KING OF KINGS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

KING OF KINGS(キング・オブ・キングス)は、9sari Groupが主催するMCバトルの大会である。略称はKOK

概要[編集]

日本のヒップホップMCである漢 a.k.a. GAMIが中心となり、開催[1]。東日本と西日本の予選で勝ち抜いたMCと、日本で行われている数々のMCバトルの優勝者が集い、真の日本一を決める大会である。その他、最終選抜枠も存在する。優勝者には賞金300万円(2016年までは150万円)が与えられる。

2015年にUMB2015 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL at 新宿ReNYと題し、第1回目を開催。第2回は2017年に行われ、大会の名称はLibra Recordsが主催するULTIMATE MC BATTLE(UMB)[2]と混乱を招くとのことで、KING OF KINGS 2016 GRAND CHAMPIONSHIP FINALとし開催された。 名前の由来はBECKの作中に出てきたRapの大会名からきている。

ルールはじゃんけんで先攻を決め、勝った方が先攻後攻と8小節4本 or 16小節2本勝負かを選択できる。トーナメント方式。判定は観客の歓声による判定(1ポイント) と、プロのラッパーの審査員による判定(3ポイント)、計4ポイントを基に、過半数を占めた者が勝利となる。判定が割れた場合は何回でも延長戦が行われる。審査員の審査基準は10 point must systemというものを採用しており、パンチライン、アグレッシブ、ジェネラルシップ、カウンターの4項目を基準に厳密に審査が行われ、勝者の札を挙げる。ポイント制の審査にあたり対戦MC2人の持ち点が均等になることもあり、ドローの札も存在する。

優勝者大会選定[編集]

MC正社員主催。全国各地で予選が行われ、決勝大会は主に東京で開催される。UMB、KOKに次ぐ規模を持つ。

G.O主催。主に関東地方で予選が行われ、決勝大会は東京で開催される。ボディタッチありのルールが特徴。

  • SPOT LIGHT

韻踏合組合主催。ENTERという予選大会が3ヶ月毎に行われ、予選、決勝大会共に大阪で開催される。

  • ENTA DA STAGE

サイプレス上野主催。横浜で開催される大会。

Sound Luck主催。東京で開催される大会。平成選抜、昭和選抜のチームに別れトーナメントが行われる。

  • SCHOOL OF RAP[5]

ダースレイダー主催。主に東京と大阪で年に数回予選が行われ、決勝大会は東京で開催される。20歳以下のMCのみ出場可能。

CRAZY-A主催。日本最古のMCバトルの大会。代々木公園にて開催される。

BAZOOKA!!!主催。高校生、もしくわそれに準じる年齢のMCのみ出場可能。全国数ヶ所でオーディションが行われる。

  • 口喧嘩祭

HIKIGANE SOUND主催。岐阜で開催される大会。

  • 小倉 MC BATTLE

PEKO主催。年に数回予選が行われ、予選、決勝大会ともに小倉で開催される。通称KMB。

上記の大会に加え、KOK主催の予選大会が行われる。

ULTIMATE MC BATTLEは選定大会として認定されていない。

歴代大会[編集]

  • UMB2015 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL at 新宿ReNY(2015年9月23日
  • KING OF KINGS 2016 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL at ディファ有明 (2017年1月8日[7]
  • KING OF KINGS 2017 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL at Zepp Diversity (2018年1月12日)
  • KING OF KINGS 2018 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL at 豊洲PIT (2019年1月6日)
  • KING OF KINGS 2019 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL at 豊洲PIT (2020年1月11日開催予定)

出場者[編集]

UMB2015 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL[編集]

  • 北海道予選代表:KAI(TRIUMPH RECORDS)
  • 東北予選代表:JAG-ME(WARPMAN)
  • 北陸予選代表:Jony the sonata(addginjahzz)
  • 北関東予選代表:崇勲 (第三の唇)-GRAND CHAMPION-
  • 東京A予選代表:サイプレス上野(ドリーム開発)
  • 東京B予選代表:仙人掌(MONJU/DOWN NORTH CAMP)
  • 東海予選代表:NAGION(FDF)
  • 大阪A予選代表:HI-KING aka TAKASE(straplayers RECORDS)
  • 大阪B予選代表:CIMA(BOIL RYEME)
  • 中国・四国予選代表:FEIDA-WAN(THE DILLINGERZ FIRM)
  • 九州予選代表:GADORO(SUNART MUSIC)
  • 第7回高校生RAP選手権代表:MCニガリ a.k.a 赤い稲妻(無所属)
  • ENTA DA STAGE代表:NONKEY(村一揆)
  • THE 罵倒代表:押忍マン(GAZAGORillA)
  • 戦極 MC BATTLE代表:呂布カルマ(JET CITY PEOPLE)
  • SCHOOL OF RAP代表 : Lick-G(無所属)

