K-1 ROMANEX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ROMANEX 格闘技世界一決定戦
イベント詳細
シリーズ K-1 ROMANEX
主催 TBSFEG
開催年月日 2004年5月22日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後5時
試合数 全10試合
放送局 TBS
入場者数 14,918人

ROMANEX 格闘技世界一決定戦(ロマネックス かくとうぎせかいいちけっていせん)は、日本総合格闘技大会。

2004年5月22日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。

大会概要[編集]

K-1が主催し、発表当初は「K-1 MMA Championship ROMANEX」とされた。テレビ放送は、TBS系で2時間枠で録画中継を行った。冠スポンサーは、パチンコ器機メーカーのフィールズ

アントニオ猪木が登場して、「1、2、3、ダーッ!」の挨拶を行った。大会名の「ROMANEX」は、RomanとExtraを組み合わせた造語で、猪木がよく使う「戦いのロマン」から取られたものと説明されている[1]

TBSの中継番組の平均視聴率ビデオリサーチ調べで13.7%であり、運営のFEGは「大健闘」と評価した[2]ものの、14,918人満員札止めと主催者発表された観客動員も、実際には不入りであったことが伝えられた[3]

大会直後にはイベントプロデューサーの谷川貞治は2004年中に2回から3回の大会を開催を開く意欲を語っていたが[4]、第2回大会が開かれることなく、ROMANEXとしては単発のイベントに終わった。

翌年にROMANEXを引き継ぐ形でFEGが運営し、ビッグマウスが主催する後継イベント「HERO'S」がスタート。HERO'Sは、当時ビッグマウスのスーパーバイザーだった前田日明が、同じくスーパーバイザーに起用された。

なお、HERO'Sでは危険として禁止されたサッカーボールキックや4点ポジションでの膝蹴りはこの大会では認められており、メインイベントの藤田和之vsボブ・サップではサッカーボールキックがフィニッシュとなっている。

試合結果[編集]

オープニングファイト ROMANEXルール 5分2R
ブラジルの旗 グラディエーター vs. オランダの旗 アントニー・ハードンク ×
2R終了 判定3-0
第1試合 ROMANEXルール 5分3R
モンゴルの旗 ブルー・ウルフ vs. アメリカ合衆国の旗 トム・ハワード ×
2R 4:44 TKO(タオル投入:グラウンドの膝蹴り)
第2試合 ROMANEXルール 5分3R
ブラジルの旗 LYOTO vs. オーストラリアの旗 サム・グレコ ×
3R終了 判定2-1
第3試合 ROMANEXルール 5分3R
トリニダード・トバゴの旗 ゲーリー・グッドリッジ vs. アメリカ合衆国の旗 ザ・プレデター ×
1R 1:22 KO(左フック→パウンド
第4試合 ROMANEXルール 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・バーネット vs. オランダの旗 レネ・ローゼ ×
1R 2:15 KO(マウントパンチ
第5試合 ROMANEXルール 5分3R
日本の旗 須藤元気 vs. ブラジルの旗 ホイラー・グレイシー ×
1R 3:40 KO(膝蹴り→パウンド
第6試合 ROMANEXルール 5分3R
アメリカ合衆国の旗 BJ・ペン vs. アメリカ合衆国の旗 ドゥエイン・ラドウィック ×
1R 1:45 肩固め
第7試合 ROMANEXルール 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ドン・フライ vs. 日本の旗 中尾芳広
1R 1:21 ノーコンテスト(偶然のバッティング)
第8試合 ROMANEXルール 5分3R
日本の旗 中邑真輔 vs. ベラルーシの旗 アレクセイ・イグナショフ ×
2R 1:51 ギロチンチョーク
第9試合 ROMANEXルール 5分3R
日本の旗 藤田和之 vs. アメリカ合衆国の旗 ボブ・サップ ×
1R 2:10 ギブアップ(サッカーボールキック

商標権問題[編集]

2004年4月21日の大会発表当初から5月19日まで、この大会は「K-1 MMA Championship ROMANEX 格闘技世界一決定戦」と銘打たれていた[5]。しかし、大会の開催直前の5月20日になって大会名が単に「FieLDS ROMANEX」と表記されるようになり[6][7]、DVDなどの映像ソフトのタイトルも「ROMANEX 格闘技世界一決定戦」として発売されている。

これは、2004年6月11日発売の『紙のプロレス」75号125ページのコラムによれば、当時K-1と対立関係にあったPRIDEを運営するドリームステージエンターテインメントがMMA THE BESTという総合格闘技大会を開いていた関係からMMAの商標の登録をしており、大会の3日前にK-1側へMMAの表記を使わないよう求めたためだという。

脚注[編集]