JR貨物19F形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JR貨物19F形コンテナ
L字二方開きの19F-5886 (5000番台)
L字二方開きの19F-5886 (5000番台)
全長(内寸法) 3,715mm (3,588mm)
全幅(内寸法) 2,450mm (2,330mm)
全高(内寸法) 2,500mm (2,232mm)
荷重 5t
内容積 18.9m3
自重 1.5t
扉位置 片側側面、片側妻面
製造初年 1999年(平成11年)
製造メーカー 東急車輛製造日本車輌製造
製造数 4,925個
外面色 赤紫色(JRFレッド)
テンプレートを表示
外観上の扉のない面にはリブ(コルゲート・波板ともいう)が復活している。
5000番台飛番付与の19F-5624

JR貨物19F形コンテナ(JRかもつ19Fがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が旧型コンテナの老朽取換用として、4,925個を配備した12ftドライコンテナである。

構造[編集]

19シリーズ初の片側妻扉・側扉の二方開きで、外法寸法は高さ2,500mm、幅2,450mm、長さ3,715mm、自重1.5t。内容積は18.9m3。最大積載量は5t。

ただし妻面と側面に扉があるため、本形式には隅金具はない。また外観上の扉のない面にはリブ(コルゲート・波板ともいう)が復活している。

非扉側の妻面型式番号表記が初期は横書き、後期は縦書き2列で側面に「地球環境に優しい鉄道貨物輸送」というステッカーが付くなど形式内で細かな差異が見られる。また、このステッカーは他形式と内容もサイズも異なり(他より一回り小さく、「地球」環境に… となっている)独特である。

側面のリブにはメーカごとに差異がある。

製造メーカーは、東急車輛製造(大阪製作所)・日本車輌製造・CIMC車両。

現状[編集]

2007年(平成19年)以降はエコレールマークのシールを順次貼り付けた。

19G形と並んで、片妻面・片側面開き12ftコンテナの標準型として使用していたが、2013年度(平成25年度)以降、19D形19G形への置き換えにより廃棄や、死重用途のZD19F形への改造が進み、2018年(平成30年)12月に全廃した。

参考文献[編集]

  • 貨車技術発達史編纂委員会(編著)『日本の貨車 技術発達史 明治5(1872)年〜平成16(2004)年』社団法人日本鉄道車輌工業会、2008年3月。全国書誌番号:21465967

関連項目[編集]