JR貨物UM12A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

UM12A形コンテナ(UM12Aがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入した20ft・床面積12m2の一般品輸送向け私有コンテナ無蓋コンテナ)である。

無蓋コンテナ以外の他形式では、形式を表す1~2桁の数字は全てコンテナの内容積で決定されているが、無蓋コンテナのみ床面積で付与されている。 これによりm3の算出は、厳密には端数四捨五入計算の為に、内容積11.5 ~ 12.4m3の間に属するコンテナが対象となる。 また形式によっては、ドライコンテナと同等の高さがあったり、逆に1/8サイズの板型の様に八段(12ftの場合)又は、1/4サイズの薄型の様に四段(20ftの場合)に積み上げてやっとドライコンテナと同等の高さに達するなど、他形式ではタンクコンテナ以外では見られない様に、見た目が多種多彩に入り乱れているのも無蓋コンテナ形式の特徴となっている。

番台毎の概要[編集]

0番台[編集]

1 - 3
日本鉄道環境輸送所有。
4
所有者不明。
5
日本鉄道環境輸送所有。
6
所有者不明。
7 ・ 8
日本鉄道環境輸送所有。
9
所有者不明。
10
日本鉄道環境輸送所有。
11 - 13
所有者不明。

14 ・ 15

日本鉄道環境輸送所有。
16 ・ 17
所有者不明。
18 - 34
総合通商所有。


292, 358, 400, 422, 426, 429, 431, 434

5000番台[編集]

  • 全国通運所有。
5261, 5274, 5371, 5380, 5391, 5397, 5400, 5410, 5425, 5433
  • 首都圏建設資源高度化センター所有。(残土輸送用)
5016, 5067, 5073, 5102, 5110, 5120, 5127, 5157, 5169, 5176, 5188, 5233
  • JRFリース所有。
5015, 5059, 5062, 5093(元・東洋陶器(TOTO)所有コンテナ)
5074, 5108, 5180, 5183(大宮で残土輸送に用いられたものを転用), 5634(新製)
5301 - 5350
その他の5000番台ギャラリー。

105000番台[編集]

※ 既存の5000番台からの連番が全て埋まったので、実質6000番台分の割り当てに相当する。

105000番台ギャラリー。

参考文献・出典[編集]

[ヘルプ]
  • 無蓋[1] 及び、産業廃棄物[2] コンテナの絵本。

  ※リンク先の実写画像一覧表内で、【UM12A】欄を参照のこと。

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)。

関連項目[編集]