JR貨物20C形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JR貨物20C形コンテナ
20C-195
20C-195
全長(内寸法) 3,715mm (3,647mm)
全幅(内寸法) 2,450mm (2,278mm)
全高(内寸法) 2,600mm (2,352mm)
内容積 19.5m3
自重 1.8t
扉位置 両側側面
製造初年 2002年(平成14年)
製造メーカー 東急車輛製造
製造数 500個
外面色 赤紫色(JRFレッド)
テンプレートを表示

JR貨物20C形コンテナ(20Cがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が従来の内容積と比較して、積荷の総重量が軽量になりやすい自動車部品輸送を、更に多くの内容積で輸送する為に新たに配備した、12ftドライコンテナの一種である。

従来のコンテナよりも高さが100mmも高く、車両限界の関係からコキ50000系貨車積載禁止となっているが、特認区間に限りコキ50000系に積載されることがある。

構造[編集]

両側扉・片妻面三方の開きで、高さ2,600mmと従来のコンテナよりも全高が高くなっている。内容積は19.5m3、最大積載量は5t

外観塗装はフロンティアレッド一色で、コンテナ上部にそれまでのコンテナ常識とは違ういわゆる【背高(せたか)】コンテナとなる為に、差別化する白色の帯があり、JRFのロゴが配されている。また規格外コンテナであるため、それを示すマークと『コキ50000系貨車積載禁止』の注意書きがコンテナ側面に記されている。

初期のコンテナは東急車輛製造大阪製作所製、2004年(平成16年)以降和歌山製作所で担われ、2006年(平成18年)に20Dコンテナに製造が移行された。

現状[編集]

2018年度(平成30年度)以降、20D形への置き換えにより廃棄が進められている。

2019年(平成31年)1月5日現在、432個使用されている[1]

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 貨車技術発達史編纂委員会(編著)『日本の貨車 技術発達史 明治5(1872)年〜平成16(2004)年』社団法人日本鉄道車輌工業会、2008年3月。全国書誌番号:21465967
  • 「JRコンテナ」『貨物時刻表2019』鉄道貨物協会、2019年3月、199頁。全国書誌番号:23204476

関連項目[編集]