KADOKAWAサクラナイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
KADOKAWAサクラナイツ
2019年創設(2年目)
所属選手
戦績
ファイナル進出
セミファイナル進出
  • 2019
  • 2020
オーナー企業
KADOKAWA

KADOKAWAサクラナイツ(カドカワサクラナイツ)は、競技麻雀のチーム対抗戦のナショナルプロリーグ・Mリーグのチーム。KADOKAWAがオーナー企業となり、2019年に設立された[1]

略歴[編集]

Mリーグ2019から参戦したチーム。 名前の由来はKADOKAWAが埼玉県所沢市に建設中のところざわサクラタウンから名付けられた[2]。Mリーグ2019はチーム定員が3名から4名に拡大したシーズンであったが、ドラフト会議において4人目は指名せず、初年度は内川幸太郎岡田紗佳沢崎誠の3名で戦った。

Mリーグ2020開幕前、所属チーム3名の3チームにのみドラフト権が与えられたドラフト会議において、堀慎吾を指名した。

所属選手[編集]

シーズン 選手
2019 内川幸太郎[3] 岡田紗佳[3] 沢崎誠[3]
2020 堀慎吾
2021

監督[編集]

KADOKAWAサクラナイツの監督を務める森井巧[4](もりい たくみ[5] (1983-02-01) 1983年2月1日(38歳)[6])は、KADOKAWAのエンタテインメントノベル局 コンテンツ推進室室長を兼業している[7]北海道出身[4]。KADOKAWA関連では、富士見ドラゴンブック[8]富士見ファンタジア文庫[8][9]ドラゴンマガジン角川スニーカー文庫編集部の総括編集長[9]のほか、テレビアニメ作品のプロデューサーなどを担当した経歴を持つ[10]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

シーズン 順位 総合 選手・得点
2019[11] 4位 48.4 沢崎誠 234.3 内川幸太郎 ▲33.1 岡田紗佳 ▲152.8
2020[12] 2位 497.3 内川幸太郎 468.7 堀慎吾 275.6 岡田紗佳 33.6 沢崎誠 ▲280.6

セミファイナル[編集]

シーズン 結果 総合 持越 セミファイナル 選手・得点
2019 1位 284.7 24.2 260.5 沢崎誠 157.4 内川幸太郎 69.6 岡田紗佳 33.5
2020 2位 294.5 248.7 45.8 岡田紗佳 56.7 内川幸太郎 38.9 堀慎吾 37.7 沢崎誠 ▲87.5

ファイナル[編集]

シーズン 結果 総合 持越 ファイナル 選手・得点
2019 4位 ▲249.1 142.4 ▲391.5 岡田紗佳 ▲54.7 沢崎誠 ▲140.2 内川幸太郎 ▲196.6
2020 2位 103.4 147.3 ▲43.9 岡田紗佳 14.0 内川幸太郎 1.0 堀慎吾 ▲25.1 沢崎誠 ▲33.8

個人成績[編集]

選手別成績[編集]

シーズン 選手数 内川幸太郎 岡田紗佳 沢崎誠 堀慎吾
スコア 順位 スコア 順位 スコア 順位 スコア 順位
2019[11] 29 ▲33.1 15 ▲152.8 22 234.3 5 ――
2020[12] 30 468.7 2 33.6 13 ▲280.6 27 275.6 4

役満[編集]

シーズン シリーズ 通算回 日付・曜日・回 東家 南家 西家 北家 出典
2019 レギュラー 第57戦/全180戦 2019年11月14日 第1戦 南1局2本場 四暗刻 丸山奏子 沢崎誠 前原雄大 魚谷侑未 [13]
2020 レギュラー 第97戦/全180戦 2021年1月2日 第1戦 東4局1本場 四暗刻 堀慎吾 佐々木寿人 日向藍子 茅森早香 [14]

 自摸和了 

チームスポンサー[編集]

2019シーズン
2020シーズン

脚注[編集]

  1. ^ KADOKAWAサクラナイツが開幕前に壮行会 岡田紗佳「チーム全体が応援されるように」/麻雀・MリーグABEMA麻雀TIMES 2019年9月20日
  2. ^ チーム紹介 Mリーグ公式HP
  3. ^ a b c 内川幸太郎,岡田紗佳,沢崎誠 (2020年1月30日). 【TOPICS】麻雀通じ「新しい物語」を高い手目指し盛り上げたい. (インタビュー). 朝日新聞デジタル.. https://www.asahi.com/ads/mleague/clubteam/sakuraknights/article01/ 2020年3月1日閲覧。 
  4. ^ a b KADOKAWAサクラナイツ”. 朝日新聞社. 2020年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  5. ^ Special Interview『キミの一冊』”. キミラノ. KADOKAWA. 2020年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  6. ^ チーム公式twitter2021年2月1日
  7. ^ “新規参戦・KADOKAWAサクラナイツ「Mリーグは熱狂的になれるコンテンツ」/麻雀・Mリーグ”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2019年7月16日). オリジナルの2020年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/QcwWq 2020年2月16日閲覧。 
  8. ^ a b かまたあつし (2015年11月11日). “ラノベの形を覆す「ストリエ」 運営陣やファンタジア文庫が挑む先とは?”. KAI-YOU (カイユウ). オリジナルの2020年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200215152553/https://kai-you.net/article/23046 2020年2月16日閲覧。 
  9. ^ a b 株式会社KADOKAWA ファンタジア文庫・角川スニーカー文庫 統括編集による特別イベント”. アミューズメントメディア総合学院 (2016年9月20日). 2019年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  10. ^ 森井巧”. allcinema. スティングレイ. 2020年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  11. ^ a b 2019年シーズン結果”. M.LEAGUE. 2021年2月25日閲覧。
  12. ^ a b Mリーグ公式サイト”. M.LEAGUE. 2021年2月25日閲覧。
  13. ^ もはや大蛇!沢崎誠、役満アガリに解説者も絶句の激読みで4勝目/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2019年11月15日). 2019年11月15日閲覧。
  14. ^ “麻雀界にも初日の出 Mリーグ新年初戦で役満・四暗刻!ツモった2索に「門松ツモ」の名実況/麻雀・Mリーグ”. ABEMA TIMES. (2021年1月3日). https://times.abema.tv/mahjong/news-article/8640398 2021年1月6日閲覧。 
  15. ^ “KADOKAWAサクラナイツ 新規チームスポンサー契約締結のお知らせ” (プレスリリース), PR TIMES, (2020年2月25日), オリジナルの2020年2月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200226133718/https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000006848.000007006.html 2020年2月26日閲覧。 
  16. ^ 新スポンサーのお知らせ
  17. ^ 麻雀ウォッチ編集部 (2021年2月23日). “【Mリーグ】KADOKAWAサクラナイツが総合電子書籍ストア『BOOK☆WALKER』のチームスポンサー着任を発表!”. 麻雀ウォッチ (ムー). オリジナルの2021年2月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210223054542/https://mj-news.net/news/mleague/20210223156055 2021年2月28日閲覧。