KIRAMEKI☆ライフライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
KIRAMEKI☆ライフライン
春奈るなシングル
B面 Baby, maybe
Flutter
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル SACRA MUSIC
作詞・作曲 春奈るな(作詞)
Saku
春奈るな シングル 年表
ステラブリーズ
(2017年)
KIRAMEKI☆ライフライン
(2017年)
桃色タイフーン
(2018年)
テンプレートを表示

KIRAMEKI☆ライフライン」は、春奈るなの11枚目のシングル2017年11月8日SACRA MUSICから発売された。

概要[編集]

前作「ステラブリーズ」から約6ヶ月ぶり、SACRA MUSIC移籍後2枚目のシングルである。

 販売形態は初回生産限定盤、通常盤、期間生産限定盤の3種リリースで、春奈自身が声優として主役を担当しているテレビアニメ『URAHARA』のエンディングテーマである「KIRAMEKI☆ライフライン」と、「 Baby, maybe」,「Flutter」のほか、初回生産限定盤と通常盤には「KIRAMEKI☆ライフライン」のインスツルメント、期間生産限定盤にはテレビサイズバージョンの計4曲が収録されている[2]

 初回生産限定盤には「KIRAMEKI☆ライフライン」のMusic Videoとそのメイキング映像が、期間生産限定盤にはTVアニメ『URAHARA』ノンクレジットエンディング映像が収録されている[2]

「KIRAMEKI☆ライフライン」は春奈るな自身が主人公として声優に挑戦している10月クール新作アニメ『URAHARA』のエンディングテーマである。新進気鋭のジャズバンド「TRI4TH」から、織田祐亮(Tp)と藤田淳之介(Sax)をフィーチャーした、ジャジーなホーンセクションとロックギターとデジタルシーケンスがバトルを繰り広げる、新境地ドタバタポップになっている[2]。春奈るな自身も、「この曲は『かわいいんだけどかっこいい』という二重(ふたえ)に捉えられる楽曲で、『URAHARA」のエンディング映像ともそこがシンクロしていると思っています。映像自体はデフォルメチックでかわいいのですが、りととまりとことこの影がスクーパーズを追い詰めるシーンなど、かっこいいなと思う部分も含まれていて。楽曲の甘辛な部分が映像とマッチングしていて、「URAHARA」らしさと「KIRAMEKI☆ライフライン」らしさがミックスされている映像という感じがしました。」と語っている [3]

また、カップリング曲には、爽やかなコーラスが印象的な「Baby, maybe」(TOKYO MX / MUSIC ON! TV「LisAni!NAVI」テーマソング)と、リアルとバーチャルの乖離とジレンマを描いた「Flutter」を収録している[2]

シングル収録内容[編集]

初回生産限定盤・通常盤[編集]

CD[1]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「KIRAMEKI☆ライフライン」春奈るな,SakuSakuSaku
2.「Baby, maybe」唐沢美帆山下洋介山下洋介
3.「Flutter」渡辺翔渡辺翔河田貴央
4.「KIRAMEKI☆ライフライン」(Instrumental)   
合計時間:
DVD(初回生産限定盤のみ)[1]
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「KIRAMEKI☆ライフライン」(Music Video)  
2.「The Making of "KIRAMEKI☆ライフライン"」  

期間生産限定盤[編集]

CD[4]
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「KIRAMEKI☆ライフライン」  
2.「Baby, maybe」  
3.「Flutter」  
4.「KIRAMEKI☆ライフライン」(TV Size)  
合計時間:
DVD[4]
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「TVアニメ「URAHARA」ノンクレジットエンディング映像」  

出典[編集]