JR貨物18C形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JR貨物18C形コンテナ
18C-1856
18C-1856
全長(内寸法) 3,658mm (3,539mm)
全幅(内寸法) 2,438mm (2,320mm)
全高(内寸法) 2,500mm (2,205mm)
荷重 5t
内容積 18.1m3
自重 1.4t
扉位置 片側側面、片側妻面
製造初年 1988年(昭和63年)
形式消滅年 2010年(平成22年)
製造数 6,500個
外面色 青22号、クリーム
テンプレートを表示

JR貨物18C形コンテナ(JRかもつ18Cがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が、1988年昭和63年)に製造した、鉄道輸送用長さ12ftの5トン積み有蓋コンテナである。

概要[編集]

韓国製の18C-4802

JR貨物では、国鉄分割民営化直後の1987年(昭和62年)に、18A形を製造していたが、全高を変えることなく容積拡大させるために、同形式のコンテナ緊締装置を改良して床面高さを下げたものが本形式である。

製造数は5,000個で、そのうちの300個(4701 - 5000)は韓国のメーカーで製造されている。これは国鉄・JRが初めて、海外にコンテナ製造を依頼した例である。韓国製の18C形は住友商事が輸入を担当し、国産の1個60万円よりも、5 - 10万円ほど安くなった。しかし、塗装の質は悪く、経年劣化が目立った。

1989年平成元年)以降は、両側扉二方開きの18D形へ製造が移行した。JR貨物では本形式以降、片側妻扉・側扉二方開きのコンテナを、19F形まで製造していない。

また、2002年(平成14年)に、フォークリフト作業の際のコンテナ内部の荷崩れを確認するため、外板に窓を設置した事業用コンテナへ、2個が改造された。改造時、番号表記は元のままであったが、後に窓枠の補強工事等が行われて、2003年(平成15年)度にZX18A形へ改番している。

1999年度(平成11年度)以降、19D形19F形19G形への置き換えにより、用途廃止・廃棄が進み、2010年度(平成22年度)に全廃された。

構造[編集]

片側扉及び妻扉二方開きで、外法寸法は高さ2,500mm、幅2,438mm、長さ3,658mm、自重1.4t、最大積載量は5t。低床化により内容積は18A形より増大し、18.1m3となった。本形式までが全長3,658mmで製造されている(以後のコンテナは3,715mmへと拡大している)。

18A形と同じくメーカーによって差異がある。側面中央に細い継ぎ目が縦に2本走り、妻扉に補強リブがあるタイプ。側面が平面で妻扉のリブが無いタイプ。

韓国製の4701 - 5000は、脚部四隅にツイストロック式の金具が付属し、脚部の形状自体が国内製と異なる。また、妻扉に補強リブがある。

18A形とは荷票受・表示票受の位置が微妙に異なる。側扉の荷票受・表示票受がより右側に移され、反対側面の荷票受の位置も若干右へ移動している。

塗装は、青22号「コンテナブルー」をベースに、18A形と同じクリームの塗り分けだが、JRマークの下に「JR貨物」の文字がある点が異なる。

参考文献[編集]

  • 貨車技術発達史編纂委員会(編著)『日本の貨車 技術発達史 明治5(1872)年〜平成16(2004)年』社団法人日本鉄道車輌工業会、2008年3月。全国書誌番号:21465967

関連項目[編集]