JR東日本E261系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:車内の画像提供をお願いします。2020年3月
JR東日本E261系電車
Jreast-e261-wiki.jpg
E261系電車、新子安駅付近にて
基本情報
運用者 東日本旅客鉄道
製造所
製造年 2019年
製造数 2編成16両
運用開始 2020年3月14日[1][2]
投入先 東京駅新宿駅[注釈 1] - 伊豆急下田駅[2]
主要諸元
編成 8両編成(MT比:5M3T)
軌間 1,067 mm狭軌
電気方式 直流 1,500 V
架空電車線方式
最高運転速度 120 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s
減速度 4.5 km/h/s
編成定員 164名
※4号車を含めると180名
車両定員 20 - 36名 ※4号車は16名
車両重量 37.6 - 40.5 t
編成重量 313.0 t
全長 先頭車:21,430 mm
中間車:20,500 mm
車体長 先頭車:20,935 mm
中間車:20,000 mm
全幅 2,946 mm
全高 一般部:3,850 mm
パンタ部:3,600 mm
車体 アルミニウム合金
台車 軸梁式ボルスタレス台車
DT88(電動台車)
TR272A・TR272(付随台車)
主電動機 外扇式全密閉かご形三相誘導電動機 MT79
主電動機出力 140 kW
駆動方式 TD平行カルダン駆動方式
歯車比 96:17(1:5.65)
制御方式 フルSiC(SiC-MOSFET素子VVVFインバータ制御
制御装置 日立製作所[3]SC121形(1C4M制御)
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
直通予備ブレーキ抑速ブレーキ・耐雪ブレーキ
保安装置 ATS-PATS-SN
備考 出典:鉄道図書刊行会「鉄道ピクトリアル」2020年9月号pp.136
テンプレートを表示
サフィール踊り子のロゴマーク

E261系電車(E261けいでんしゃ)は、 東日本旅客鉄道(JR東日本)が保有する直流特急形電車である。2020年3月14日より営業運転を開始した[1][2]

概要[編集]

大宮駅で、2020年3月撮影

JR東日本の「グループ経営構想V(ファイブ)~限りなき前進~」(現在は後継のグループ経営ビジョン「変革2027」へ移行)のもと、観光流動の創造と地域の活性化することを目的として、伊豆エリアに向けた新たな観光特急列車サフィール踊り子」用の車両として導入された[4]

トータルデザインは奥山清行が率いる「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当した[4][5]。外観のデザインコンセプトは「伊豆の圧倒的で雄大な自然」で、外装色の紺碧色は「伊豆の海と空」、白色は「伊豆の砂浜が太陽の光を受けて金色に輝く様子」、グレーは「溶岩地形である城ヶ崎海岸の黒々とした岩石」を表している[4][5]

全車グリーン車で、その内1号車にはJR東日本初のプレミアムグリーン車、2・3号車にはグリーン個室、4号車にはカフェテリア(ヌードルバー)を連結している[4][5]。JR東日本の在来線特急車両のグリーン車は255系以降4列配置が基本となっていたが、本形式ではグリーン車は3列配置、プレミアムグリーン車は2列配置となっている。

車内チャイム車載メロディ及びミュージックホーンは、全て福嶋尚哉作曲のオリジナルのものを使用している[6][注釈 2]

車体[編集]

車体はアルミニウム合金製で、中空押出形材を使用したダブルスキン構造を採用している[7]

側窓は側面だけではなく、側天井部に天窓を設置している[7]。側天井部の窓には、遮光用カーテンを設置しないため、可視光透過率の低いガラスを使用している[7]

室内[編集]

トイレは2・3・5・7号車に洋式便所・男性用小便所・洗面台を配置しており、このうち5号車の洋式トイレは大型電動車椅子対応型となっている[7]

全席にコンセントを配置している[7]

バリアフリーとして、5号車に車椅子対応座席を2席配置している。また、多目的室を配置しており、室内には簡易ベッドとして使用できる座席を配置している[7]

プレミアムグリーン車[編集]

