KISS (鉄道車両)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最初に導入されたKISS(スイス国鉄RABe511形)

KISSスイスの鉄道車両メーカーであるシュタッドラー・レールが展開する2階建て電車のブランドである。計画時はDOSTOのブランド名で呼ばれていた[1]

概要[編集]

2008年スイス連邦鉄道との間で車両導入の契約が成立して以降[2]2016年の段階で8ヶ国に242編成・1145両が導入されている[3]、高い収容力を持つ2階建て電車。車体は軽量かつ頑丈なアルミニウム合金を採用しており、扉は都市圏での使用を考慮し両開き扉を採用している。最高速度は160km/hで、編成は最短2両、最高8両編成まで対応している。また顧客の要望に応じたカスタマイズも可能で、着席定員数も最大1000人まで増やす事が出来る[2]。特に旧ソ連各国の鉄道路線に導入された編成は独自の仕様となっており、KISS Eurasiaとも呼ばれている[4]

また、並行してインターシティなど都市間長距離運用に適したKISS200と呼ばれるブランドも展開しており、車内にカフェスペースが設置されている他、最高速度も200km/hに変更されている[5]

なお、名称のKISSドイツ語で「快適・革新的・高速な都市近郊列車(komfortabler innovativer spurtstarker S-Bahn-Zug)」と言う意味である[2]

導入例[編集]

KISS[編集]

スイス(スイス連邦鉄道)[編集]

チューリッヒSバーンを始めとした各地の路線へ向け、スイス連邦鉄道2008年4月2014年4月に6両編成69本のKISSの発注を行っている[6]。また2010年4月には4両編成24本の発注も行われている[7]

スイス(BLS AG)[編集]

スイスの私鉄であるBLS AGが運営するベルン近郊のSバーンへ向け、4両編成31本のKISSが導入されている。EU諸国の鉄道車両における安全基準として2008年に制定されたEN15227[8]に基づき、上記のスイス連邦鉄道向けの編成から前面デザインが変更されている[9]

ドイツ(東ドイツ鉄道)[編集]

東ドイツ鉄道445形電車
ODEG Stadler KISS Berlin Hbf.JPG
基本情報
運用者 東ドイツ鉄道
(ODEG, Ostdeutsche Eisenbahn GmbH)
製造所 シュタッドラー・レール
製造数 4両編成16本
運用開始 2013年1月8日
主要諸元
編成 4両編成
軸配置 2'Bo'+2'2'+2'2'+Bo'2'
軌間 1,435mm
電気方式 交流15,000V (16 2/3Hz)
架空電車線方式
最高運転速度 160km/h
編成定員 404人(着席:普通座席)
24人(着席:優等座席)
661人(立席)
編成重量 206.4t
編成長 105,220mm
全幅 2,800mm
全高 4,595mm
編成出力 3,000kw
定格出力 2,000kw
備考 数値は[10][11][12]に基づく。
テンプレートを表示

ベルリンブランデンブルク州で地域輸送を行う東ドイツ鉄道(ODEG, Ostdeutsche Eisenbahn GmbH)は、2009年12月ベルリンパンコウ区にあるシュタッドラーの工場で製造されたKISSの導入を決定し、2018年8月現在4両編成16本が在籍している[10][11]

自転車を使う利用客を考慮し車内には自転車用のスペースが設置されており、前面は安全基準・EN15227に基づいた設計となっている[10]

2012年に最初の編成が完成したがドイツ連邦当局からの承認が遅れ[13]、営業運転開始日は2013年1月8日となった[12]

ドイツ(ヴェストファーレンバーン)[編集]

ヴェストファーレンバーン600形電車
WestfalenBahn ET603 Minden 1703110902.jpg
基本情報
運用者 ヴェストファーレンバーン
(Westfalenbahn)
製造所 シュタッドラー・レール
製造数 6両編成13本
運用開始 2015年12月
主要諸元
編成 6両編成
軸配置 2'Bo'+2'2'+Bo'2'+2'2'+2'2'+Bo'2'
軌間 1,435mm
電気方式 交流15,000V (16 2/3Hz)
架空電車線方式
最高運転速度 160km/h
編成定員 592人(着席:普通座席)
34人(着席:優等座席)
884人(立席)
編成長 156,450mm
全幅 2,800mm
全高 4,630mm
編成出力 4,500kw
定格出力 3,000kw
備考 数値は[14][15]、形式表記は[16]に基づく。
テンプレートを表示

