Java Beans

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Java Beans(ジャバ ビーンズ)とは、Javaで書かれた再利用可能なソフトウェアコンポーネントまたはその技術仕様のこと。1997年後半に登場。Bean(部品化されたプログラム)を組み合わせることで、プログラミングの経験が少なくてもアプリケーションソフトを構築できるので、開発効率が向上する。

目次

概要

Java Beansはプログラムの再利用を目的としており、汎用的なロジックで構成されてクラスである。Javaで作成された移植可能なプラットフォームに依存しないコンポーネント・モデルで、JavaBean仕様に従う[1]

サーバーサイド向けのJavaBeansはEnterprise JavaBeansと呼ばれている。

Beanの必要条件

など。

役割

Model View Controller(MVC)ではModelに相当する役割となっている。

注釈

  1. ^ オラクルの用語集より

関連項目

今日は何の日(9月19日

もっと見る

「Java_Beans」のQ&A