JR貨物ZX18A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ZX18A形コンテナ(ZX18Aがたコンテナ)は、2003年(平成15年)度に登場した日本貨物鉄道(JR貨物)のコンテナ事業用コンテナ)である。18C形から2個が改造された。フォークリフト作業訓練で使用する。

構造[編集]

フォークリフト作業の際のコンテナ内部の荷崩れを確認するため、外板が一部透明になっている。なお、後に窓枠は補強が加えられている。

関連項目[編集]