KING OF KINGS 2016 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL[編集]

  • 東日本予選①代表:ACE (戦極CAICA) 初出場
  • 東日本予選②代表:ISSUGI(DOWN NORTH CAMP/MONJU/sick team) 初出場
  • 東日本予選③代表:崇勲(第三の唇) 2年連続2回目
  • 西日本予選①代表:HI-KING aka TAKASE(straplayers RECORDS) 2年連続2回目
  • 西日本予選②代表:ERONE(韻踏合組合) 初出場
  • 西日本予選③代表:CIMA(BOIL RYEME) 2年連続2回目
  • 戦極 MC BATTLE 15章代表:GADORO (SUNART MUSIC) -GRAND CHAMPION- 2年連続2回目
  • ENTA DA STAGE 2016代表:押忍マン(無所属) 2年連続2回目
  • ADRENALINE 2016・THE罵倒2016代表:輪入道 (Garage Music Japan) 初出場
  • SCHOOL OF RAP 2016・SPOTLIGHT 2016代表:裂固(HIKIGANE SOUND) 初出場
  • 第10回高校生RAP選手権代表:じょう(Nasty Nit) 初出場[8]
  • KING DECIDING MATCH代表:呂布カルマ(JET CITY PEOPLE) 2年連続2回目[8]
  • KOK PLAY OFF1位通過:FEIDA-WAN(THE DILLINGERZ FIRM) 2年連続2回目
  • KOK PLAY OFF2位通過:サイプレス上野(ドリーム開発) 2年連続2回目
  • KOK PLAY OFF3位通過:SURRY(KSC Records) 初出場
  • KOK PLAY OFF4位通過:Lick-G(DREAM BOY) 2年連続2回目

KING OF KINGS 2017 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL[編集]

  • 東日本予選①代表:NAIKA MC(夜行性POSSE) 初出場
  • 東日本予選②・B BOY PARK 2017代表:スナフキン(彩-IRODORI-) 初出場
  • 東日本予選③代表:mu-ton(TRI MUG'S CARTEL) 初出場
  • 西日本予選①代表:FEIDA-WAN(THE DILLINGERZ FIRM) 3年連続3回目
  • 西日本予選②代表:BASE(JET CITY PEOPLE) 初出場
  • 西日本予選③代表:CIMA(BOIL RYEME) 3年連続3回目
  • ADRENALINE 2017代表:ふぁんく(梅田サイファー) 初出場
  • 戦極 MC BATTLE×KING OF KINGS代表:黄猿(Tokyo Black Label) 初出場
  • KOK 2016 DEFENDING CHAMPION:GADORO (SUNART MUSIC) -GRAND CHAMPION- 3年連続3回目
  • SCHOOL OF RAP 2017代表 : T-TANGG(Rt134) 初出場
  • SPOT LIGHT 2017代表:MOL53(OLD DRIP JUICE) 初出場
  • ENTA DA STAGE 2017代表:句潤(MEATERS BAND) 初出場
  • KOK PLAY OFF1位通過:SIMON JAP(WARUGAKI☆G) 初出場
  • KOK PLAY OFF2位通過:Dragon One(無所属) 初出場
  • KOK PLAY OFF3位通過:PONY(BLACKSWAN) 初出場
  • KOK PLAY OFF4位通過:喰吐(彩-IRODORI-) 初出場[9]

KING OF KINGS 2018 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL[編集]

