JR貨物U17A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

U17A形コンテナは、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入している、12ft私有コンテナ(有蓋コンテナ#ドライ・コンテナ)である。形式の数字部位 「 17 」は、コンテナの容積を元に決定される。このコンテナ容積17m3の算出は、厳密には端数四捨五入計算の為に、内容積16.5 - 17.4m3の間に属するコンテナが対象となる。

番台毎の概要[編集]

0番台[編集]

1 - 8
熊本県養殖漁業協同組合所有。
※ 旧、東急車輛製造。総重量6.7t
庫内には小型の生けすが二個設置され、付属のバッテリーを動力としたポンプや循環器一式を備えて、活魚輸送を行っていたいわゆる活魚コンテナである。尚、通常活魚コンテナへの形式付与では、特殊仕様を示す末尾アルファベットが【 D 】となるが、このコンテナのみ通常の普通品を表す【 A 】が付与されている。
9 ・ 10
山下水産所有。東急車輛製造。
1-8と同様の構造であり、塗装のみ異なる。鯛を輸送したとされる。
11 ・ 12
日本通運所有。東急車輛製造。
※ 日韓航送用。総重量6.3t。
13
  (所有者不明)
14 - 19
日本通運所有。旧、東急車輛製造。
※ 日韓航送用。総重量6.3t。

参考文献・出典[編集]

* コンテナの絵本 

  ※リンク先の実写画像一覧表内で、【U17A】欄を参照のこと。

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)。

関連項目[編集]