K-SuKe

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

K-SuKe(ケースケ、1974年2月26日[1] - )は日本イラストレーターデザイナー。日本児童出版美術家連盟(童美連)会員[1]。e-space会員[1]

人物・来歴[編集]

東京デザイン専門学校を卒業後、コナミに6年間在籍しソフト開発やキャラクターデザインに携わる[1][2]。2002年にコナミを独立してからは[1]、フリーランスとして児童向けの雑誌や書籍のイラスト等を中心に様々な分野で活動する[2]。企画者104の松井大からの紹介で、『炎神戦隊ゴーオンジャー』以降スーパー戦隊シリーズにデザイナーとして参加する[3][2]。『特命戦隊ゴーバスターズ』で怪人デザインを手掛け[注釈 1]、『獣電戦隊キョウリュウジャー』では敵キャラクターのメインデザイナーに起用された[4][注釈 2]

SDガンダムガンプラなどを愛好しており、SDガンダムのキャラクターデザイナーである横井孝二からの影響を受けているとしている[2]。一方で、ガンダムシリーズを愛好しているがリアルなメカを描くことは苦手としている[2]

参加作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ファンロイド、ジシャクロイド[2]
  2. ^ 炎神戦隊ゴーオンジャー』でも怪人デザイン案を提出していたが、採用には至らなかった[4]
  3. ^ 久正人との連名。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e K-SuKeプロフィール”. 2015年2月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 「スーパー戦隊制作の裏舞台 K-SuKe」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.15 手裏剣戦隊ニンニンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年9月7日、32頁。ISBN 978-4-06-509525-6。
  3. ^ a b 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』 グライドメディア、2012年10月16日、351頁。ISBN 978-4-8130-2180-3。
  4. ^ a b 「creature design TALK K-SuKe×松井大(企画者104)」『獣電戦隊キョウリュウジャー公式完全読本』 ホビージャパン、2014年6月20日、112-113頁。ISBN 978-4-7986-0828-0。