座席はバックシェル付きの電動リクライニングシートを1人用2席 × 10列配置しており、シートピッチは1,250 mm である[7]荷棚の設置は省略して、座席下に荷物スペースがあるほか、専用の荷物置き場を有する[7]

グリーン車[編集]

座席はE5系新幹線のグリーン車用を基本としたもので、高級感を持たせている[7]。シートピッチは1,160㎜である[7]

荷棚はアルミフレームに強化ガラスをはめ込んだものとしており、天窓からの太陽光を感じられるようにした[7]。室内の東京寄り(8号車は熱海寄り)には荷物置き場を設置している[7]

個室グリーン車[編集]

個室(座席)は熱海方面に向かって左側にあり、海側の眺望に配慮している[7]

カフェテリア[編集]

オープンキッチンスペースと食事スペースから構成される[7]。食事スペースは海側にカウンター席を8席、山側にソファー席を4人分 × 2か所配置している[7]

主要機器[編集]

車両情報制御装置(伝送システム)[編集]

日立製作所製INTEROS

車両情報制御装置には、JR東日本の在来線旅客車両で2例目となるINTEROSを搭載している[8]

主制御装置・主電動機[編集]

制御装置には日立製作所製のフルSiCモジュール(SiC-MOSFET)適用の2レベル方式VVVFインバータ制御(SC121形)を採用した[3]。各電動車毎に制御装置を搭載する1C4M方式である[9]

主電動機はE235系と同様、MT79形外扇式全密閉かご形三相誘導電動機(定格出力 140 kW)を使用している[9]歯車比は1:5.65である[8]

制動装置[編集]

制動装置は回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ方式としている。直通予備ブレーキ耐雪ブレーキ抑速ブレーキ機能を有する[8]

台車[編集]

台車は、軸梁式ボルスタレス台車で動力台車がDT88、付随台車はTR272(クロのみ前位台車がTR272A)となっている。製造は日立製作所[9]。すべての台車にフルアクティブ動揺防止装置及びヨーダンパが付いている[8]。先頭台車のみ駐車ブレーキを装備している[9]

集電装置[編集]

集電装置(パンタグラフ)は、上昇検知付きのシングルアーム方式であり、型番はPS33Hとしている。5号車の伊東方のパンタグラフは予備として設置されている[8]

補助電源装置[編集]

補助電源装置はIGBT素子を使用した待機2重系の静止形インバータ(SIV)である[9]。形式はSC106A形、出力電圧は三相交流440V、定格容量は260 kVA である[8][9]

空気圧縮機[編集]

空気圧縮機は、MH3130-C1600F形を採用しており、毎分吐出容量は1,600 L である[8]

冷暖房装置[編集]

AU302A形床下集中式空調装置を各車に1台搭載している。冷房使用時は出力42kW(36,000 kcal/h)、暖房使用時は出力20kW(17,200 kcal/h)のものとなっている[8]

保安装置[編集]

保安装置はATS-PATS-SNを搭載している。またデジタル列車無線防護無線(自動発報機能付き)、EBTE装置が搭載されている[8]

形式[編集]

1 - 3号車は川崎重工業[10][注釈 3]、4 - 8号車は日立製作所[11]で製造した。

クロE261形(Tsc)
東京方の先頭車で、8号車。定員24名。運転室と業務用室を配置、床下に補助電源装置を搭載[12]
クロE260形(Tsc')
熱海方の先頭車で、1号車。定員20名のプレミアムグリーン車で、座席は 1 + 1 列配置。運転室を配置、床下に補助電源装置を搭載[12]
モロE261形
0番台(M1s)
5号車。定員14名。車椅子対応座席と多目的室、AED、車椅子対応のトイレ設備を有する[12]。モロE260形0番台とユニットを組む。集電装置(2基)と主制御器を搭載[12]
100番台(M1s1)
3号車。4人個室 2室と6人個室 2室、計4室20名のグリーン個室、トイレ設備を有する[12]。モロE260形100番台とユニットを組む。集電装置(1基)、空気圧縮機、主制御器を搭載[12]
200番台(Ms)
7号車。定員30名。トイレ設備を有するほか、集電装置(1基)と空気圧縮機、主制御器を搭載[12]
モロE260形
0番台(M2s)
6号車で、定員36名。モロE261形0番台とユニットを組む。床下に主制御器、蓄電池を搭載[12]
100番台(M2s1)
2号車。4人個室 2室と6人個室 2室、計4室20名のグリーン個室、トイレ設備を有する[12]。モロE261形100番台とユニットを組む。床下に主制御器を搭載[12]
サシE261形(TD)
4号車。「ヌードルバー」、車販準備室がある[12]。床下に蓄電池、水タンク、汚水タンクなどを搭載[12]