ドイツ北部で旅客列車の運用を行う[17]ヴェストファーレンバーン(WFB, Westfalenbahn)では、2018年8月現在6両編成13本のKISSが営業運転に用いられている[14]2013年2月に同じくシュタッドラーの鉄道車両であるFLIRTと共に発注が行われ、営業運転開始は2015年12月である[18]

一部の2階席は優等座席になっているほか、車内には自転車収容スペースも設置されている[15]

ルクセンブルク[編集]

ルクセンブルク国鉄2300形電車
Contern, CFL Halte Sandweiler-Contern (3).jpg
基本情報
運用者 ルクセンブルク国鉄
製造所 シュタッドラー・レール
製造年 2014年-
製造数 3両編成12本
運用開始 2014年12月
主要諸元
編成 3両編成
軸配置 2'Bo'+2'2'+Bo'2'
軌間 1,435mm
電気方式 交流25,000V (50Hz)
交流15,000V (16 2/3Hz)
架空電車線方式
最高運転速度 160km/h
編成定員 初期車
262人(着席:普通座席)
27人(着席:優等座席)
増備車
254人(着席:普通座席)
38人(着席:優等座席)
編成長 79,480mm
全幅 2,800mm
全高 4,630mm
編成出力 3,000kw
定格出力 2,000kw
備考 数値は[19][20]に基づく。
テンプレートを表示

2014年12月から、ドイツ国境を越える国際列車としてルクセンブルク国鉄が所有する3両編成のKISS(2300形電車)が営業運転を開始した。当初は8本が導入されたが、同年新たに11本の追加発注が行われ、それらの増備車については優等座席数が増加している[19]

ルクセンブルク国鉄とドイツ鉄道双方の電圧に対応した複電圧車となっているのが特徴である[19]

アメリカ[編集]

アメリカカリフォルニア州で通勤列車を運行しているカルトレイン(Caltrain)は、環境対策や高速運転を目的に2016年にそれまで非電化区間であった路線の電化計画を承認し、併せて新規に導入する2階建て車両をシュタッドラー・レールへ発注した[21]。車体の安全性やバリアフリー設備はアメリカの安全基準に合わせて設計されており、自転車通勤者の需要に合わせ車内には自転車を置くことが出来るエリアが設置されている。また低床式プラットホームに適応した扉が一階部分に増設されている[22]

編成は4両編成、営業最高速度は177km/h(毎時110マイル)で、2019年から16本の製造が予定されている[22]

スウェーデン[編集]

イノトランス2018で展示された車両

2016年6月20日、シュタッドラーはスウェーデンの交通機関運営事業者であるMälabとの間で4両編成33本のKISSを製造する契約を結んだ事を発表した。当初は2015年6月に受注が確定していたが、競合他社からその際の入札内容に関して異議が唱えられ、裁判の結果それが却下された事で改めて契約を行った経緯を持つ[23]。最高速度は200km/hで、スウェーデンの気候に対応した耐寒仕様となっている[24]

2018年6月27日に最初の編成がストックホルム中央駅で公開され、2019年から営業運転を開始する[24]

ハンガリー[編集]

2017年4月12日に、シュタッドラーはハンガリー国鉄との間で6両編成6本のKISSを製造する契約を結んだ事を発表した。これはブダペスト近郊の鉄道需要の拡大によるもので、ハンガリー初の2階建て電車となる。着席定員数は600人、最高速度は160km/hで、2019年の運行開始を予定している。また、契約内容によりハンガリー国鉄には最低10編成の購入が義務付けられている[25]

KISS200[編集]

オーストリア[編集]

