JR貨物20E形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JR貨物20E形コンテナ
20E-45
20E-45
全長(内寸法) (3,594mm)
全幅(内寸法) (2,323mm)
全高(内寸法) (2,339mm)
荷重 5.0t
内容積 19.5m3
扉位置 片側側面、片側妻面
外面色 赤紫色(JRFレッド)
テンプレートを表示

JR貨物20E形コンテナ(JRかもつ20Eがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が製造したコンテナ

構造[編集]

内法寸法が長さ3,594mm、幅2,323mm、高さ2,339mmであり、妻面入口が幅2,258mm、高さ2,307mmだが側面入口が幅3,532mm、高さ2,287mmのコンテナである。簡易隅金具、荷崩れ防止金具(8個)、ラッシリング(8個)を備え19G形式より内法高さを100㎜高くしてかさ高品に対応している[1]

現状[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『JR貨物時刻表2017』公益社団法人鉄道貨物協会、2017年3月。全国書誌番号:22860343

関連項目[編集]