JR貨物UM8A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

UM8A形コンテナは、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入している12ft私有コンテナ(無蓋コンテナ)である。

無蓋コンテナ以外の他形式では、形式を表す1~2桁の数字は全てコンテナの内容積で決定されているが、無蓋コンテナのみ床面積で付与されている。 これによりm3の算出は、厳密には端数四捨五入計算の為に、内容積7.5 ~ 8.4m3の間に属するコンテナが対象となる。 また形式によっては、ドライコンテナと同等の高さがあったり、逆に1/8サイズの板型の様に八段(12ftの場合)又は、1/4サイズの薄型の様に四段(20ftの場合)に積み上げてやっとドライコンテナと同等の高さに達するなど、他形式ではタンクコンテナ以外では見られない様に、見た目が多種多彩に入り乱れているのも無蓋コンテナ形式の特徴となっている。


番台毎の概要[編集]

0番台[編集]

1 〜 20
日本石油輸送所有(三方運輸借受)、発電機輸送専用。総重量6.5t、自重1.5t。
後に一部三方運輸借受解除の上で、汎用品輸送に転用された。
21 〜 40
三方運輸所有、発電機輸送専用。総重量6.6t。
41 〜 56
日本通運所有、白土専用。総重量6.8t。
41のみ試作コンテナで細部が異なる。
57 〜 111
全国通運所有、川崎市専用。空き缶空き瓶専用。総重量4.0t。
112, 113
全国通運所有(セイコーエプソン借受)、廃プラスチック専用。総重量6.8t。コキ5500形式貨車積載禁止。
114, 115
日本環境鉄道輸送所有(ソリタ運輸借受)、廃棄物輸送容器専用。総重量6.8t。コキ5500形式貨車積載禁止。
116
日本通運所有、新日鉄住金大分製鉄所専用。総重量6.8t。
128 〜 467, 469 〜 638
全国通運および日本通運所有、東日本大震災の震災瓦礫専用として製作。総重量6.8t。「心をひとつに がんばろう!東北」の文字入り。
後に一部のコンテナは、川崎市専用として再利用されたり、大島災害への貸し出しに際して、166個のコンテナ上部四隅を切断して代わりにツイストホールブロックを取り付けて吊り上げ荷役に対応した、海上輸送用として利用される事になった。
更に、395, 399, 408の三個は岩手県大槌町へJR貨物より寄贈されると言う珍しい事例もある。[1]
127, 468, 639
日東工業所有、高圧受電設備輸送専用。積載時はコキ50000形式貨車積載禁止。

1000番台[編集]

1001 〜 1015
川崎市生活環境局(現・川崎市環境局)所有。1995年(平成7年)に極東工業が製造。粗大ゴミ専用コンテナ積載用アダプタ。
1016 〜 1020
川崎市生活環境局(現・川崎市環境局)所有。1996年(平成8年)に極東工業が製造。1001 - 1015のロットと構造的に同じ。

9000番台[編集]

9001 〜 9060
全国通運所有、川崎市専用。2013年(平成25年)製造。プラスチック製容器包装材用コンテナ。

10000番台[編集]

10001, 10002
日本環境鉄道輸送所有。産業廃棄物専用試作コンテナ。フックロール式のため、トラックへの荷下ろしの際、フォークリフト不要。

参考文献・出典[編集]

[ヘルプ]

  ※リンク先の実写画像一覧表内で、【UM8A】欄を参照のこと。

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)。

関連項目[編集]