Jin Rock Festival

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Jin Rock Festival(ジンロックフェスティバル)は、2008年から新潟県で年に1回開催されているロックフェスティバルである。

概要[編集]

前身は2006年にFM PORTの「BEAT COASTER」内で放送された「架空のラジオ版音楽フェスティバル」。放送時は弥彦山上空にある特設ステージで開催される架空の音楽フェスティバルという企画だった[要出典]が、アーティストを迎えてのトーク番組やライブハウスでのライブなどを経て、2008年から現実の野外フェスティバル「Jin Rock Festival」となり現在まで開催されている。

歴史と出演者[編集]

開催年月日 開催地 出演者 備考
1 2008年10月5日 加茂市加茂山公園 Caravan
SOUL'd OUT
BENNIE K
つじあやの
bonobos
ナイス橋本
2 2009年10月18日 阿部真央
サカナクション
Caravan
cutman-booche
Diggy-MO'
SOFFet
quasimode
3 2010年9月12日 斉藤和義
GRAPEVINE
Caravan
Diggy-MO'
毛皮のマリーズ
MiChi
WA航RU
雨天のため中止
4 2011年 MiChi
Caravan
GRAPEVINE
SOUL'd OUT
OKAMOTO'S
Def Tech
5 2012年 大橋トリオ
かりゆし58
Caravan
シシドカフカ
ジャンクフジヤマ
SPECIAL OTHERS
SOUL'd OUT
10-FEET
6 2013年9月7日 ドレスコーズ
SOIL&"PIMP"SESSIONS
TOKU with Zeebra
SOUL'd OUT
山崎まさよし
The Flickers
キマグレン
7 2014年9月7日 avengers in sci-fi
Caravan
JINTANA & EMERALDS
TRICERATOPS
→Pia-no-jaC←
MONKEY MAJIK
夜明ケマエ[1]
8 2015年9月6日 DJやついいちろう
ねごと
Caravan
在日ファンク
大橋トリオ
長渕剛[2]
当初はInner Circleの出演が予定されていた[2]が都合によりキャンセルとなった[3]
9 2016年9月11日 惑星アブノーマル
Shiggy Jr.
ヤバイTシャツ屋さん
DJやついいちろう×Negicco
Caravan
TOKU with シシドカフカ
大黒摩季[4]
10 2017年9月10日 OKAMOTO'S
Nulbarich
ReN
Caravan
SPECIAL OTHERS
織田哲郎[5]
JinRock “UMI” Festival 2018年7月22日 新潟市北区 南浜船溜まり[6] UQiYO
iri
Chay
MONKEY MAJIK
大黒摩季[7]
11 2018年9月9日 阿賀野市瓢湖 FIVE NEW OLD
H ZETTRIO
GLIM SPANKY
藤巻亮太
MIYAVI[8]
JR東日本新潟支社による臨時列車が運行された[9][10]

出典[編集]

  1. ^ 新潟フェス「Jin Rock Festival」、最終出演アーティストを発表”. アールオーロック (2014年8月8日). 2017年2月2日閲覧。
  2. ^ a b 新潟の野外フェスに長渕剛、ねごと、Inner Circle、在日ファンクら”. 音楽ナタリー (2015年8月27日). 2017年2月2日閲覧。
  3. ^ Jin Rock Festival: “【Inner Circle来日中止に伴うチケット払い戻しについて】”. Facebook (2015年9月1日). 2017年2月2日閲覧。
  4. ^ Shiggy Jr.1stフルアルバム完成!初回盤にNegiccoとの共演映像”. 音楽ナタリー (2016年9月11日). 2017年2月2日閲覧。
  5. ^ “自然に囲まれ 音楽を満喫 加茂 ジンロックフェスティバル”. 新潟日報. (2017年9月12日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20170912345736.html 2017年9月14日閲覧。 
  6. ^ 会場案内”. Jin Rock UMI Festival. FM PORT. 2018年6月28日閲覧。
  7. ^ 出演アーティスト”. Jin Rock UMI Festival. FM PORT. 2018年6月28日閲覧。
  8. ^ 【新潟】「JIN ROCK FESTIVAL in Hyoko 2018」”. GLIM SPANKY (2018年9月9日). 2018年9月12日閲覧。
  9. ^ “夏の臨時列車 新幹線21本増418本 JR東新潟支社”. 新潟日報. (2018年5月23日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180523394965.html 2018年9月12日閲覧。 
  10. ^ 夏の増発列車のお知らせ (PDF)”. JR東日本新潟支社. p. 7 (2018年5月18日). 2018年9月12日閲覧。