JR秋田ゲートアリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JR秋田ゲートアリーナ
JR logo (east).svg
JR Akita Gate Arena building site.png
建設地
正式名称 JR秋田ゲートアリーナ
所在地 秋田県秋田市
座標 北緯39度42分54.1秒 東経140度07分48.7秒 / 北緯39.715028度 東経140.130194度 / 39.715028; 140.130194座標: 北緯39度42分54.1秒 東経140度07分48.7秒 / 北緯39.715028度 東経140.130194度 / 39.715028; 140.130194
交通アクセス JR logo (east).svg JR東日本 秋田駅
所有者 東日本旅客鉄道
経営者 東日本旅客鉄道
会場寸法 35,000 sqm
建設
着工 2018年6月6日
オープン 2019年-月-日
建築家 ジェイアール東日本建築設計事務所
環境デザイン研究所
使用者
JR東日本秋田ペッカーズ
秋田ノーザンハピネッツ
テンプレートを表示

JR秋田ゲートアリーナ(JRあきたゲートアリーナ)は、秋田県秋田市秋田駅東口に2019年に完成予定のアリーナである[1]

概要[編集]

この施設は東日本旅客鉄道秋田支社と秋田県・秋田市による秋田駅周辺開発「ノーザンステーションゲート秋田」、及び地元金融機関である秋田銀行が中心となり進める「秋田プラチナタウン」の一環として、秋田駅東口のこまち駐車場跡に建設されるもので、バスケットボールコート2面を備える体育館のほか、店舗や保育園が入る。2020年春にはアリーナ隣接地に合宿所機能を備えた学生向けマンションも完成する予定[2][3]

体育館完成後は、JR東日本秋田支社のバスケットボール部・JR東日本秋田ペッカーズの活動拠点に加え、Bリーグ所属の秋田ノーザンハピネッツの練習・営業拠点として運用することになっている[4]

秋田市旭北栄町の秋田県社会福祉会館にあるハピネッツ社の本部も同アリーナ内に移転する。また、体育館部分ではおよそ300人から400人分の移動式観客席を活用した「地域のスポーツ大会」が行われることも想定している[5]

JR東日本では「新幹線や沿道を客席に見立てた独特のデザインで地域活性化と観光誘客につなげたい」という考えを示している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]