KENZI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
KENZI
別名 ケンヂ
八田ケンヂ
生誕 (1964-08-01) 1964年8月1日(54歳)
出身地 日本の旗 日本, 北海道札幌市
ジャンル パンク・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ヴォーカルギター
活動期間 1980年 -
共同作業者 上田ケンジ
佐藤シンイチロウ
公式サイト 八田ケンヂ公式
セックス・ピストルズ
THE STAR CLUB
アナーキー
RCサクセション
ARB
松山千春
吉田拓郎

KENZI(ケンヂ、1964年8月1日 - )は、日本のパンク歌手でシンガーソングライター。スマ・ロ子、KENZI & THE TRIPSなどのバンドやソロで活動。2009年からは八田ケンヂ名義で活動を開始した。

来歴[編集]

1980年、高校時代に地元の札幌で最初のバンドであるスマ・ロ子(SMILE-LOCOMOTION)を結成し活動を開始。その後、3ピースバンドのイギリスなどで活動した後、1983年に単身で上京。

1984年、KENZIとしてシングル『LEO STAR 8』でレコードデビュー。

1985年、1st.アルバム『BRAVO JOHNNYは今夜もHAPPY END』をパンク雑誌「DOLL」が主宰するインディーズ・レーベルのシティロッカーよりリリース。「インディーズ御三家」と言われたLAUGHIN' NOSETHE WILLARD有頂天などと共に当時のインディーズ・ブームに乗り、後のビート・パンク青春パンク・ブームの先駆けとして、インディーズ・シーンで人気を博した。

1987年、KENZI & THE TRIPSを結成し、アルバム『FROM RABBIT HOUSE』、シングル『DIANA』でクラウンレコードからメジャーデビュー。メンバーは、佐野俊樹、上田ケンジ、JUN GRAY、佐藤シンイチロウであった。

1988年、アルバム『SWEET DREAMS,BABY!』、1989年にアルバム『Kangaroo』をリリースした後、KENZI & THE TRIPSは活動を休止し、ソロ活動を再開。また、KENZI & THE TRIPSのメンバーであった上田ケンジと佐藤シンイチロウはthe pillowsを結成し活動を開始。

1990年佐藤宣彦プロデュースによる『ON TIME』、江蔵浩一プロデュースによる『ゴチャマゼのスープ』をリリース。

1991年、『THIRD』をリリース。

1994年、佐野俊樹、JUN GRAY、MOH-CHANのメンバーで、第二期KENZI & THE TRIPSの活動を再開し、アルバム『覚醒』をリリース。

1996年、自主レーベルの「HARDNA POP」を設立し、活動の場をインディーズに移す。

2003年、初のプロデュースイベント「クソッたれナイト」を立ち上げ、2~3ヶ月に1回、新宿LOFTにて毎回3~5バンドが集まり開催された。この時期の主なメンバーは、HIDEKI、GO OUE、MOH-CHANなどであった。

2005年、KENZIとMOH-CHANの2人となったKENZI&THE TRIPSは、数人のゲストミュージシャンに支えられ活動。

2007年、ベースにサモン、ギターにゴローが加入。

2008年、KENZI & THE TRIPSは活動を休止し、再びソロ活動を再開。

2009年からは、名義を八田ケンヂとし、カバー・アルバム『パンク歌手と呼ばれて』とアルバム『ファースト』、『WORLD TOP DREAMER』をリリースした。また、主催イベント「新クソッたれナイト」も定期的に開催している。[1]

2010年、地元北海道に拠点を移し、30年ぶりにスマ・ロ子を再結成。

2011年、『キズだらけの天使達よ』をリリース。

2012年現在、シンガーソングライターとしての原点でもあるギター一本による弾き語りで全国ツアー中である。

2013年「八田ケンヂ弾き語りツアー2013『幸せ』」で全国45ヶ所のライブを行う。

2014年「LEOSTAR 8」発売より30周年。5.25にLIQUIDROOMで初期メンバー、初期ナンバーでのKENZI&THE TRIPS 復活ライブを宣言。

ディスコグラフィ[編集]

スマ・ロ子[編集]

シングル[編集]

  • 「ろくでなしNight」(1982.10/1)
  • 「マブ達」(2011)

アルバム[編集]

  • 「Punk FestivalⅡ」(1982)
  • 「キズだらけの天使達よ」(2011)
  • 「最期の権利」(2013)

DVD[編集]

  • 「スマロ子ワンマン~春のサカリ~」(2012)
  • 「スマ・ロ子@鹿鳴館『NEVER CHANGES』」(2012)

イギリス[編集]

アルバム[編集]

  • 「BAD BOY」(1983)

KENZI[編集]

シングル[編集]

  • 「LEOSTAR 8」(1984)
  • 「KENヂ」(1985)
  • 「OH!MY CAT」(1986)
  • 「CRAZY SUMMER」(1986)
  • 「LOVE YOU / 爆竹GIRL(LIVE)」(1987)
  • 「HAPPY NEW AGE / FRIEND」(1990)
  • 「お前にかけたい / Tokyo Silent Night」(1991)

アルバム[編集]

