JR貨物U11D形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

U11D形コンテナは、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入している、12ft私有コンテナ(有蓋コンテナ#ドライ・コンテナ)である。現在は使用されていない。

形式の数字部位 「 11 」は、コンテナの容積を元に決定される。このコンテナ容積11m3の算出は、厳密には端数四捨五入計算の為に、内容積10.5 - 11.4m3の間に属するコンテナが対象となる。

番台毎の概要[編集]

0番台[編集]

1
1991年(平成3年)に試作された日本通運所有の産業廃棄物輸送用コンテナである。日本フルハーフで製造され、自重は1.7t、荷重は5.0tである。
有蓋コンテナではあるが、屋根は開閉可能となっており、妻面の扉もダンプアップによる荷おろしに対応するため、上方にヒンジを設けたアオリ戸となっている。反対の妻面には、上部へ昇降するための梯子が設けられている。積載品目として、コンクリートくず金属くずゴムくず廃プラスチック繊維くずなどが想定されていた。

関連項目[編集]