JR貨物M2A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JR貨物M2A形コンテナ
積荷が濡れない様に、付属品の「広島車両所」名入りの専用シートを張った事例。 2003年4月7日、大阪(タ)にて撮影。
積荷が濡れない様に、付属品の「広島車両所」名入りの専用シートを張った事例。
2003年4月7日、大阪(タ)にて撮影。
全長(内寸法) 3,636mm (3,506mm)
全幅(内寸法) 2,420mm (2,270mm)
全高(内寸法) 930mm (550mm)
荷重 5.9t
自重 0.9t
扉位置 片側側面および、両側側面の2タイプ。
製造初年 1988年(昭和63年)
製造メーカー 広島車両所
製造数 16個
外面色 青22号
テンプレートを表示

JR貨物M2A形コンテナ(JRかもつM2Aがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が保有する鉄道車輪輸送用12ft無蓋コンテナ。JR貨物広島車両所で16個製造された。

一部が5tタイプ活魚ミニコンテナ(西村ライブフィッシュBOXや亀屋食品活魚など)やタンクと組にして使われたこともあった。

構造[編集]

高さ550mm、幅2,270mm、長さ3,506mm、自重0.9t、総重量6.8t。

形状は比較的薄形で、18A形18D形などを切断したようなものである。両側面開きのものと片側面開きのものがある。車輪積載時はビニールシートなどがかけられ、ワイヤーでとめられる。青色で、床部は鉄板による茶色である。14 - 16はJR貨物広島車両所の事業用とされ、コンテナ右上(側面)のJRFマークの下に「関西支社広島車両所専用」と表記されている。セットで使用された西村ライブフィッシュBOXの輸送量は500kgであった。

現状[編集]

2013年(平成25年)12月現在、10個使用されている。

参考文献[編集]

  • 貨車技術発達史編纂委員会(編著)『日本の貨車 技術発達史 明治5(1872)年〜平成16(2004)年』社団法人日本鉄道車輌工業会、2008年3月。全国書誌番号:21465967

関連項目[編集]