kokua

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「kōkua」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
kōkua
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
活動期間 2006年 -
レーベル アリオラジャパン
(2006年 - )
ビクターエンタテインメント
(2016年 - )
メンバー 武部聡志キーボード
スガシカオボーカル
小倉博和ギター
根岸孝旨ベース
屋敷豪太ドラムス

kōkua(コクア)は、日本を代表する音楽プロデューサー/ミュージシャンたちにより結成されたロックバンド[1][2]

バンド名のkōkuaはハワイ語で「協力する、協調する」という意味を持つ言葉に由来する[1]

概要[編集]

NHK総合のドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』の主題歌「Progress」制作をきっかけに日本のトップミュージシャンが集結したスーパーバンド[1]。NHKサイドから「その道のプロたちを扱う番組を立ち上げるのだがどんな主題歌にしたらいいか」という相談を受けたプロデューサーの武部聡志は「それぞれがミュージシャンでありながらプロデューサーでもあるプロ集団のような架空のバンドを作る」というアイディアを提案した[1][3]。そしてメンバーを想像した時にフロントマンとして真っ先に浮かんだスガシカオに声をかけ、武部がギターに推薦した小倉博和とスガがドラムに推した屋敷豪太、ほぼ全員の共通の知り合いだったベースの根岸孝旨の5人で結成することになった[3]

作品制作においては、メンバー1人1人の曲が入っているイエスのアルバム『こわれもの (Fragile)』が好きだという武部の提案で、1stアルバムからはスガが中心となりつつも楽曲提供なりプロデュースなりでメンバーそれぞれがイニシアチブをとるようになっている[4][5][6]

スガにとってkōkuaはシンガーソングライターのソロとはミュージシャンとして別の人生であり、歌詞もあまり我を出さずにメンバーが思っていることを言葉にしようと心掛けている[1]。またブラック・ミュージック寄りのソロとは異なるロックバンドなので、提供曲もソロのストック曲は使わずにメンバーと演奏することを想定して作曲している[4][5]

メンバー[編集]

来歴[編集]

2006年、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の主題歌「Progress」制作のために結成される。同年12月、第57回NHK紅白歌合戦にソロで出場したスガシカオのバックバンドとして出演する。

2010年10月2日・3日の2日間にわたり、京都平安神宮で開催されたライブイベント「平安神宮 月夜の宴」に、ホストバンドとして出演[8]

2013年3月22日、渋谷公会堂にてトータス松本、一青窈、藤井フミヤ、佐藤竹善というゲストを迎え、3年ぶりに一夜限りとなるプレミアムライブ「Inter FM MUSIC MASTER LIVE with kokua」を開催[9]

2015年、NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」の放送開始10周年記念スペシャル番組「あと一歩だけ、前に進もう〜シンガーソングライター スガシカオ」のスタジオライブに出演[10]。翌年に番組挿入歌として起用される新曲「夢のゴール」を披露する。

2016年、バンドの結成10周年を機に、スガシカオのデビュー20周年イヤープロジェクトの一環として活動を再開[11]。6月に全国4公演のツアーを開催。5月より番組の放送開始10周年を記念して書き下ろされた「夢のゴール」が、NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」の挿入歌として使用される[12]。6月1日、1stアルバム『Progress』をリリース[13]。6月4日より、初の単独公演となるホールツアー「kokua Tour 2016 Progress」をスタート[14]。 2017年2月27日に東京・東京国際フォーラムホール Aにて開催された「武部聡志 Original Award Show」に出演[15]

2017年、スガシカオのデビュー20周年を記念したライブイベント「スガフェス!」に出演。5月6日に埼玉さいたまスーパーアリーナにて開催された「スガフェス! 〜20年に一度のミラクルフェス〜」には第2部のホストバンドとして、9月18日に大阪大阪城ホールで開催された「スガフェス!WEST 〜スガシカオ vs kokua 絶対に負けられない対バンがある in 大阪〜」には対バン相手として出演した[16][17]

2019年4月17日発売のスガシカオのアルバム『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』にkokuaのメンバーが制作した「黄昏ギター」が収録される[18]

作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1st 2006年8月2日 Progress CD AUCK-19017 アリオラジャパン 『プロフェッショナル 仕事の流儀』主題歌。

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1st 2016年6月1日 Progress CD VICL-64578 ビクターエンタテインメント

