JR東海硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JR東海硬式野球部
チーム名(通称) JR東海
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1921年
チーム名の遍歴 名古屋鉄道局(1921年1950年
名古屋鉄道管理局1950年1981年
→国鉄名古屋(1981年1987年
→JR東海硬式野球部(1987年~)
本拠地自治体 愛知県名古屋市
練習グラウンド 愛知県瀬戸市に所在
チームカラー オレンジ色
監督 久保恭久
都市対抗野球大会
出場回数 28回
最近の出場 2018年
最高成績 準優勝2回
社会人野球日本選手権大会
出場回数 14回
最近の出場 2018年
最高成績 準優勝1回
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

JR東海硬式野球部(ジェイアールとうかい こうしきやきゅうぶ)は、愛知県名古屋市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである(練習グラウンドは愛知県瀬戸市に所在する。以前は八事球場(山本球場)が練習会場だった)。

概要[編集]

チームの歴史は1921年に「名古屋鉄道局」として発足したところまでさかのぼる。社会人野球界でも最古参チームの一つである。その後「名古屋鉄道管理局」、「国鉄名古屋」と改称、1987年の国鉄民営化に伴い現在の名称となった。

歴史は長いが、都市対抗日本選手権いずれも準優勝が最高成績で全国大会を制覇した経験はない。また強豪揃いの東海地区の中で近年は全国大会への出場も少なくなっていたが、2004年に8年ぶりの都市対抗出場を果たし、1勝を挙げた。2011年以降は4年連続で都市対抗への出場を果たし、2015年は東海地区第一代表の座を獲得するなど、近年はチーム力の向上が顕著となっている。

設立・沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

主な在籍選手・コーチ[編集]

元プロ野球選手の競技者登録[編集]

関連項目[編集]