KATAGI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
KATAGI
Katagi profile bw.jpg
Katagi profile picture
基本情報
別名 ALIENAZYN
出身地 カナダ
ジャンル エモラップ
職業 MC
活動期間 (叢雲)2003 - 2004年
(ソロ活動)2004年 -
共同作業者 HirOshimaU-Key_zoneUTA
公式サイト http://katagilife.com/

KATAGI(カタギ)は日本で活動しているカナダ出身のラッパー[1]。別称はAlienazyn[2]。叢雲のメンバー[3]。ラップを始めたきっかけはデ・ラ・ソウルの曲Me Myself and Iの"変わり者でもいいんだよ"というメッセージだと本人は話している[4]。2013年リリースのアルバム「BITTERSWEET」や2014年リリースのアルバム「66X」あたりからオルタナティヴ・ロックのメロディーやメランコリーな歌詞の内容を自分のラップに取り入れ始める[4][2]

叢雲[編集]

2003年にヒップホップ・クルー「叢雲」を結成。元メンバーには「THE ROC STOCK」のESがいる[5]

出身地[編集]

ドキュメンタリー動画より

「私はダウンタウンイーストサイド英語版という町で育ちました。薬物依存症やアルコール依存症の人の溜まり場となっているような町でした[6]。」

バンクーバー市ダウンタウンの東側、バンクーバー発祥の地とされるガスタウンから徒歩1、2分のところにダウンタウン・イーストサイドと呼ばれる地区がある。ホームレス、薬物中毒者などが集中的に生活している一帯である。犯罪発生率は北米一という不名誉なレッテルも貼られ、国連からは先進国で最悪のスラム街と称されている。 .
三島直美、"先進国で最悪のスラム街と称されるダウンタウン・イーストサイド"、Media Sabor (January 20, 2010)

ラップに対する思い[編集]

ドキュメンタリー動画より

「私には生活保護を受けていた期間があります。その時はエプスタイン・バール・ウイルスを感染をしていて肝臓を酷く痛めていました。合計で3年間仕事が出来ませんでした。最初の1年半は福祉を受けることが出来ませんでしたが、貯金がなくなりホームレスになる直前にお医者さんも協力してくれて生活保護を受けることになりました。仕事が出来なかった間、私は多くの歌詞を書き、その時感じていた怒りや不安を音楽にぶつけました[7]。」

好きなアーティスト[編集]

Ben Howard英語版[4]

レコーディングスタイル[編集]

ボーカルのレコーディングとミックスは本人がスマホで行っているため独特なDIY感がある[8]

国内アーティストとのコラボ[編集]

UTA

  • アルバム『MY LIFE』3曲でコラボ[2]
  • アルバム『GAME』7曲でコラボ

U-Key_zone

  • アルバム『A WOLF AMONG SHEEP』3曲でコラボ[2]

HirOshima

  • アルバム『A WOLF AMONG SHEEP』2曲でコラボ[2]

YINGYANG (ISH-ONE, SAGGA)

  • コンピアルバム『JP STATE OF MIND VOL.1』1曲でコラボ[9]

ISH-ONE

  • シングル『whatchugondo』でコラボ[10]

海外アーティストとのコラボ[編集]

  • アルゼンチンのラッパーでSindicato Argentino del Hip Hop英語版のメンバーFrostのアルバムEn Estado Libreに参加[11]
  • 人気YOUTUBEチャンネルDELCARAJO TVで知られるJuanito Sayのアルバムに参加[12]
  • Sage Francis英語版のミュージックビデオを手掛けたフランスのMV監督でありトラックメイカーWASARUのアルバムSadtimesに参加[13]

アルバム / ミニアルバム [14][編集]

  • 1st アルバム『MY LIFE』(2004年)
  • 2nd アルバム『GAME』(2004年)
  • 3rd アルバム『A WOLF AMONG SHEEP』(2007年)
  • 4th アルバム『BITTERSWEET』(2013年)
  • 5th アルバム『ELEVEN』(2014年)
  • 6th アルバム『66X』(2014年)
  • 7th アルバム『SICK SICK SICK』(2019年)
  • EP『A Wolf Among Sheep 1』(2019年)
  • EP『... And Out Come the Sheep』(2020年)
  • EP『Eric's Trip』(2020年)
  • EP『Tokyo Goons』(2020年)
  • 8th アルバム『Ramen for the Kids』(2020年)
  • 9th アルバム『Bouncing My Balls』(2020年)
  • 10th アルバム『They Call Me Monster』(2020年)
  • 11th アルバム『Hentai Rap Adventures』(2020年)
  • 12th アルバム『Jerkoff』(2020年)
  • 13th アルバム『4Thegram』(2020年)

シングル[15][16][編集]