ウェストバーン鉄道で運用中のKISS200

オーストリア都市間列車を運営している列車運行会社(オープン・アクセス・オペレーター)であるウェストバーン鉄道 [26](WESTbahn Management GmbH)では、営業開始時から全列車に長距離向けのKISS200を導入している[27]

ドイツ[編集]

メンテナンス費用の高騰や利用客に比べての車両数過剰などの理由により、上記のウェストバーン鉄道が導入したKISS200は全車ドイツ鉄道へ譲渡される。ドイツ鉄道ではインターシティに使用される事になっており、2020年4月からドレスデン - ロストック間で営業運転を開始する予定である[28][29][30]

KISS Eurasia[編集]

アエロエクスプレスESh2形電車
アゼルバイジャン鉄道EN2形電車
ジョージア鉄道GRS形電車
アエロエクスプレスESh2形 アゼルバイジャン鉄道EN2形 ジョージア鉄道GRS形
アエロエクスプレスESh2形
ESh2-019, Sumgayit.jpg
アゼルバイジャン鉄道EN2形
Stadler KISS for Georgian Railways (cropped).jpg
ジョージア鉄道GRS形
基本情報
運用者 ロシアの旗アエロエクスプレス
アゼルバイジャンの旗アゼルバイジャン鉄道
ジョージア (国)の旗ジョージア鉄道
製造所 シュタッドラー・レール
製造年 2014年
製造数 4両編成11本、6両編成9本(2017年現在)[31]
運用開始 2015年6月(アゼルバイジャン鉄道)[32]
主要諸元
編成 4両、6両編成
軸配置 4両編成
2'2'+Bo'2'+Bo'Bo'+2'2'
6両編成
2'2'+Bo'Bo'+2'2'+2'2'+Bo'Bo'+2'2'
軌間 1,520mm
電気方式 直流3,000V
架空電車線方式
設計最高速度 160km/h
編成定員 4両編成
398+8人(着席+折り畳み座席)
523人(立席)
6両編成
700+8人(着席+折り畳み座席)
842人(立席)
車両定員 88人(着席:先頭車:ビジネスクラス合造車
112+8人(着席+折り畳み座席:先頭車)
94人(着席:電動車)
152人(着席:付随車)
編成重量 4両編成 237t
6両編成 349t
編成長 4両編成 101,700mm
6両編成 155,100mm
全長 28,800mm(制御車)
22,050mm(電動車)
26,700mm(付随車)
全幅 3.400mm
全高 5,250mm
床面高さ 1,285mm(エントランス)
685mm(1階部分)
2,974mm(2階部分)
編成出力 4両編成 3,900kw
6両編成 5,200kw
定格出力 4両編成 2,400kw
6両編成 3,200kw
備考 製造数・運用開始を除く数値は[33][34][35]に基づく。
テンプレートを表示

ロシア連邦[編集]

ロシア連邦空港連絡列車を運営するアエロエクスプレス(ООО «Аэроэкспресс»)のうち、特にモスクワ郊外にあるドモジェドヴォ空港パヴェレツキー駅を結ぶ系統は2013年の段階で年間1700万人近くの乗客が利用し、空席を見つける事が困難なほどに混雑していた。しかし路線の過密ダイヤの影響で列車の増発は難しく、現在のサービスの維持が課題となっていた。そこでアエロエクスプレスはより多数の乗客を輸送することが出来る2階建て電車の導入を決定。複数企業による入札の結果、それまで欧州各地に展開していたKISSの実績などが評価され2013年5月シュタッドラー・レールが6億8,500万ユーロで契約を獲得した[36]

欧州各地の鉄道路線に比べ、ロシア連邦を始めとしたソ連国鉄を由来とする鉄道網は線路幅が1.520mmと広いだけではなく建築限界も大きく、気象条件も異なる。それに適応させるため、シュタッドラーは新たな設計の二階建て電車を用意することとなった[36]。これがKISS Eurasia(Евразия)である。なお、ロシア(アエロエクスプレス)向けの車両についてはKISS RUS (АЭРО)の名称でも呼ばれている[4]