  • 「BRAVO JOHNNYは今夜もHAPPY END」(1986)
  • 「奴をマークしろ」(1986) ※ミニ・アルバム
  • 「'84~'86 EARLY SINGLES」(1989) ※ベスト・アルバム
  • ON TIME」(1990)
  • 「ゴチャマゼのスープ」(1990)
  • 「THIRD」(1991)
  • 「SINGLE COLLECT」(1994) ※KENZI/KENZI&THE TRIPS名義のベスト・アルバム
  • 「KENZI TWIN VERY BEST COLLECTION」(2001) ※ベスト・アルバム
  • 「奴をマークしろ+10 TRACKS」(2003) ※1986年のミニ・アルバムに10曲をプラスした再発盤
  • 「OLO WORKING~TWENTY ANNIVERSARY~KENZI」(2004) ※ベスト・アルバム
  • 「スマ・ロ子BABY」(2004)
  • 「ブラボージョニーは今夜もハッピーエンド・アルファ」(2008) ※1986年の1st.アルバムに6曲をプラスした再発盤
  • 「POWER OF THE BASE」(2008) ※アコースティック・アルバム
  • 「LEO STAR 8 HISTORY」(2009) ※ベスト・アルバム
  • 「VERY BEST COLLECTION」(2013) ※ベスト・アルバム

DVD[編集]

  • 「DVD/スマ・ロ子BABY」(2005)
  • 「EARLY LIVES」(2006)
  • 「DVDブラボージョニーは今夜もハッピーエンド・アルファ」(2008)
  • 「DVD POWER OF THE BASE」(2008)

オムニバス[編集]

KENZI & THE TRIPS[編集]

シングル[編集]

  • 「BRAVO JOHNNYは今夜もHAPPY」(1987)
  • 「DIANA / BALLADに捧ぐ」(1987)
  • 「LOVE YOU / DIANA」(1988)
  • 「BOY'S COLOR / 1988」(1988)
  • 「LOVE VACATION / 君が必要」(1988)
  • 「SEX,C」(1988)
  • 「BRAVO JOHNNYは今夜もHAPPY / BRAVO JOHNNY」(1989)
  • 「LOVE CALL / 好きな人」(1994)
  • 「BAD BAZOOKA / SUPER DELMO HARD ROCK / 星のDNA」(1995)
  • 「ミスターワンダラー / SILLY MAN / かわいい女にゃかなわない」(1996)
  • 「BEAUTIFUL LIFE」(1997)
  • 「本当のうた」(2001)

アルバム[編集]

  • 「FROM RABBIT HOUSE」(1987)
  • 「'87.4.19」(1987) ※ライブ・アルバム
  • 「SWEET DREAMS,BABY!」(1988)
  • 「Kangaroo」(1989)
  • 「〆」(1989) ※ベスト・アルバム
  • 「覚醒」(1994)
  • 「ROCK'N'ROLL JAPAN」(1995)
  • 「KENZI & THE TRIPS」(1996)
  • 「DON'T MIND」(1998)
  • 「THE TURN OF THE CENTURY BOOGIE MAN」(1999)
  • 「REAL BEAT PUNKへの道」(2000)
  • 「青春BABY」(2001) ※カバー・アルバム
  • 「真っ赤な太陽 ギラ×4」(2002)
  • 「青春BABYⅡ」(2003) ※カバー・アルバム
  • 「青春トリップス」(2003)
  • 「DOTIRASANMO NOTTE MORAIYASU」(2005) ※ライブ・アルバム
  • 「LOVE ALL」(2005)
  • 「ベストオブ裏ケントリ」(2006) ※ベスト・アルバム
  • 「ベスト・オブ・ケントリ」(2006) ※ベスト・アルバム
  • 「決して信じない」(2008)
  • 「アキラメナイ歌」(2016)[2]

ビデオ[編集]

  • 「LOFT」(1987)
  • 「INAZUMA」(1988)
  • 「VIDEO/GOOD LUCK」(1989)
  • 「LIVE!ROCK'N'ROLL JAPAN」(1995)
  • 「VIDEO/青春トリップス」(2005)

DVD[編集]

  • 「GOOD LUCK」(2005)
  • 「DVD/青春トリップス」(2005)
  • 「DVD/クソッたれナイト」(2005)
  • 「DVD/LOVE ALL」(2005)
  • 「DVD/クソッたれナイト2」(2006)

オムニバス[編集]

八田ケンヂ[編集]

アルバム[編集]

  • 「パンク歌手と呼ばれて」(2009) ※カバー・アルバム
  • 「ファースト」(2009)
  • 「WORLD TOP DREAMER」(2010)
  • 「幸せ」(2013)
  • 「KENZI GUITAR」(2013)
  • 「今があるさ」(2014)

DVD[編集]

  • 「八田ケンヂ・弾き語り2012 VOL.1」(2012)
  • 「八田ケンヂ・弾き語り2012 VOL.2」(2012)
  • 「黄色い暴動DVD」(2012)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 来歴は、公式サイトを参照。
  2. ^ KENZI & THE TRIPS、活動再開後2作目は「アキラメナイ歌」”. 音楽ナタリー (2016年2月9日). 2016年2月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「パンク天国4 ~ PUNK / NEW WAVE JAPAN 77-86」(「DOLL」2002年5月号増刊)

関連項目[編集]