JR東海八事球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:当時の状況の画像提供をお願いします。2014年9月
JR東海八事球場
JR Tokai Yagoto Baseball Ground
施設データ
所在地 愛知県名古屋市昭和区滝川町
北緯35度8分30.3秒
東経136度57分35.6秒
座標: 北緯35度8分30.3秒 東経136度57分35.6秒
開場 1922年
閉場 1990年
所有者 東海旅客鉄道
グラウンド 内野:
外野:
照明 なし
旧称 山本球場(開場 - 1947年)
国鉄八事球場(1947年 - 1987年)
使用チーム • 開催試合
JR東海硬式野球部(1947年 - 閉場、練習場)
収容能力
グラウンドデータ
球場規模 左翼:- m
中堅:- m
右翼:- m
「センバツ発祥の地」の碑(2016年5月)

JR東海八事球場(ジェイアールとうかい やごときゅうじょう)は、かつて愛知県名古屋市昭和区にあった野球場東海旅客鉄道(JR東海)が運営管理を行っていたが、1990年平成2年)限りで閉鎖、撤去された。

歴史[編集]

1922年大正11年)、当時の名古屋市中区広路町地内に、中区末広町で運動用具店を営んでいた富豪の山本権十郎が私費を投じて独力で建設した。総面積は約2,800坪、当時の収容人員は約2,000人。左翼側が狭く、右翼側が広いという変則的なフィールドだったものの、名古屋市内では初の本格的な野球場だった。野球場名は山本の姓から山本球場(やまもときゅうじょう)と命名された。また周辺には山本球場の他にも、市内の学校や企業が野球場やグラウンドを設けていた。

1924年(大正13年)、選抜中等学校野球大会(現在の選抜高等学校野球大会)の第1回大会が開催された。これは当時の大阪毎日新聞社(現毎日新聞社)の意向によるもので、中京圏の野球ファンの要望に応えるという目的と、夏の全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高等学校野球選手権大会)で関西地方の学校の優勝確率が高いことが、関西の風土に関係あるのか(或いは関西の球場で開催される地元で、移動による負担が少ないことが影響しているのか否か)を確認するという意味合いがあった。全国から代表校8校が山本球場に集い、初代優勝の栄冠は香川県立高松商業学校(現香川県立高松商業高等学校)に輝いた。また問題の関西勢は3校出場したが、合計1勝にとどまっている。しかし、翌年の大会からは選抜大会も阪神甲子園球場での開催となり、以後山本球場では旧制中学野球・高校野球の全国大会本大会が開かれることはなかった(1950年の愛知国体鳴海球場が会場だった)。

1936年昭和11年)7月に職業野球・名古屋大会(トーナメント方式 第1回「全日本職業野球選手権大会」の予選大会の一つ)が開催された。7月15日には東京巨人軍(現読売ジャイアンツ)と大阪タイガース(現阪神タイガース)が公式戦初対戦。8-7でタイガースが勝利した。しかし観覧設備が狭隘過ぎたのが災いし、大会5日間で入場した観客は僅か8,970人にとどまった。当時阪神の主将だった松木謙治郎が、後年その設備の悪さについて「グラウンドは狭い上に地質が悪く、不規則なバウンドが多かった。スタンドもなく、観客は茣蓙を敷いて観戦していた」と述懐したほどで、観客動員が望めず収益性も悪かったことから、以後はプロ野球においても使用されることはなくなった。

この間、1927年(昭和2年)に愛知電気鉄道(現名古屋鉄道)が、愛知郡鳴海町(現名古屋市緑区)に沿線開発の一環として鳴海球場を完成させたことから、これらアマチュア・プロの試合は鳴海球場で開催されるようになった。

1947年(昭和22年)、運輸省(国鉄)名古屋鉄道局(のち日本国有鉄道名古屋鉄道管理局)が山本球場の用地を取得し、同鉄道局の硬式野球部(現JR東海硬式野球部)の練習場として使用し始め、同時期から所在地を冠して国鉄八事球場(こくてつ・やごときゅうじょう)と呼ばれるようになった。

また享栄商業高等学校(現在の享栄高等学校)硬式野球部が専用グラウンドがない時代、八事球場を借りて練習していた。享栄商業時代の金田正一の投球練習を国鉄職員の球場管理人が見て驚き、結成されたばかりのプロ野球球団であった国鉄スワローズの球団幹部に金田のことが報告されて当時の西垣徳雄監督が金田のスカウトに乗り出すこととなった逸話もある[1]

1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化の際、名古屋市を中心とする地域はJR東海に移管。八事球場は引き続きJR東海野球部が練習場として使用した。しかし既に老朽化・狭隘化が著しく、また周辺も宅地化し改修や拡張が行えないことから、JR東海の練習グラウンドは瀬戸市に移転し、八事球場は1990年(平成2年)を以って閉鎖、撤去された。

跡地にはその後マンションなどが建設されたが、日本高等学校野球連盟と毎日新聞社などの協力により、1992年(平成4年)5月16日、かつての本塁付近の位置にセンバツ第1回大会の開催地であることを示すモニュメントを有する「八事球場メモリアルパーク」が設けられた。

施設概要[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山下弘展 (2019-10-07). "【評伝】金田正一氏、規格外の野球人生 やり残したこと「ある」". アサヒ・コム. 朝日新聞社. p. 1. Retrieved 2019-10-07.

関連項目[編集]