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
2017年4月26日 Tour 2016「Progress」 Blu-ray Disc
DVD
VIXL-191
VIBL-846
ビクターエンタテインメント

タイアップ[編集]

タイトル タイアップ先
「Progress」 NHK総合ドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』主題歌
「夢のゴール」 NHK総合ドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』挿入歌
「黒い靴」 NHK BSプレミアムドラマ『ふれなばおちん』主題歌[19]

ライブ活動[編集]

  • 平安神宮 月夜の宴(2010年10月2日〜3日)
  • Inter FM MUSIC MASTER LIVE with kōkua(2013年3月22日、渋谷公会堂)
  • kōkua Tour 2016「Progress」 - 2016年6月4日〜6月24日(4会場4公演)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 1stアルバム『Progress』インタビュー kōkua、メンバー全員インタビュー(前編)「5人の音楽性がミックスされて“らしさ”が生まれる」1”. Real Sound (2016年6月12日). 2019年3月10日閲覧。
  2. ^ 1stアルバム『Progress』インタビュー(後編)kōkuaが語る、音楽シーンの課題と未来「突き破る精神がないと、オリジナリティは生まれない」1”. Real Sound (2016年6月18日). 2019年3月10日閲覧。
  3. ^ a b kōkua「Progress」特集 スガシカオ&武部聡志インタビュー 10年の時を経て結実した プロフェッショナル5人の「Progress」(1/4)”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年6月14日). 2019年3月8日閲覧。
  4. ^ a b 1stアルバム『Progress』インタビュー kōkua、メンバー全員インタビュー(前編)「5人の音楽性がミックスされて“らしさ”が生まれる」2”. Real Sound (2016年6月12日). 2019年3月10日閲覧。
  5. ^ a b 1stアルバム『Progress』インタビュー kōkua、メンバー全員インタビュー(前編)「5人の音楽性がミックスされて“らしさ”が生まれる」3”. Real Sound (2016年6月12日). 2019年3月10日閲覧。
  6. ^ kōkua「Progress」特集 スガシカオ&武部聡志インタビュー 10年の時を経て結実した プロフェッショナル5人の「Progress」(2/4)”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年6月14日). 2019年3月8日閲覧。
  7. ^ a b c d e Profile”. kokua special website. Victor Entertainment. 2019年3月10日閲覧。
  8. ^ スガ シカオ、幻想的な京都・平安神宮で会場を魅了”. BARKS (2010年10月5日). 2019年3月8日閲覧。
  9. ^ スガ シカオ、武部聡志、小倉博和、根岸孝旨、屋敷豪太によるスペシャル・ユニットkokuaが3年振りに集結した一夜限りのプレミアム・ライブを放送”. BARKS (2013年5月17日). 2019年3月8日閲覧。
  10. ^ スガシカオがNHK「プロフェッショナル」に出演、kokuaスタジオライブも”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年10月14日). 2019年3月8日閲覧。
  11. ^ スガシカオ20周年記念しkokua再始動、初の全国ツアーを開催”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年2月26日). 2019年3月8日閲覧。
  12. ^ kokua書き下ろし曲が「プロフェッショナル 仕事の流儀」挿入歌に”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年5月2日). 2019年3月10日閲覧。
  13. ^ スガシカオのkokua、初アルバム「Progress」は6月リリース”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年4月8日). 2019年3月10日閲覧。
  14. ^ スガシカオ参加バンドkokua、結成10年にして初のツアーが開幕”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年6月5日). 2019年3月10日閲覧。
  15. ^ <武部聡志 Original Award Show>にスガ シカオ、kokua、さかいゆうの出演決定”. BARKS (2017年1月21日). 2019年3月8日閲覧。
  16. ^ 「1番最高の時間だった」スガシカオ、豪華ゲスト陣と紡いだ“恩返し”の20周年ライブ”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年5月7日). 2019年3月8日閲覧。
  17. ^ 金髪になったスガシカオ、大阪でkokuaと対決&豪華ゲスト招きコラボ三昧”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年9月19日). 2019年3月8日閲覧。
  18. ^ スガシカオ新作「労働なんかしないで 光合成だけで生きたい」全貌発表、ツアーも決定”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月22日). 2019年3月8日閲覧。
  19. ^ “kokua新曲が長谷川京子主演ドラマ「ふれなばおちん」主題歌に”. 音楽ナタリー. (2016年5月20日). http://natalie.mu/music/news/187909 2016年5月20日閲覧。