JR貨物UT7C形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

UT7C形コンテナは、日本貨物鉄道(JR貨物)が輸送用として籍を編入している20ft・内容積7m3の危険品輸送向け私有コンテナ(タンクコンテナ)である。

番台・番号別概説[編集]

0番台[編集]

1 - 3
日陸が所有し、三井東圧化学が借り受けるパラニトロクロールベンゼン専用コンテナ。
4
日陸が所有するインドール専用コンテナ[1]
5
日陸が所有し、タマ化学が借り受ける60%DCC専用コンテナ。

5000番台[編集]

5001, 5002
日本石油輸送が所有するPPG専用コンテナ[2]
5003 - 5005
日陸が所有する臭化水素酸用コンテナ[3]

(ただし、5005は東ソー物流の借り受けとなっている。

5006 - 5023
日本石油輸送が所有し、関西化成品輸送が借り受ける二硫化炭素専用コンテナ。
UT7C-5028(2007年4月1日撮影)
5024
日陸が所有する臭化水素用コンテナ
※ ただし、5024は東ソー物流の借り受けとなっている。[4])。
5025 - 5029
日本石油輸送が所有し、関西化成品輸送が借り受ける二硫化炭素専用コンテナ。
5030
日本化薬が所有するエポキシ樹脂専用コンテナ[5]
5031
北陸化成工業が所有するアルミン酸水溶液専用コンテナ[6]
5032
中央通運が所有する稀硝酸専用コンテナ[7]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コンテナの絵本
  2. ^ コンテナの絵本
  3. ^ コンテナの絵本
  4. ^ コンテナの絵本
  5. ^ コンテナの絵本
  6. ^ コンテナの絵本
  7. ^ コンテナの絵本

関連項目[編集]