JR貨物18B形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JR貨物18B形コンテナ
18B-20
18B-20
全長(内寸法) 3,658mm (3,590mm)
全幅(内寸法) 2,438mm (2,268mm)
全高(内寸法) 2,500mm (2,193mm)
荷重 5t
内容積 17.9m3
自重 1.4t
扉位置 両側側面
製造初年 1988年(昭和63年)
形式消滅年 2001年(平成13年)
製造数 25個
外面色 青22号、クリーム
テンプレートを表示

JR貨物18B形コンテナ(JRかもつ18Bがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が中越パルプ工業東京 - 八代間限定運用コンテナとして、18A形コンテナを両側面開きに変更し、1988年昭和63年)に25個製造した12ft型のドライコンテナである。2001年平成13年)に全廃された。

構造[編集]

トラックにコンテナを載せたまま荷役作業がしやすいように、両側扉開きの二方開きになった以外は18A形とほぼ同一で、外法寸法は高さ2,500mm、幅2,438mm、長さ3,658mm、自重1.4t。内容積は17.9m3、最大積載量は5t。

外観もブルーをベースにクリームの塗り分け、JRロゴが入った18A形と同様のものであるが、側面に川内鹿児島) - 東京間専用と運用表記が記載してある。

参考文献[編集]

  • 貨車技術発達史編纂委員会(編著)『日本の貨車 技術発達史 明治5(1872)年〜平成16(2004)年』社団法人日本鉄道車輌工業会、2008年3月。全国書誌番号:21465967

関連項目[編集]