KAZUMASA ODA TOUR"どーもどーも その日が来るまで"

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小田和正 > 小田和正の作品一覧 > KAZUMASA ODA TOUR"どーもどーも その日が来るまで"
KAZUMASA ODA TOUR“どーも どーも”
ジャンル 音楽番組
特別番組
演出 小田和正
出演者 小田和正ほか
製作
プロデューサー 船越達也(ファー・イースト・クラブ
大竹真二(MOI
制作 WOWOWライブ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年6月24日 (2012-06-24)
放送時間 21:00 - 23:00
放送分 120分
回数 1
小田和正コンサートツアー“どーも どーも”〜その日が来るまで

特記事項:
2012年7月16日 (2012-07-16)に再放送。同年8月15日に再々放送。2013年3月2日 (2013-03-02)に再々々放送。

KAZUMASA ODA TOUR“どーも どーも”』(カズマサ・オダ・ツアー どーも どーも)は、2012年6月24日WOWOWライブにて21:00 - 23:00(日曜スーパーライブ)に放送された、小田和正のライブ特番のタイトルである。EPGでの正式番組名は『小田和正コンサートツアー“どーも どーも”〜その日が来るまで』(おだかずまさコンサートツアー どーも どーも そのひがくるまで)。

解説[編集]

2011年から2012年にかけて行なわれた全国ツアーから2011年9月28日、29日の東京ドーム公演の模様を放送。なお、WOWOWでは2001年3月31日放送の『小田和正 カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけどみんなで SAME MOON![注 1]以来、11年ぶりとなった。

また、MUSIC ON! TVでも2016年5月1日に放送された(再放送は同年5月28日)。

公演日程[編集]

KAZUMASA ODA TOUR 2011“どーも どーも” その日が来るまで
イベントの種類 音楽系イベント
正式名称 明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR 2011“どーも どーも” その日が来るまで
開催時期 2011年5月7日 (2011-05-07)-2011年10月26日 (2011-10-26)
会場 札幌ドーム福岡Yahoo! Japanドームナゴヤドーム京セラドーム大阪東京ドーム・他
主催 TBSキョードー東京(主に関東公演)
後援 アリオラジャパン、フジパシフィックミュージッククラブハウス・パブリッシャーズ
協賛 明治安田生命保険相互会社
企画制作 ファー・イースト・クラブ

2011年[編集]

当初は同年3月26日から9月29日まで自身初となる5大ドーム[注 2]公演を含む全国28か所、55公演を予定していたが、3月11日に発生した東日本大震災の影響により同25か所、48公演となった[注 3]

# 公演日 会場 開場 開演 プロモーター 備考
1 5月7日(土) 長野長野ビッグハット 17:00 18:00 キョードー北陸
2 5月8日(日) 16:00 17:00
3 5月14日(土) 福井サンドーム福井 17:00 18:00
4 5月15日(日) 16:00 17:00
5 5月21日(土) 愛媛愛媛県武道館 17:00 18:00 デューク松山
6 5月22日(日) 16:00 17:00
7 5月28日(土) 三重三重県営サンアリーナ 17:00 18:00 サンデーフォーク
8 5月29日(日) 16:00 17:00
9 6月3日(金) 愛知スカイホール豊田 17:30 18:30
10 6月4日(土) 17:00 18:00
11 6月8日(水) 神奈川横浜文化体育館 17:30 18:30 KMミュージック
12 6月9日(木) 公演中に地震が発生したが、予定通り行われた[注 4]
13 6月14日(火) 京都京都会館第一ホール 18:00 18:30 キョードーインフォメーション
14 6月15日(水) 滋賀滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 18:00 18:30
15 6月18日(土) 鹿児島鹿児島アリーナ 17:00 18:00 キョードー西日本 4月22日、23日の振替公演。
16 6月19日(日) 16:00 17:00
17 6月25日(土) 熊本グランメッセ熊本 17:00 18:00
18 6月26日(日) 16:00 17:00
19 7月2日(土) 沖縄宜野湾海浜公園野外劇場 16:30 18:00 PMエージェンシー
20 7月3日(日)
21 7月9日(土) 広島広島グリーンアリーナ 17:00 18:00 ユニオン音楽事務所
22 7月10日(日) 16:00 17:00
23 7月16日(土) 新潟朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター 17:00 18:00 キョードー北陸
24 7月17日(日) 16:00 17:00
25 7月23日(土) 香川さぬき市野外音楽広場テアトロン 15:30 17:00 デューク高松
26 7月30日(土) 岡山岡山市総合文化体育館 17:00 18:00 ユニオン音楽事務所 4月8日、9日の振替公演。
27 7月31日(日) 16:00 17:00
28 8月9日(火) 東京国立代々木競技場第一体育館 17:30 18:30 キョードー東京 5月3日、4日の振替公演[注 5]
29 8月10日(水)
30 8月19日(金) 兵庫神戸ワールド記念ホール 17:30 18:30 キョードー大阪 4月1日、2日の振替公演。
31 8月20日(土) 17:00 18:00
32 8月24日(水) 神奈川・横浜アリーナ 17:30 18:30 KMミュージック 4月26日、27日の振替公演。
33 8月25日(木)
34 9月3日(土) 北海道札幌ドーム 16:00 18:00 ユアソング 5大ドーム公演初日。台風12号の影響で開演が30分遅れた。
35 9月10日(土) 福岡福岡Yahoo!JAPANドーム[注 6] キョードー西日本
36 9月17日(土) 愛知・ナゴヤドーム サンデーフォーク
37 9月18日(日) 15:00 17:00
38 9月24日(土) 大阪京セラドーム大阪 16:00 18:00 キョードー大阪 2日間ともVTR撮影が行われた[注 7]
39 9月25日(日) 15:00 17:00
40 9月28日(水) 東京・東京ドーム 16:30 18:30 キョードー東京
41 9月29日(木)
42 10月13日(木) 兵庫・神戸ワールド記念ホール 17:30 18:30 キョードー大阪 8月19日、20日の振替公演。
43 10月14日(金)
44 10月18日(火) 神奈川・よこすか芸術劇場 18:00 18:30 KMミュージック 8月12日の振替公演[注 8]
45 10月21日(金) 静岡エコパアリーナ 17:30 18:30 サンデーフォーク静岡 3月26日、27日の振替公演。
46 10月22日(土) 17:00 18:00
47 10月25日(火) 神奈川・横浜アリーナ 17:30 18:30 KMミュージック 8月24日、25日の振替公演。
48 10月26日(水)
KAZUMASA ODA TOUR 2011-2012“どーも どーも” その日が来るまで
イベントの種類 音楽系イベント
正式名称 明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR 2011-2012“どーも どーも” その日が来るまで[1]
開催時期 2012年4月14日 (2012-04-14)-2012年5月26日 (2012-05-26)
主催 『その日が来るまで』プロジェクト
後援 アリオラジャパン、フジパシフィックミュージック、クラブハウス・パブリッシャーズ
協賛 明治安田生命保険相互会社
企画制作 ファー・イースト・クラブ

