JR貨物49A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR貨物49A形コンテナ
49A形コンテナを搭載したコキ104-1232
49A形コンテナを搭載したコキ104-1232
全長(内寸法) 9,410 mm (9,245mm)
全幅(内寸法) 2,490 mm (2,350mm)
全高(内寸法) 2,605 mm (2,237mm)
荷重 13.8t
内容積 48.6m3
扉位置 両側側面、片側妻面
製造初年 2015年(平成27年)
製造数 80(2016年現在)個
外面色 青22号+白色帯
テンプレートを表示

JR貨物49A形コンテナ(JRかもつ49Aがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が2015年(平成27年)より運用している、31ftウィングコンテナ

私有コンテナであるJR貨物U49A形コンテナ(JRかもつU49Aがたコンテナ)のうち、38000番台は基本的に同一仕様である。

概要[編集]

JR貨物では、2012年(平成24年)および2013年(平成25年)に、48A形を60個製造し、31ftウィングコンテナを運用していたが、その後もトラックから鉄道へのモーダルシフトを促進するために、31ftウィングコンテナが増備されることになった[1]

この増備に際して、48A形から内寸の高さを上げて、内容積を拡大する改良を施したのが本形式である。

全高が高いハイ・キューブ・コンテナのため、低床であるコキ100系列貨車専用となっている。

2015年(平成27年)に40個(38001 - 38040)、2016年(平成28年)に40個(38041 - 38080)が製造されている。

なお、2015年製造分は、一般社団法人低炭素社会創出促進協会から「鉄道を利用した物流の低炭素化促進事業(31ftコンテナ導入経費補助)」の補助金交付を受けている[1]

2016年製造分は、一般財団法人環境優良車普及機構から「モーダルシフトの促進等による低炭素型物流システム構築事業(31ftコンテナ導入促進事業)」の補助金交付を受けている[2]

構造[編集]

片妻面及び両側面に荷役扉を設けた三方開き。側面扉は、側板と天井の一部を組み合わせた構造で、跳ね上げて開閉するウィング式である。

前述のとおり、48A形を改良し、内寸の高さと内容積が拡大されている。

外法寸法は長さ9,410mm、幅2,490mm、高さ3,715mm。内寸は、長さ9,240 ㎜、幅2,350 ㎜、高さ 2,237 ㎜、内容積は48.8m³。

最大積載重量は13.8tである。

形状は私有コンテナとして多くの業者で使用されている、U48A形などと同一であり、全周にわたって、縦にリブ(コルゲートあるいは波板)がある。

塗装は青22号(コンテナブルー)を基調とし、各面の上部に白い帯がある。白抜きで側面および妻面の右上にJRマーク、その下に「JR貨物」の文字が入れられている。塗装外観は48A形2013年製造分と似るものの、側面のJRマークとJR貨物の表記位置が48A形2012年製造分と同じ、「コキ50000積載禁止」等の側面の注意表記が省略されている点が異なる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 31フィートウイングコンテナの増備について (PDF)”. JR貨物 (2015年7月15日). 2017年10月14日閲覧。
  2. ^ 31フィートウイングコンテナの増備について (PDF)”. JR貨物 (2016年9月14日). 2017年10月14日閲覧。

関連項目[編集]