  1. Hella Sketchy prod.Mbc Bands
  2. Iwishweweretogether prod.Mbc Bands
  3. Asshole prod.Taurs
  4. Nagabuchi Kick prod.Unknown Instrumentalz
  5. Bulletsinmyface prod.CapsCtrl
  6. If U prod.Tim4e
  7. Under The Stars prod.scryer
  8. Price Of Love prod.Taurs
  9. Carcass prod.broken eternal x despairintoashes
  10. Lilbootycall prod.Omni
  11. Pandemic prod.Lil Weest
  12. Bandage prod.nocredit (bobbyoddsock)
  13. 2Feet prod.FF_RIU
  14. Dirtyblacksummer prod.Valious & Guala Beatz
  15. Basement prod.Morfoz & XET
  16. Your Mom prod.dead spyro
  17. Usobitter prod.pink
  18. ur first time prod.shelbybeats
  19. turpentine prod.XET
  20. Intheclub prod.zach sutton
  21. Snake prod.Angelvs
  22. Slugsinthesun prod.$OCRAM
  23. H8 prod.Young Goat
  24. Lifeisgood prod.Rizzi
  25. Stay Friends (prod.wurlishmouk)
  26. More Brain / prod.madias
  27. Stomp / prod.kheart
  28. Broken Hearts: prod.Riddiman
  29. Like A Drug:  prod.Zach Sutton
  30. No More No More:  prod.AudioVibe
  31. Scars: prod.Eddie B
  32. Blow My Brains: prod.Loud Jezze
  33. Head First: Prod.Fantom
  34. Venomous Everything: Prod.5:10
  35. Fragile: FORGVN
  36. Chou Creme: Prod.Depo
  37. Backpack: Prod.pink
  38. Killemregardless: Prod. ReyBeatz
  39. Dirty: Prod. Zach Sutton
  40. Whichu: Prod. Max Miroslavskiy
  41. I kill: Prod. MutricKBeats​
  42. Swimmin': Prod. Wellfed
  43. Backpack: Prod. Pink
  44. Clout Chasers: Prod. Taurs
  45. Fake Love: Prod.AriaTheProducer
  46. More Ca$h: Prod.AriaTheProducer
  47. Holiday / ホリディ: Prod.Fantom
  48. Island with Big Ron, 詩音
  49. Tricky Prod. Wasaru
  50. No Existe with Juanito Say
  51. Manos en el Aire with Juanito Say
  52. 4My Vatos Prod. U-Key Zone
  53. Peleadores with FROST

ユーチューバーとしての活動[編集]

2018年から2019年にかけてユーチューバーとして活動していた。元々は筋トレ理論の解説を行っていたが途中から筋トレユーチューバーに対するディスラップなどを公開するようになり、その結果チャンネルが炎上しユーチューバーとしての活動を辞める[17]

出典[編集]

  1. ^ KATAGI : アルバム、ディスコグラフィー、新曲” (2020年3月20日). 2020年3月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e KATAGI/ALIENAZYN'S ALBUMS” (英語). KATAGI/ALIENAZYN OW. 2020年3月23日閲覧。
  3. ^ os-tey feat.叢雲 - Sound.jp”. sound.jp. 2020年3月23日閲覧。
  4. ^ a b c Interview with Katagi – Japanese Canadian Emcee”. www.midtnmusic.com. 2020年3月23日閲覧。
  5. ^ THE ROC STOCK”. 2020年3月23日閲覧。
  6. ^ (日本語) Alex-fighter, rapper, and underground empresario part 1, https://www.youtube.com/watch?v=o6XzAlkrU_A 2020年3月25日閲覧。 
  7. ^ (日本語) Alex-fighter, rapper, and underground empresario part 2, https://www.youtube.com/watch?v=eaOUyRboqgM 2020年3月24日閲覧。 
  8. ^ 66X by Katagi”. www.indiemusicdiscovery.com. 2020年3月23日閲覧。
  9. ^ ISH-ONE (YING YANG PRESENTS) - JP STATE OF MIND [MIX CD YING YANG PRODUCTION]” (2007年). 2020年3月22日閲覧。
  10. ^ KATAGI - Listen and Stream Free Music, Albums, New Releases”. 2020年3月22日閲覧。
  11. ^ Peleadores (feat. Katagi) by Frost El Hombre De Acero on Apple Music” (2019年10月8日). 2020年3月21日閲覧。
  12. ^ El Elegido by Juanito Say on Apple Music” (2010年4月15日). 2020年3月21日閲覧。
  13. ^ Wasaru - Sad Times (Hip Hop Album) - Wasaru” (2016年3月28日). 2020年3月21日閲覧。
  14. ^ KATAGI OFFICIAL WEBSITE”. katagilife.com. 2020年3月24日閲覧。
  15. ^ ‎KATAGI on Apple Music” (英語). Apple Music. 2020年3月24日閲覧。
  16. ^ ‎KATAGI on Apple Music” (日本語). Apple Music. 2020年3月24日閲覧。
  17. ^ 筋トレユーチューバーのカタギさん(筋トレ界NO1堅気)が動画消した件について” (2019年4月21日). 2020年3月21日閲覧。