JR貨物U29B形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

U29B形コンテナは、1988年度に登場して、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入していた20ft級・標準内容積29m3航送用私有コンテナ(ドライコンテナ)である。日本国有鉄道時代に運用されていたUC7形の後継形式として使用されていたが、近年の物流環境変化等の諸事情で更に内容積の大きいU30B形コンテナへの移行などにより、登場より20年経った2008年度に廃止形式となり消滅した。

※ 内容積29m3の算出は、厳密には端数四捨五入計算の為に、内容積28.5 〜 29.4m3の間に属するコンテナが対象となる。

番台毎の概要[編集]

0番台[編集]

  • 1・2 : 日本フレートライナー所有。総重量10t。
  • 3 : (不明)
  • 4・5 : 日本フレートライナー所有。総重量10t。
  • 6・7 : (不明)
  • 8・9 : 日本フレートライナー所有。総重量10t。
  • 10 : (不明)
  • 11・12 : 日本フレートライナー所有。総重量10t。
  • 13 : (不明)
  • 14 : 日本フレートライナー所有。総重量10t。
  • 15 : (不明)
  • 16 : 日本フレートライナー所有。/西濃運輸借受。総重量10t。
  • 17 〜 20 : 日本フレートライナー所有。総重量10t。

参考文献・出典[編集]

  ※リンク先の実写画像一覧表内で、【U29B】欄を参照のこと。

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)。

関連項目[編集]