2012年[編集]

東北地方5都市を回るコンサートツアー。昨年5月から10月まで全国各地で実施されたツアーで延期となっていた3会場に、青森、福島の2会場が追加された[1][注 9]。さらに、小田の地元である横浜赤レンガパーク特設野外ステージでの公演が追加され、前年分と併せて全国31か所、59公演となった。

# 公演日 会場 開場 開演 プロモーター 備考
49 4月14日(土) 秋田秋田県立体育館 17:00 18:00 ギルドネクスト 前年4月16日、17日の振替公演。
50 4月15日(日) 16:00 17:00
51 4月21日(土) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 17:00 18:00 前年6月18日、19日の振替公演[注 10]
52 4月22日(日) 16:00 17:00
53 4月28日(土) 青森サンワアリーナ青森 17:00 18:00
54 4月29日(日) 16:00 17:00
55 5月12日(土) 岩手岩手産業文化センター アピオ 17:00 18:00 前年7月30日、31日の振替公演。
56 5月13日(日) 16:00 17:00
57 5月19日(土) 福島あづま総合体育館 17:00 18:00 2002年ツアー以来の福島公演。
58 5月20日(日) 16:00 17:00
59 5月26日(土) 神奈川・横浜赤レンガパーク特設野外ステージ KMミュージック このツアーで関東地区唯一の週末開催[注 11][注 12][注 13]

出演者[編集]

楽曲[編集]

  • 曲目はDVD/Blu-ray(後述)収録のもの。太字の楽曲は実際に放送されたもの。☆印はアンコールで演奏。
  1. OPENING
  2. 明日
  3. ラブ・ストーリーは突然に
  4. こころ
  5. 正義は勝つ
  6. 誰れも どんなことも
  7. こたえ
  8. たしかなこと
  9. 若葉のひと
  10. 秋の気配
  11. メドレー・1
    1. I LOVE YOU
    2. 切ない愛のうたをきかせて
    3. goodtimes & badtimes
    4. めぐる季節
    5. 水曜日の午後
    6. 少年のように
  12. 緑の街
  13. 風の坂道
  14. ご当地紀行ダイジェスト
  15. グッバイ[注 15]
  16. メドレー・2
    1. 思いのままに
    2. 愛を止めないで
    3. The Flag
  17. やさしい雨
  18. Yes-No
  19. キラキラ
  20. 伝えたいことがあるんだ
  21. 緑の日々
  22. 今日も どこかで
  23. さよならは 言わない
  24. 東京の空
  25. hello hello
  26. またたく星に願いを
  27. ダイジョウブ
  28. 言葉にできない
  29. YES-YES-YES
  30. 君のこと
  31. その日が来るまで(新曲)
  32. ENDING