編成は4両編成と6両編成が存在し、最大3編成まで総括制御が可能である[33]。また編成内の電動車は制御車・付随車と比べて全長が短い[34]

車体はアルミニウム製で、軽量化とコスト削減が同時に実現している他、ロシアの気候に合わせ-50℃の低温にも耐えることが出来る構造となっている。営業最高速度は160km/h、設計最高速度は200km/hである[34]。車内は多数の乗客に対応した構造になっている事に加え、バリアフリーや安全性にも考慮した設備となっている。またwi-fi通信にも対応している[33]

2014年に最初の車両が落成した[37]が、後述のルーブル暴落も含めたロシア連邦の経済情勢の中で導入が遅れ、2017年10月からキエフスキーヴヌーコヴォ国際空港間で営業運転を開始した[38]。同年の11月からは当初の計画路線であったドモジェドヴォ空港パヴェレツキー間でも使用されている[39]。最初の3編成はスイスのアルテンハインの工場で、以降の編成はベラルーシミンスクの工場で製造がおこなわれている[36]

なお、アエロエクスプレスに導入された編成についてはESh2形(ЭШ2)の形式名が与えられている[31]

アゼルバイジャン、ジョージア[編集]

2014年以降製造が行われたKISS eurasiaであったが、2014年に起きたルーブル暴落[40]の影響によりアエロエクスプレスは新車導入代金のうち42億4.000万ルーブルが支払えない状態に陥り、最終的に交渉の末一部編成の導入をキャンセルする事となった[41]。その後、これらの編成については旧ソ連と同規格の路線網を有する他国への販売が検討され[41]、最終的にアゼルバイジャン鉄道(Azərbaycan Dəmir Yolları)とジョージア鉄道(საქართველოს რკინიგზა)が購入する事となった。

そのうちアゼルバイジャン鉄道は2015年初頭にEN2形(EŞ2)[31]として4両編成5本を導入する契約を交わし、同年に開催された2015年ヨーロッパ競技大会に合わせて6月からバクースムガイト間で営業運転を開始した[32]。最高速度は160km/hで、塗装は白を基調とし中央部に黒の帯が描かれたものに改められている。