  • 東日本予選①代表:NAIKA MC(戦極CAICA) 2年連続2回目
  • 東日本予選②代表:D.D.S(N.E.N) 初出場
  • 東日本予選③代表:RAWAXXX(Blazz Works) 2年連続2回目[10]
  • 東日本予選④代表:DARK(UNDER THE MUG'S) 初出場
  • 西日本予選①代表:BASE(JET CITY PEOPLE) 2年連続2回目
  • 西日本予選②代表:CIMA(BOIL RHYME) 4年連続4回目
  • 西日本予選③代表:がーどまん(チャンネルがーどまん) 初出場
  • 西日本予選④代表:智大(座敷屋) 初出場
  • SCHOOL OF RAP 2018代表:ミメイ(Jphane Does) 初出場
  • SPOT LIGHT 2018代表:呂布カルマ(JET CITY PEOPLE) 2年振り3回目-GRAND CHAMPION-
  • ADRENALINE 2018代表:SIMON JAP(WARUGAKI☆G) 2年連続2回目
  • THE罵倒2018代表:輪入道(Garage Music Japan) 2年振り2回目
  • ENTA DA STAGE2018代表:MULBE(N.E.N) 初出場
  • 第14回高校生ラップ選手権代表:HARDY(LINE RECORDS/一二三屋) 初出場
  • KOK PLAY OFF代表:PONY(BLACKSWAN) 2年連続2回目
  • 9SARI選抜:MU-TON(TRI MUG'S CARTEL) 2年連続2回目[11]

KING OF KINGS 2019 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL[編集]

  • 東日本予選①代表:ACE(プラチナム) 3年振り2回目
  • 東日本予選②代表:スナフキン(彩‐IRODORI‐) 2年振り2回目
  • 西日本予選①代表:HI-KING aka TAKASE(straplayers RECORDS) 3年振り3回目
  • 西日本予選②代表:11月16日開催予定
  • KOK U-22 WEST・口喧嘩祭代表:HARDY(LINE RECORDS) 2年連続2回目
  • KOK U-22 EAST代表:Randy Wati Sati(Hatefull Dogg's) 初出場
  • 戦極 MC BATTLE 第20章代表:SAM(宮サイファー) 初出場
  • ADRENALINE FINAL代表:呂布カルマ(JET CITY PEOPLE) 2年連続4回目
  • ENTA DA STAGE 2019代表:11月開催予定
  • SPOTLIGHT 2019代表:12月1日開催予定
  • 小倉 MC BATTLE 代表:12月15日開催予定
  • KOK PLAY OFF代表:12月21日開催予定

歴代優勝者[編集]

年度 優勝 準優勝
2015年 崇勲 JAG-ME
2016年 GADORO 輪入道
2017年 GADORO MOL53
2018年 呂布カルマ RAWAXXX

DVD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2016年01月13日 KING OF KINGS -FINAL UMB- DVD KOKDVD-001
2017年04月19日 KING OF KINGS 2016 DVD KOKDVD-002
2018年04月25日 KING OF KINGS 2017 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL KOKDVD-003

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ KING OF KINGS 2016 ABOUT KOK”. 公式サイト. 2017年3月17日閲覧。
  2. ^ ULTIMATE MC BATTLEも漢が発端として開催されていた大会である。詳しくは漢 (ラッパー)のページを参照。
  3. ^ 2018年度をもって大会終了。
  4. ^ 2019年度をもって大会終了。
  5. ^ 2019年度より大会形式変更。出場可能年齢が22歳に引き上げられ、東京と大阪で開催。
  6. ^ 2017年度のみ。
  7. ^ 本大会の模様がAbemaTVでも後日放送された。第1回戦のGADORO対CIMA戦で運営サイドによる誤審(本来であれば延長戦)が発生したが、CIMA本人が結果を受け入れるとのテロップが流れ、そのまま放送された。
  8. ^ a b 2冠達成者発生による特例選抜
  9. ^ THE罵倒2017において、Lick-Gが優勝し本戦出場の権利を得たが、本人が出場を辞退したため、急遽KOK PLAY OFFにTHE罵倒2017ベスト4の結果を残した喰吐が送り込まれ、上位4名を本戦出場とした。
  10. ^ SPOT LIGHT2017代表MOL53の新名義
  11. ^ 2017年6月15日にLibra Recordsと鎖groupが正式に和解した事により、KOK2018決勝大会へのUMB2018王者の参戦が事実上の実現を果たした。

外部サイト[編集]