拡張半保護されたページ

JR西日本広島メンテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

西日本旅客鉄道 > JR西日本メンテック > JR西日本広島メンテック
株式会社JR西日本広島メンテック
JR West Hiroshima Maintec co.,ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
732-0056
広島県広島市東区上大須賀町16番1号
設立 1965年昭和40年)4月1日
業種 サービス業
法人番号 7240001004366 ウィキデータを編集
事業内容 新幹線・在来線の車両清掃
駅業務受託
駅舎清掃
ビルメンテナンス
代表者 川端 則安(代表取締役社長
資本金 3,500万円
売上高 44億円
純利益 9134万4000円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 42億7541万円(2020年03月31日時点)[1]
従業員数 1,076名(2020年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 JR西日本メンテック
中国ジェイアールバス
外部リンク https://j-h-maintec.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社JR西日本広島メンテック(ジェイアールにしにほんひろしまメンテック)は、広島県広島市に本社を置くJR西日本グループの企業である。

本社

  • 広島県広島市東区上大須賀町16番1号

業務内容

GR山陽本線
本郷駅白市駅西高屋駅寺家駅[注 1]八本松駅瀬野駅中野東駅安芸中野駅向洋駅天神川駅広島駅(忘れ物センター)、新白島駅西広島駅廿日市駅宮内串戸駅阿品駅前空駅大野浦駅玖波駅大竹駅南岩国駅通津駅由宇駅大畠駅田布施駅光駅下松駅櫛ケ浜駅新南陽駅新山口駅(案内所、忘れ物センター)、小野田駅小月駅長府駅新下関駅(南口)、幡生駅下関駅(案内所)
Y 呉線
坂駅呉ポートピア駅吉浦駅安芸阿賀駅新広駅安芸川尻駅安浦駅竹原駅
B 可部線
安芸長束駅下祇園駅古市橋駅緑井駅
P 芸備線
矢賀駅安芸矢口駅下深川駅志和口駅向原駅
山口線
湯田温泉駅津和野駅
美祢線
美祢駅
山陰本線
小串駅東萩駅
宮島口桟橋宮島桟橋
  • 駅舎の清掃
  • 新幹線・在来線の車両清掃
  • 在来線車両の構内入換作業
  • ビルメンテナンス

沿革

企業全般(駅事業以外)

駅事業(駅業務、忘れ物センター・案内所)

月日 受託開始駅 備考 受託終了駅 理由
1988年
昭和63年)
4月1日 岩国駅(東口)    
1990年
平成2年)
5月1日     岩鼻駅 無人化
6月1日 小野田港駅    
1991年
(平成3年)
4月1日 滝部駅小串駅安岡駅   黒井村駅 無人化
1992年
(平成4年)
12月1日     西岩国駅高水駅周防花岡駅 無人化
1994年
(平成6年)
1月14日 下関駅(案内所)    
4月1日   東岡山駅(北口)、備前一宮駅東総社駅 業務移管[注 2]
11月1日 大町駅    
12月3日 藤生駅櫛ケ浜駅福川駅大道駅埴生駅   吉名駅安芸幸崎駅 無人化
1995年
(平成7年)
12月3日 西広島駅(西口)    
1996年
(平成8年)
6月1日 通津駅由宇駅柳井港駅岩田駅島田駅
新南陽駅小月駅長府駅幡生駅
呉ポートピア駅安浦駅安芸津駅忠海駅
下祇園駅志和口駅玖珂駅周防高森駅
  大町駅安芸矢口駅 直営化
1997年
(平成9年)
3月22日 本郷駅河内駅    
6月1日 田布施駅南岩国駅    
1998年
(平成10年)
4月1日 広島駅(地下改札口、南口案内所)、
白市駅中野東駅阿品駅居能駅
  小野田港駅 無人化
1999年
(平成11年)
4月1日 広島駅(ASSE改札)    
2000年
(平成12年)
3月11日 前空駅 新駅開業  
2001年
(平成13年)
3月4日 美祢駅    
2002年
(平成14年)
4月1日     玖珂駅周防高森駅阿知須駅丸尾駅
床波駅東新川駅琴芝駅川棚温泉駅
簡易委託化
居能駅 無人化
10月5日 広島駅(ジパングサロン)    
2003年
(平成15年)
4月1日 玖波駅吉浦駅    
5月1日     忠海駅 簡易委託化
10月1日 竹原駅東萩駅   安芸津駅 簡易委託化
仁方駅 無人化
11月1日 津和野駅新山口駅(案内所)    
2004年
(平成16年)
3月13日 天神川駅 新駅開業  
4月1日 大畠駅   大道駅岩田駅 簡易委託化
島田駅 無人化
10月1日 下深川駅    
2005年
(平成17年)
4月1日 大野浦駅下松駅小野田駅新下関駅(南口)   吉見駅安岡駅柳井港駅福川駅 無人化
安芸矢口駅 再受託
2006年
(平成18年)
4月1日 横川駅(北口)    
10月1日     岩国駅(東口) 簡易委託化[注 3]
2007年
(平成19年)
2月1日 広島忘れ物センター、新山口忘れ物センター    
12月1日 安芸阿賀駅    
2008年
(平成20年)
3月15日     七軒茶屋駅 駅移転・無人化
4月1日     滝部駅 簡易委託化
10月1日 廿日市駅    
2009年
(平成21年)
10月1日     広島駅(ジパングサロン) 無人化
2011年
(平成23年)
3月26日 向洋駅(北口) 新規開設  
4月1日 安芸中野駅、向洋駅(南口)、宮内串戸駅光駅   横川駅(北口)、西広島駅(西口) 直営化
6月1日     広島駅(地下改札口) 直営化
2013年
(平成25年)
4月1日 大竹駅    
2015年
(平成27年)
3月14日 新白島駅 新駅開業  
9月5日 玖波駅(西口) 新規開設  
2016年
(平成28年)
4月1日 西広島駅 西口は再受託  
2017年
(平成29年)
1月28日     小屋浦駅 無人化
2月4日 新広駅 [注 4]  
3月4日 寺家駅 新駅開業[注 1]  
10月1日     広島駅(南口案内所) リニューアル
2018年
(平成30年)
4月1日 坂駅八本松駅瀬野駅   河内駅埴生駅天応駅 無人化
2019年
(平成31年)
4月1日 西高屋駅    
2020年
令和2年)
4月1日     広島駅(ASSE改札) 駅ビル閉館
10月1日     梅林駅藤生駅綾羅木駅 無人化


脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ a b 簡易委託駅であるため、西日本旅客鉄道からの直接受託ではなく、管理・運営する東広島市と契約を締結し指定管理者として受託している。(詳細は寺家駅を参照)
  2. ^ 岡鉄興産(現:JR西日本岡山メンテック)へ移管。後年、東岡山駅北口は直営化され、備前一宮駅・東総社駅は無人化された。
  3. ^ 管理・運営する岩国市と契約を締結した錦川鉄道が、指定管理者となって業務を受託した[3]
  4. ^ 利用客増加に伴い実態に合わせた営業体制とするため、簡易委託駅から業務委託駅に変更された。(詳細は新広駅を参照)

出典

  1. ^ a b 株式会社JR西日本広島メンテック 第55期決算公告
  2. ^ “事業継承し営業開始”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2000年10月5日) 
  3. ^ 会社概要|錦川鉄道株式会社

関連項目