JULIE with THE WILD ONES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
JULIE with THE WILD ONES
沢田研二ザ・ワイルドワンズスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル J-more
プロデュース 加瀬邦彦
『JULIE with THE WILD ONES』収録のシングル
  1. 「渚でシャララ」
    リリース: 2010年2月10日
テンプレートを表示

 沢田研二と加瀬邦彦率いるザ・ワイルドワンズが合体した2010年限定のユニット『ジュリーwithザ・ワイルドワンズ』唯一のアルバムがこのJULIE with THE WILD ONESである。

収録曲[編集]

  1. 涙がこぼれちゃう
    「渚でシャララ」のカップリング曲。
  2. 渚でシャララ
    • 作詞:三浦徳子/作曲:加瀬邦彦/編曲:十川ともじ
  3. プロフィール
    • 作詞・作曲:SUNSET-OIL/編曲:上田健司
  4. 熱愛台風
    • 作詞・作曲:沢田研二/編曲:上田健司
  5. Oh Sandy
    • 作詞:GRACE/作曲:加瀬邦彦/編曲:上田健司
  6. 僕達ほとんどいいんじゃあない
    • 作詞・作曲:加瀬邦彦/編曲:河野圭
  7. アオゾラ
  8. いつかの熱視線ギャル
    • 作詞・作曲・吉田Q/編曲:河野圭
  9. ハートにズキューン
    • 作詞:沢田研二/作曲:加瀬邦彦/編曲:高橋ゲタ夫
  10. FRIENDSHIP
    • 作詞:沢田研二/作曲:加瀬邦彦/編曲:坂本昌之

解説[編集]

  • プロデューサーは加瀬邦彦、CDプロデューサーは木崎賢治を迎え、爽やかな湘南サウンドのアルバムに仕上がっている。
  • コンセプトは、ザ・ワイルドワンズの『想い出の渚』、沢田研二の『渚のラブレター』をオマージュした大人のラブソングが散りばめられている。
  • シングルカットは、A面『渚でシャララ』、B面『涙がこぼれちゃう』。B面の作詞・作曲者の吉田Qは気鋭のシンガーソングライター。『ジュリーwithザ・ワイルドワンズ』は、このアルバムをひっさげて全国ツアーを行った[1]。このライブはDVD化され、ミュージック・ペンクラブ・ジャパンが主催する第23回ミュージック・ペンクラブ賞でコンサート・パフォーマンスと録音・録画作品で賞を受ける[2]
  • 『渚でシャララ』はメンバー全員の振付けがあり、振付師は南流石

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 毎日新聞2009年12月10日付、サンケイスポーツ2010年1月25日付、沢田研二とザ・ワイルドワンズが合体の記事参照
  2. ^ ミュージック・ペンクラブ・ジャパンのホームページhttp://www.musicpenclub.com/prize23.html