KEIRINグランプリ03

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

KEIRINグランプリ03(けいりんぐらんぷりぜろすりー)は2003年12月30日京王閣競輪場で開催されたKEIRINグランプリである。

出場選手[編集]

車番 選手 出身
1 小嶋敬二 石川
2 小野俊之 大分
3 吉岡稔真 福岡
4 伏見俊昭 福島
5 佐藤慎太郎 福島
6 山田裕仁 岐阜
7 岡部芳幸 福島
8 村上義弘 京都
9 太田真一 埼玉

競走内容[編集]

競走結果[編集]

着順 選手 決まり手
1 山田裕仁
2 吉岡稔真
3 太田真一
4 小野俊之
5 佐藤慎太郎
6 岡部芳幸
7 伏見俊昭
8 小嶋敬二
9 村上義弘

配当金額[編集]

車番二連勝単式 6-3 3,760円
三連勝単式 6-3-9 37,070円

エピソード[編集]

  • 当年が初のグランプリ開催地となった京王閣競輪場は、それまで2001年にGIIの共同通信社杯競輪を開催した実績があったが、GIについては開催実績がなく、オールスター2013年に開催されたのが初であった。GIよりもグランプリの開催が先に実現したのは、メイン、バック両スタンドを改築してスタンドの雰囲気を一新させたことに加え、京王電鉄新宿駅から約20分程度で最寄り駅である京王多摩川駅まで行けるという交通の便の良さや、京王多摩川駅の改札を抜けると目の前に競輪場があるという立地条件の良さにも起因する。その後京王閣競輪場ではグランプリを3年ごとに開催し、GIも2013年のオールスターの後は2015年日本選手権を開催している。
  • 優勝の山田は史上初の2年連続のグランプリ制覇を達成。また年間獲得賞金額も2年連続で2億円を突破した他、この年の競輪祭日本選手権競輪も2連覇を果たし、まさに2年連続づくめの年となった。
  • この年の枠順決定は各選手が枠順を引き当てるという公開抽選制で行われた。枠順を決めるにあたって、競輪では今でも慣習となっている、メンバー中最も弱いと目される選手を4、6、8番に割り当てる(6番が最弱と目される)という「ヨーロッパ」という概念をなくした画期的といえるものであった。なお、2008年の大会も公開抽選による枠順決定が実施された。
  • この時は、車番順にコメントをとった。9番車の太田も村上マークを考えていたが、2番車の小野が村上マークを先に宣言・主張したために競りを嫌って、単騎でのまくり狙いに変更したという[2]
  • 2センターから捲り追い込みをかけた吉岡稔真が、ゴール線通過後勝ったと思ったのか、ガッツポーズをしてしまった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]