一方、ジョージア鉄道にはGRS形(GRS)と言う形式名で4両編成4本が導入されており[31]2017年からトビリシバトゥミ間で営業運転を開始した[42]。こちらも塗装がアエロエクスプレスから変更されており、ジョージアの国旗を基調にしたデザインになっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Stadler Rail Group verzichtet auf Rekurs - ウェイバックマシン(2010年6月13日アーカイブ分)
  2. ^ a b c KISS - Products - Stadler 2018年8月11日閲覧
  3. ^ For Caltrain, 16 KISSes from Stadler (but no FLIRTs)2016年8月16日作成 2018年8月11日閲覧
  4. ^ a b Испытания двухэтажного электропоезда ЭШ2 KISS RUS (АЭРО) на Экспериментальном кольце ОАО «ВНИИЖТ» в Щербинке2015年1月21日作成 2018年8月11日閲覧
  5. ^ KISS - Products - Stadler 2018年8月11日閲覧
  6. ^ KISS DOSBBZ0908e.indd 2018年8月11日閲覧
  7. ^ Weitere Doppelstockzüge für die SBB - ウェイバックマシン(2010年4月22日アーカイブ分)
  8. ^ Flirt 普通列車における EN15227 の衝突安全性要件の実施作成 2018年8月11日閲覧
  9. ^ KISS DOBLS0710e.indd 2018年8月11日閲覧
  10. ^ a b c KOD0914e.indd 2018年8月11日閲覧
  11. ^ a b SPURTSTARK & INNOVATIV – KISS 2018年8月11日閲覧
  12. ^ a b Erstes ODEG-KISS-Fahrzeug im Fahrgasteinsatz Erstes ODEG-KISS-Fahrzeug im Fahrgasteinsatz2013年1月8日作成 2018年8月11日閲覧
  13. ^ Neue Odeg-Flotte ausgebremst2012年10月23日作成 2018年8月11日閲覧
  14. ^ a b Elektrischer Doppelstocktriebzug KISS 2018年8月11日閲覧
  15. ^ a b STA-1320-001_KISS_Westfalenbahn_v4.pdf - ウェイバックマシン(2015年12月22日アーカイブ分)
  16. ^ WFB ET600 2018年8月11日閲覧
  17. ^ Linienübersicht der WestfalenBahn2018年8月11日閲覧
  18. ^ Stadler trains ordered for WestfalenBahn services2013年2月8日作成 2018年8月11日閲覧
  19. ^ a b c kcfl0914d.pdf 2018年8月11日閲覧
  20. ^ ODEG-KISS-Fahrzeug im Fahrgasteinsatz Automotrice série 2300 2018年8月11日閲覧
  21. ^ Caltrain’s Board Approves Electrification Design-Build and EMU Contracts 2016年6月6日閲覧 2018年8月11日閲覧
  22. ^ a b KCAL0716us_new.indd 2018年8月11日閲覧
  23. ^ GREEN LIGHT FOR STADLER IN SWEDEN2016年6月20日作成 2018年8月11日閲覧
  24. ^ a b c The first new Mälartåg from Stadler on show at Stockholm Central Station2018年6月27日作成 2018年8月11日閲覧
  25. ^ a b FIRST DOUBLE-DECK TRAINS FOR HUNGARY: MÁV-START TO BUY UP TO 40 KISS EMUS FROM STADLER2017年4月12日作成 2018年8月11日閲覧
  26. ^ ウェストバーン鉄道 - Austria.info 2018年8月11日閲覧
  27. ^ KISS DOWBZ0110e.indd 2018年8月11日閲覧
  28. ^ Westbahn to buy Chinese EMUs? International Railway Journal 2019年5月19日作成 2019年7月24日閲覧
  29. ^ 「中国製」に食指、ヨーロッパ新興鉄道の思惑 東洋経済 2019年5月18日作成 2019年7月24日閲覧
  30. ^ Westbahn sells Stadler EMUs to DB and cuts services2019年7月22日作成 2019年7月24日閲覧
  31. ^ a b c d ЭШ2 — TrainPix 2018年8月11日閲覧
  32. ^ a b Первые двухэтажные электропоезда Stadler Kiss отправлены в Азербайджан2015年5月25日作成 2018年8月11日閲覧
  33. ^ a b c KISSAE0513_e.indd 2018年8月11日閲覧
  34. ^ a b c Двухуровневый скоростной электропоезд ЭШ2 KISS RUS (АЭРО) разработки и производства компании Stadler Bussnang AG, по заказу ООО «Аэроэкспресс». 2018年8月11日閲覧
  35. ^ KISSADY0415en.indd 2018年8月11日閲覧
  36. ^ a b c Aeroexpress Turns to Stadler's Double-Decker Trains to Support Growing Ridership2014年4月20日作成 2018年8月11日閲覧
  37. ^ Фотогалерея электропоездов ЭШ2 2018年8月11日閲覧
  38. ^ Компания «Аэроэкспресс» запустила первый двухэтажный поезд2017年10月27日作成 2018年8月11日閲覧
  39. ^ Компания «Аэроэкспресс» запустила двухэтажные поезда на Домодедовском направлении2017年11月22日作成 2018年8月11日閲覧
  40. ^ ロシア・ルーブルの下落について - 大和証券投資信託委託2014年12月16日 作成 2018年8月11日閲覧
  41. ^ a b «Аэроэкспресс» в декабре запустит двухэтажные поезда2016年5月26日作成 2018年8月11日閲覧
  42. ^ Двухэтажные поезда Stadler начали работать в Грузии 2016年7月27日作成 2018年8月11日閲覧
  43. ^ flirt - Products - Stadler 2018年8月11日閲覧
  44. ^ WINK - Products - Stadler 2018年8月11日閲覧
  45. ^ GTW - Products - Stadler 2018年8月11日閲覧