スタッフ[編集]

カメラ・クルー[編集]

プロモーター[編集]

プロダクションチーム[編集]

特別協賛[編集]

制作協力[編集]

制作著作[編集]

再放送[編集]

  • 2012年7月16日 (2012-07-16) 19:00 - 21:00
  • 2012年8月15日 (2012-08-15) 21:00 - 23:00(再々放送)
  • 2013年3月2日 (2013-03-02) 21:00 - 23:00(再々々放送)

DVD/Blu-ray[編集]

小田和正コンサート“どーも どーも”その日が来るまでin東京ドーム
小田和正ライブ・ビデオ
リリース
録音 2011年9月29日 (2011-09-29)
東京ドーム[注 16]
ジャンル J-POP
時間
レーベル アリオラジャパン / Little Tokyo
プロデュース 船越達也(ファー・イースト・クラブ)
大竹真二(MOI)
小田和正 映像作品 年表
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
2005年
小田和正コンサート“どーも どーも”その日が来るまでin東京ドーム
2012年
EANコード
JAN 4988027901288,ASIN B009GN7A32
【Blu-ray】
JAN 4988027901295,ASIN B009GN7B4U
テンプレートを表示

小田和正コンサート“どーも どーも”その日が来るまでin東京ドーム』(おだ かずまさコンサート どーもどーも そのひがくるまで インとうきょうドーム)のタイトルで2012年11月21日に発売された[4]。発売元はアリオラジャパン

解説[編集]

2011年から2012年にかけて開催し、74万人を動員した全国ツアー「小田和正コンサート “どーもどーも”その日が来るまで」。このツアーから2011年9月28日 (2011-09-28)、29日の東京ドーム公演の模様を収録したライブ映像作品[5]。ライブ本編では、本人監修によるメドレーを含む全36曲、約157分の映像が堪能できる[5]

小田のライブ映像作品は1998年6月24日 (1998-06-24)発売の『THRU THE WINDOW LIVE』、2001年5月16日 (2001-05-16)発売の『小田和正 カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけどみんなで SAME MOON!』に次いで3作目。「ライブは皆さんの心の中に留めておいていただければ」という本人の意思を尊重してインターバルが空いたが、ツアーに来られない人やもう一度観たいというファン、さらにスタッフや音楽業界内からも映像化希望の声が多く、リリースに至った[5]

収録曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2000年12月31日 (2000-12-31)から2001年1月1日 (2001-01-01)にかけて横浜・八景島シーパラダイス・マリーナヤードにて開催。
  2. ^ 東京ドーム、ナゴヤドーム、京セラドーム大阪は前回(2008年:『きっとまたいつか♪今日も どこかでFINAL♪』)に続いて実施。
  3. ^ 最悪の場合、全公演中止も考えられたが、「今は難しくても、歌うことがいつか役に立つときがきっと来る」との思いから開催された。
  4. ^ この日の横浜市中区の震度は2。
  5. ^ 5月4日は16:00開場、17:00開演予定だった。
  6. ^ 2013年2月 (2013-02)に『福岡 ヤフオク!ドーム』に名称変更。
  7. ^ 公演チケットにもその旨が記載されていた。東京ドームでの公演初日の模様が2日後民放各局のワイドショーで放送された。
  8. ^ 8月11日分は日程の調整がつかず中止。
  9. ^ 山形県はスケジュールに組まれなかったが、さくらんぼテレビFM山形が宮城公演の後援となっている。
  10. ^ 4月22日公演はこのツアー唯一のゲストとしてMONKEY MAJIKが登場。小田と「空はまるで」をセッションした。
  11. ^ 雨天決行。ただし荒天の場合は順延。
  12. ^ 公演の模様が2日後の民放各局のワイドショーで放送された。
  13. ^ 『ご当地紀行』は東北各県の総集編。
  14. ^ サポートメンバーとして徳高真奈美(バイオリン)も参加。
  15. ^ 当初は本編の1曲目に演奏される予定だった(追加公演の横浜赤レンガパーク公演では1曲目に演奏された)。
  16. ^ 一部横浜アリーナや京セラドーム大阪公演の映像も収録。

出典[編集]

  1. ^ a b 小田和正の東北5都市ツアー「その日がくるまで」開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年1月25日). 2019年3月28日閲覧。
  2. ^ 【DVD】小田和正/小田和正コンサート どーもどーも その日が来るまで in東京ドーム” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2019年3月26日閲覧。
  3. ^ 【Blu-ray Disc】小田和正/小田和正コンサート どーもどーも その日が来るまで in東京ドーム” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2019年3月26日閲覧。
  4. ^ 「小田和正 11年ぶりライブDVD」デイリースポーツ 2012年10月3日付)
  5. ^ a b c 小田和正、昨年の東京ドームが11年ぶりライブ映像作品に”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年10月4日). 2019年3月28日閲覧。

SonyMusic

WOWOWオンライン