予定)[5]
    • 千葉県
      • JR東日本ホテルメッツ津田沼
  • 中部地方
    • 新潟県
      • JR東日本ホテルメッツ長岡 - 運営:トッキー
      • JR東日本ホテルメッツ新潟 - 運営:トッキー
  • JR東日本エリア外

ホテルファミリーオ・ホテルフォルクローロ[編集]

ホテルファミリーオ・ホテルフォルクローロは長期滞在型宿泊施設、リゾートホテルのブランドである。

2015年3月、ホテルのブランド名を「ファミリーオ」・「フォルクローロ」から「ホテルファミリーオ」・「ホテルフォルクローロ」に改称した[6]

  • 営業終了
    • ファミリーオ栂池 - 1996年-2011年。小谷村に払い下げられ村営住宅として活用。
    • ファミリーオ雫石 - 1997年-2007年 2007年より「休暇村イン雫石」として運営、2008年閉館。
    • ファミリーオ田沢湖 - 1997年-2007年 2008年より妙乃湯が「田沢湖畔ホテルイスキア」として運営、2012年閉館。
    • フォルクローロ松島 - 1997年-2007年 2008年より仙台急行が「リゾートイン松島」として運営、2015年より「旅亭 雲静庵」としてリブランド。
    • フォルクローロ遠野 - 1995年-2015年 利活用していた遠野駅舎の老朽化・ホテルフォルクローロ三陸釜石開業に伴い閉館。
    • フォルクローロ白馬 - 1996年-2006年。

単独ホテル[編集]

JRホテルメンバーズ[編集]

日本ホテル事務局となり、JRホテルズのうちの3グループ(JR東日本ホテルズ・アソシアホテルズ&リゾーツジェイアール東海ホテルズ運営のアソシアホテル)・一部を除くJR九州グループホテル)が加盟する独自の会員組織として、「JRホテルメンバーズ」がある。対象全グループホテルでホテル・直営レストラン利用毎にポイントが貯まり、貯まったポイントは対象ホテル・レストランでの利用代金に充当出来る。

2017年6月12日までは「EASTYLE MEMBERS」(イースタイルメンバーズ)と呼ばれていたが、同年7月1日に、新たにジェイアール東海ホテルズ運営のアソシアホテルズ&リゾーツ加盟ホテルが加入することになったため、6月13日に名称を「JRホテルメンバーズ」へと変更した[8]

2017年12月6日に、2018年6月からJR西日本ホテルズ(ジェイアール西日本ホテル開発)が運営するグランヴィアブランド・ヴィスキオブランド・奈良ホテルが新たにメンバーホテルとして加入することになった[9]ことが発表された。また、12月15日からポイント提携先の「Suicaポイント」が「JRE POINT」に共通化されたのに伴い、JRホテルメンバーズのポイント交換先がJRE POINTに変更になった。

また、2018年4月2日にはこれまでの「JRE POINT」に加え「JRキューポ」にも交換できるようになり、同時に入会方法がこれまでホテルへの直接申し込みのみだったのが、インターネットでの申し込みも可能になった[10]。2018年6月1日からは、JR西日本の会員向けポイント「J-WESTポイント」への交換も可能になる[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京ステーションホテル 開業 100週年を記念し スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドに <東京初のホテル> として正式加盟 (PDF)”. スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド/東京ステーションホテル (2015年2月26日). 2018年10月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e JR東日本エリア外へのホテル初出店とブランドロゴ等のリニューアルについて (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社/日本ホテル株式会社 2018年5月8日(2018年5月11日閲覧)
  3. ^ ホテルメッツ秋葉原(仮称)の建設について ~2020年頃までに10,000室超のホテルチェーンを目指します~ (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社/日本ホテル株式会社 2017年5月9日(同日閲覧)
  4. ^ (仮称)横浜駅西口開発ビルの名称が 「JR 横浜タワー」 等に決定 (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社 横浜支社 2018年11月22日(2019年1月27日閲覧)
  5. ^ 桜木町駅前複合ビルの新築工事に着手します (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社 横浜支社/日本ホテル株式会社/株式会社横浜ステーシヨンビル 2018年9月27日(2018年10月8日閲覧)
  6. ^ ホテル名称変更について(JR東日本ホテルズ公式サイトより)
  7. ^ ファミリーオ新治は4月1日より ホテルファミリーオみなかみ に名称変更します。(ホテルファミリーオみなかみ公式サイト:お知らせ 2015年3月10日)
  8. ^ 対象ホテルが東日本・九州から東海・沖縄エリアへ拡大してますます便利に!~「EASTYLE MEMBERS」は「JRホテルメンバーズ」へ生まれ変わります~ (PDF) - JR東日本ホテルズ/株式会社ジェイアール東海ホテルズ/JR九州ホテルズ株式会社/小倉ターミナルビル株式会社 2017年5月30日
  9. ^ 駅を中心とした立地が特徴の「JRホテルメンバーズ」に来年6月「JR西日本ホテルズ」が加わり、お得にご利用いただけるエリアが拡大。ますます便利に! (PDF) - 日本ホテル株式会社/株式会社ジェイアール東海ホテルズ/株式会社ジェイアール西日本ホテル開発/JR九州ホテルズ株式会社/小倉ターミナルビル株式会社 2017年12月6日(2017年12月8日閲覧)
  10. ^ JRホテルメンバーズのポイントがJRキューポへ交換が可能に! (PDF) - 九州旅客鉄道株式会社/JR九州ホテルズ株式会社/小倉ターミナルビル株式会社 2018年3月23日
  11. ^ JR系ホテルの会員プログラム「JRホテルメンバーズ」がますます便利に!「JRホテルメンバーズ」に「JR西日本ホテルズ」が加わり、東北から九州まで、おトクにご利用いただけるエリアが西日本へ繋がります。 - 西日本旅客鉄道株式会社/株式会社ジェイアール西日本ホテル開発/日本ホテル株式会社 2018年5月23日(2018年5月25日閲覧)

関連項目[編集]