JR貨物U22A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
U22A-1 U22A-2
U22A-1
U22A-2

U22A形とは、2005年度に登場した、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入している、12ft私有コンテナ(有蓋コンテナ#ドライ・コンテナ)である。

形式の数字部位 「 22 」は、コンテナの容積を元に決定される。このコンテナ容積22m3の算出は、厳密には端数四捨五入計算の為に、内容積21.5 - 22.4m3の間に属するコンテナが対象となる。

番台毎の概要[編集]

0番台[編集]

1, 2
センコー所有(三菱画像通信システム借受)、全高2,900mm(規格外)、総重量6.8tコキ50000形式貨車積載禁止。コキ100系積載時、第3積載限界適用。
背高コンテナの代表形式である20D形コンテナと比べて300mm高く、上積禁止。
片妻・片側、L字二方向開き。

参考文献・出典[編集]

* コンテナの絵本 

  ※リンク先の実写画像一覧表内で、【U16A】欄を参照のこと。


  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)。

関連項目[編集]