JULIE LABEL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

JULIE LABELジュリー・レーベル)は日本歌手沢田研二が設立したレーベル。近年の沢田研二作品の製作・販売を行っている。

概要[編集]

  • 当初は沢田が渡辺プロダクションから独立する前に所属していたポリドール内にプライベート・レーベルとして、1982年から1984年まで設けられていた。
  • 1985年に渡辺プロダクションから独立し、個人事務所「株式会社ココロ(CO-CóLO Corporation)」[1]を設立し、レコード会社もポリドールから東芝EMI(現・ユニバーサルミュージック合同会社/EMI Records Japanレーベル)へ移籍したが、1994年までのほとんどの作品[2]は渡辺音楽出版が原盤制作をする形で東芝EMIに供給・販売されていた。[3]
  • 1995年以降は、沢田側が予算を負担する形で作品は全て製作されEMI側は供給・販売のみを行う契約となっていたが、2002年に長らく続けていたEMIとの契約を解消、沢田は作品の供給、販売をも自身の手で行う必要が生じ、設立されたのがこのJULIE LABELである。
  • 本レーベルが始動されるにあたり、アーティスト側が原盤権を保有している1995年以降のオリジナルアルバムが再発売された。

所属アーティスト[編集]

作品[編集]

  • 別途「沢田研二」のシングル・アルバムとも2002年以降の項目を参照。他にDVDなどの映像作品も製造、販売している。

特徴[編集]

  • JULIE LABELで販売されている作品は、メジャーレーベル時代と比して以下のような特徴があった。
  1. パッケージがCD型とは限らない(2002~2006年発売のアルバム、シングル)
  2. シングルと同時リリース(c/wもアルバム収録曲が多くなった)
  3. 沢田のFCで通信販売が可能(ただしCDショップでの入手も可能)
  4. 新作を通信販売で購入の場合、CDショップより1週間ほどの先行販売が可能
  5. 価格がシングル、アルバムとも500円上昇
  6. 限定DVDなど通販限定のアイテムリリース

またこれに伴い1995年以降のセルフプロデュース作品も、EMIから版権を引き上げ同レーベルでの再発が行われた。

2010年9月、通常サイズ版での再発が行われた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 実際は渡辺プロダクションの資本が入っており、実質子会社である。初代社長も渡辺プロダクションからの出向
  2. ^ 渡辺プロダクション在籍時代にも、一部作品の原盤権は沢田自前の音楽出版社「アニマ出版」が保有していた。
  3. ^ 1985年から1994年までのオリジナルアルバムは、2015年にユニバーサルミュージックより再発売されている。