JR貨物UT12A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

UT12A形コンテナ(UT12Aがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入している20ft私有コンテナタンクコンテナ)である。

番台毎の概要[編集]

5000番台[編集]

5001, 5002
菱成産業(現・三菱化学物流)所有。総重量13.5tポリオレフィンの一種であるアルファオレフィン専用。タンクを囲むフレームが付属している。
5003 - 5100
三井物産三井化学)所有。総重量13.5t。テレフタル酸専用。タンクを囲むフレームは取り付けられていない。
※全て8000番台へ改番され現存しない。

8000番台[編集]

8001 - 8098(5000番台より改番)
三井化学所有。総重量は5000番台より2t多い15.5t。テレフタル酸専用。タンクを囲むフレームは取り付けられていない。総重量がISO規格を超えているため、本体に規格外マーク(通称ハローマーク)が表示されており、マークの右下にG(総重量の超越を意味する)と表記されている。
この表記以外にも、「コキ100限定」「大竹駅 - 沼津駅専用」「最大総重量G=15.5t」という表記がある。

アルファオレフィン専用コンテナの運用[編集]

詳細については不明で、所有者や専用種別の変更か別形式への転用、あるいは用途を廃止して既に存在しない可能性が高い。

テレフタル酸専用コンテナの運用[編集]

三井化学・三井物産が所有するコンテナは、大竹駅沼津駅の間で運用されている。沼津駅で貨物列車から降ろされたコンテナはトレーラーに積み替えられて、静岡県富士宮市富士写真フィルム製造工場に配送され、フィルムの原材料として消費される。

工場内で既にテレフタル酸を降ろしたコンテナは、搬入されてきたコンテナと入れ違いでトレーラーに積み込まれ、沼津駅まで運ばれたあと、貨車積みされて大竹駅へ返却される。大竹駅周辺には、三井化学岩国大竹工場があり、ここでテレフタル酸の充填を行い、再び沼津駅まで貨物列車で運ばれる。

沼津駅で荷扱いを行う理由[編集]

前述したように、テレフタル酸専用コンテナの場合、積荷の発送先は富士宮市内だが、コンテナの積み下ろしは最寄の富士駅ではなく、5駅先(上り方面を基準)の沼津駅で行われている。富士駅は貨物用の敷地内に設けられているホームの長さが短いため、テレフタル酸用を含めた20ftコンテナの積み下ろしは行っておらず、また次の吉原駅では貨物の取り扱いはあるものの、ここでも20ftコンテナの積み下ろしは行われていない。一方の沼津駅には20ftコンテナを扱えるように、ホームに余裕を持たせてあるため、ここで荷扱いを行っている。

関連項目[編集]