JR貨物U28B形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

U28B形コンテナは、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入している20ft級・標準内容積28m3航送用私有コンテナ(ドライコンテナ)である。日本国有鉄道時代に運用されていたUC7形の後継形式として使用されていたが、2005年前後から相次いで所有者営業所等で留置及び倉庫代わりに使用され始めている。この為に、形式としての登録は有るものの、事実上の運用停止状態になっていると思われる。

※ 内容積28m3の算出は、厳密には端数四捨五入計算の為に、内容積27.5 〜 28.4m3の間に属するコンテナが対象となる。

番台毎の概要[編集]

0番台[編集]

  • 6 : (不明)
  • 7・8 : 西濃運輸所有。総重量11.5t。
  • 9 : (不明)
  • 10・11 : 西濃運輸所有。総重量11.5t。
  • 12 : (不明)
  • 13・14 : 西濃運輸所有。総重量11.5t。
  • 15 : (不明)
  • 16・17 : 西濃運輸所有。総重量11.5t。
  • 18 : (不明)
  • 19 : 西濃運輸所有。総重量11.5t。

出典[編集]

  ※リンク先一覧表内で、【U28B】欄を参照のこと。

関連項目[編集]