KCVコミュニケーションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
KCVコミュニケーションズ株式会社
KCV Communications Inc.
種類 株式会社
略称 KCV
本社所在地 日本の旗 日本
877-0014
大分県日田市本町6-3
設立 1982年6月24日
業種 情報・通信業
法人番号 6320001010002
事業内容 有線テレビジョン放送事業
代表者 代表取締役社長 畑 日出雄
資本金 5500万円
外部リンク http://www.kcv.jp/
テンプレートを表示

KCVコミュニケーションズ株式会社は、大分県日田市に本社があるケーブルテレビ局である。略称:KCV。

b-netというインターネット接続サービスも行っている。

歴史[編集]

  • 1982年(昭和57年)6月24日 - 九州有線放送株式会社設立
  • 1982年(昭和57年)10月31日 - 放送開始
  • 1988年(昭和63年)12月 - 第三セクターになる。
  • 2001年(平成13年)4月1日 - 新社屋に移転、社名もKCVコミュニケーションズに改める。
  • 2001年(平成13年)9月 - 第1種電気通信事業者の許可を所得する。
  • 2006年(平成18年)2月 - BS、CSデジタル放送開始
  • 2006年(平成18年)12月1日 - 大分の地上デジタル放送再送信開始。
  • 2007年(平成19年)4月5日 - 福岡の地上デジタル放送(民放のみ)再送信開始。

本社所在地[編集]

  • 大分県日田市本町6番3号

サービスエリア[編集]

  • 大分県日田市の一部地域(市内のその他の地域は、市が整備したケーブル網で配信)

主な放送チャンネル[編集]

テレビ局[編集]

NHK-G NHK-E NNN NNS ANN JNN TXN FNN FNS JAITS
NHK大分 テレビ大分
福岡放送
大分朝日放送
九州朝日放送
大分放送
RKB毎日放送
TVQ九州放送 テレビ大分
テレビ西日本
デジアナ デジタル 放送局
1 D011-0(1) NHK大分総合
2 D021(2) NHK大分Eテレ
8 D031(3) 大分放送
9 D041-0(4) テレビ大分
5 D051-0(5) 大分朝日放送
4 D011-1(6) 九州朝日放送
6 D041-1(9) RKB毎日放送
10 D051-1(10) 福岡放送
11 D071(7) TVQ九州放送
12 D081(8) テレビ西日本
3 D111(11)  自主放送(KCVひた放送)
BS101 NHKBS1
BS103 NHKBSプレミアム
BS141 BS日テレ
BS151 BS朝日
BS161 BS-TBS
BS171 BSテレ東
BS181 BSフジ
BS191 WOWOW
BS200 スター・チャンネルBS
BS211 BS11デジタル
BS222 TwellV
BS231 放送大学BSテレビ
BS910  ウェザーニューズ
C021 J SPORTS 3
C022 J SPORTS 1
C023 J SPORTS 2
C024 J SPORTS 4
C027 ゴルフネットワーク
C035 ムービープラス
C045 スーパー!ドラマTV
C047 LaLa TV
C053 フジテレビNEXT
C056 日テレプラス
C057 エンタメ~テレ
C076 ディスカバリーチャンネル
C082 スペースシャワーTV
C090 釣りビジョン
C223 V☆パラダイス
C225 東映チャンネル
C226 衛星劇場
C230 ファミリー劇場
C234 時代劇専門チャンネル
C237 ミステリチャンネル
C240 カートゥーン ネットワーク
C241 アニマックス
C242 キッズステーション
C244 アニメシアターX
C245 テレ朝チャンネル
C255 ヒストリーチャンネル
C261 MUSIC ON! TV
C263 MTV
C270 囲碁・将棋チャンネル
C271 ショップチャンネル
C272 QVC
C285 グリーンチャンネル
C286 グリーンチャンネル2
C290 プレイボーイチャンネル
C291 チャンネル・ルビー
C292 レインボーチャンネル
C293 ミッドナイトブルー
  • デジタル放送はi-HITSを使用している。
  • 地上デジタル放送の()内は地域設定を大分県にしたときのチャンネルポジション
  • デジアナ変換放送は、2015年3月10日をもって終了した。

ラジオ局[編集]

MHz 放送局
82.1 fm fukuoka
82.7 ミュージックバード
84.2 NHK大分FM
85.1 FM OITA

設備[編集]

  • KCVコミュニケーションズ局内には、Panasonic製のDVCPROシステムが導入されている。また、KCV局内にはENGカメラしかなく生放送などもこのカメラで行っている。
  • インターネット接続システムは二つあり、ひとつは一般用、もうひとつは大分県日田市内の小中学校のインターネット接続用である。

不祥事[編集]

  • 2013年11月12日、KCVの自社放送チャンネル(KCVコミュニティチャンネル)において、午前9:00から約3分半にかけて本来アニメ番組が放送されるべきところ誤ってアダルト番組が放送される事故があった。11月12日未明に回線のメンテナンス工事を行った際に衛星放送を受信するチューナーの設定が変わっていたのが原因であったとされ、KCV社員が放送事故に気付き文字放送に切り替えられた。番組は日田市内の約11500世帯が試聴可能であったが、11月15日迄に視聴者からの指摘や苦情は無かったという[1][2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “アダルト番組を誤放送 大分のケーブルTV” (日本語). スポーツニッポン. (2013年11月15日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/11/15/kiji/K20131115007018010.html 2013年11月18日閲覧。 
  2. ^ “KCVからのお詫びとご報告” (日本語) (PDF) (プレスリリース), KCVコミュニケーションズ, (2013年11月12日), http://www.kcv.jp/pdf/etc/owabi.pdf 2013年11月18日閲覧。