KEIRINグランプリ'92

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

KEIRINグランプリ'92(けいりんぐらんぷりきゅうじゅうに)は1992年12月30日平塚競輪場で開催されたKEIRINグランプリである。優勝賞金3220万円[1]

出場選手[編集]

車番 選手 出身
1 鈴木誠 千葉
2 吉岡稔真 福岡
3 高木隆弘 神奈川
4 神山雄一郎 栃木
5 梶應弘樹 愛媛
6 山田裕仁 岐阜
7 滝澤正光 千葉
8 松本整 京都
9 井上茂徳 佐賀

競走内容[編集]

レース前の注目はこの年の日本選手権競輪競輪祭を制し、一気にトップスター選手となった吉岡稔真。後にスター選手となる神山雄一郎山田裕仁も出場していたが、この時点では吉岡との実力差は歴然としていた。その3名と高木隆弘を含め60期台の選手が4人出場となり、この年の高松宮杯競輪中野浩一が引退したこととあわせて、世代交代を象徴するようなメンバー構成となった。

競走結果[編集]

着順 選手 決まり手
1 吉岡稔真 捲 
2 井上茂徳 マーク
3 神山雄一郎
4 高木隆弘
5 梶應弘樹
6 滝澤正光
7 鈴木誠
8 松本整
9 山田裕仁

配当金額[編集]

枠単 2-6 540円

エピソード[編集]

  • 優勝の吉岡稔真はこの年、日本選手権競輪競輪王戦も優勝したこともあり、年間獲得賞金額が190,028,133円となったが、当時の競輪史上年間最多獲得賞金額である。加えて当レースの第1回を除くと、グランプリ初出場で優勝した事例は、吉岡が最初である。
  • 売上は約79億3756万円(本場18億0420万6000円、場外61億3335万8400円[2][3]

脚注[編集]

関連項目[編集]