JR貨物W18F形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
JR貨物W18F形コンテナ
W18F-10(2010年4月28日撮影)
W18F-10(2010年4月28日撮影)
荷重 5t
内容積 18.1
扉位置 両側側面
専用種別 廃棄PCB
製造初年 2008年(平成20年)
製造数 10個
外面色

JR貨物W18F形コンテナ(JRかもつW18Fがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が保有する廃棄物用12ftコンテナである。2008年(平成20年)から製造されている。

構造[編集]

両側扉二方開きで、内容積18.1。廃棄予定のPCB輸送専用で、有害であるPCBを一般の輸送品と厳格に分離して輸送するために製造された。外観は19D形等の配色から紫と白を逆転させた配色が採用されており、遠くからも容易に識別できる。また静脈物流向けコンテナであることから、コンテナナンバーの上に黄色地に黒字で『環』とかかれたステッカーが貼られている。

現状[編集]

2009年(平成21年)4月1日現在、10個がJR貨物に籍を置いている。北海道室蘭市内のPCB処理施設へのPCB輸送に使用されている。

割増運賃[編集]

PCBの輸送自体に150%の運賃割増率が設定されているが、このコンテナを使用することによる120%の割増率が設定されているため、合計で270%の割増率(従って通常運賃の3.7倍)となっている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「貨物時刻表」2012年p.189。

関連項目[編集]