編成表[編集]

形式
クロE261-0
8号車
(Tsc)
モロE261-200
7号車
(Ms)
モロE260-0
6号車
(M2s)
モロE261-0
5号車
(M1s)
サシE261-0
4号車
(TD)
モロE261-100
3号車
(M1s1)
モロE260-100
2号車
(M2s1)
クロE260-0
1号車
(Tsc')
定員 24人 30人 36人 14人 (16人) 20人 20人 20人
空車重量 38.6t 40.5t 39.2t 40.2t 39.2t 39.1t 37.6t 38.6t
編成番号 RS1 1 201 1 1 1 101 101 1
RS2 2 202 2 2 2 102 102 2
グリーン席・ プレミアムグリーン席

運用[編集]

8両2編成が2020年3月14日より営業運転を開始した[1][2]。特急「サフィール踊り子」として、東京駅新宿駅[注釈 1] - 伊豆急下田駅間で、定期列車1往復と臨時列車1往復が運転されている[1]

このうち、サフィール踊り子1号・2号は定期列車として東京駅 - 伊豆急下田駅間で運転され、サフィール踊り子3号・4号は臨時列車として東京駅 - 伊豆急下田駅間で運転され、サフィール踊り子5号は臨時列車として新宿駅 → 伊豆急下田駅間で運転される。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 土休日の下り臨時列車のみ新宿始発。
  2. ^ JR東日本の特急型車両に車載メロディが搭載されるのは、本形式が初めてである。
  3. ^ 川崎重工業でJR東日本の在来線特急用車両が製造されるのは、251系以来27年ぶりとなる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d “2020年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2019年12月13日), p. 4, オリジナルの2019年12月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191213080612/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20191213_ho01.pdf 2020年3月26日閲覧。 
  2. ^ a b c d 特急“サフィール踊り子”が運転を開始. railf.jp. 2020年3月15日配信. 2020年4月9日閲覧.
  3. ^ a b エリエイ「とれいん」2020年7月号MODELERS FILE「東日本旅客鉄道E261系直流特急形電車」(取材協力・資料提供:JR東日本)記事。
  4. ^ a b c d “伊豆エリアへ新たな観光特急列車を運行します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2018年5月8日), オリジナルの2020年3月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200301004320/https://www.jreast.co.jp/press/2018/20180502.pdf 2020年3月26日閲覧。 
  5. ^ a b c “新型特急E261系、伊豆方面に投入へ JR東日本初「プレミアムグリーン車」設定”. 乗りものニュース. (2018年5月8日). オリジナルの2019年3月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190330080050/https://trafficnews.jp/post/80384 2020年3月26日閲覧。 
  6. ^ 「サフィール踊り子」音源制作” (日本語). 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 株式会社スイッチ. 2020年3月19日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』2020年9月号new model「JR東日本E261系」pp.126-132。
  8. ^ a b c d e f g h i 交通新聞社『鉄道ダイヤ情報』2020年4月号付録 JR東日本E261系特急型直流電車(特急〔サフィール踊り子〕用)主要諸元表参照
  9. ^ a b c d e f 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』2020年9月号new model「JR東日本E261系」pp.133-136。
  10. ^ E261系6両が甲種輸送される”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2019年11月6日). 2020年3月28日閲覧。
  11. ^ 【JR貨】【JR東】 JR東日本E261系(日立製作所製作分)が甲種輸送される”. 鉄道ホビダス(RMニュース). ネコ・パブリッシング (2019年11月7日). 2020年3月28日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』2020年9月号new model「JR東日本E261系」pp.134 - 136のE261系編成図および主要諸元表。

参考文献[編集]