KEIRINグランプリ'98

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

KEIRINグランプリ'98(けいりんぐらんぷりきゅうじゅうはち)は1998年12月30日立川競輪場で開催されたKEIRINグランプリである。優勝賞金7000万円。

出場選手[編集]

車番 選手 出身
1 小橋正義 岡山
2 神山雄一郎 栃木
3 山田裕仁 岐阜
4 本田晴美 岡山
5 高木隆弘 神奈川
6 加倉正義 福岡
7 児玉広志 香川
8 山口幸二 岐阜
9 吉岡稔真 福岡

競走内容[編集]

競走結果[編集]

着順 選手 決まり手
1 山口幸二 差 
2 神山雄一郎
3 小橋正義
4 山田裕仁
5 吉岡稔真
6 本田晴美
7 高木隆弘
8 加倉正義
落棄 児玉広志

配当金額[編集]

車番二連勝単式 8-2 8350円
枠番二連勝単式 6-2 1480円

エピソード[編集]

  • 優勝の山口幸二は、当レース前日にガッツポーズの予行演習を行っていたという記事が、各種スポーツ新聞に掲載されたが、『本番』でその「練習」の成果を成就させたことが話題となった。なお、山口が優勝するまで、競輪の慣習として、『弱い選手』が入るとされている、4、6、8番車(俗称・ヨーロッパ)の優勝事例は一度もなかった。また、山口は史上2例目のグランプリ初出場初優勝(第1回を除く)を果たした。
  • 神山雄一郎は、4年連続の準優勝に終わった。
  • 本田晴美は、10年ぶりのグランプリ出場だった。
  • 売上は約98億0189万円[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]