KIX-S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「KIXS」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
KIX-S
ジャンル J-POP
ロック
ハードロック
プログレッシブ・ロック
ブリットポップ
グランジ
活動期間 1991年 - 1999年
レーベル アポロン
1991年 - 1996年
RCAアリオラジャパン
1997年
テイチク / BAiDiS
1999年
事務所 渡辺プロダクション
共同作業者 ファンキー末吉
ドラム編曲
吉田建
ベース編曲
西脇辰弥
キーボード編曲
メンバー 浜口司ボーカル
安宅美春ギターコーラス
B'z

KIX-S(キックス)は、1990年代に活躍した日本の音楽グループ。1991年8月21日にアルバムKIX-S』でデビュー。1999年活動休止。

メンバー[編集]

名前 パート 生年月日 出身地 血液型
浜口司
(はまぐち つかさ)
ボーカル
作詞
(1971-04-14) 1971年4月14日(48歳) 大阪府泉大津市 O型
安宅美春
(あたか みはる)
ギター
作曲
(1968-02-28) 1968年2月28日(51歳) 石川県金沢市 AB型

来歴[編集]

  • 渡辺プロダクション(ナベプロ)とビーイングの共同プロデュースによって原盤制作やプロモートをしていたが、1995年以降は渡辺音楽出版が全てを仕切るようになった。
  • グループ名の由来について、ボーカルの浜口は「KIXは“KICK”で、時代をキックするという意味。C(K)をXにしたのは永遠とか無限大といった意味を持たせるため。Sは二人でやっているので複数形の-S」と、テレビ朝日ミュージックステーション』に初出演した際に語っているが、実際は事務所社長の渡辺ミキと音楽プロデューサーの長戸大幸が、打ち合わせに利用していた渡辺プロダクションが当時西武渋谷店内で経営していた喫茶店サイドキックス[1]から拝借され命名されている。[2]
  • ファースト・シングル「また逢える…」がテレビドラマ『君のためにできること』の挿入歌となり、60万枚の売り上げとなり大ヒットする。
  • ボーカルの浜口が全作詞を、ギタリストの安宅が一部楽曲を除き作曲を担当している。
  • ユニットとしてデビューする前に安宅美春はB'zプロデュースによる「孤独のRunaway」で、1990年にソロデビューしている。[3]
  • 浜口司もデビュー前に、近藤房之助坪倉唯子大黒摩季[4]T-BOLANデビューする前の森友嵐士[5]らが参加したR&Bやソウルのカバーアルバム『ROYAL STRAIGHT SOUL』(1991年)で、「Stop! In The Name Of Love」をカバー。
    • 翌年(1992年)リリースの坪倉・大黒以外に坂井泉水宇徳敬子川島だりあらも参加した『ROYAL STRAIGHT SOULⅢ part 2 Red Lovers』では、「I SAY A LITTLE PRAYER」をカバーしアルバムのトリを飾っている。[6]
  • ライブでは、ふかわりょうローリー寺西杏子ファンキー末吉バーベQ和佐田などゲストを呼ぶこともあった。
  • 1997年にレコード会社をAriola/BMGジャパンへ移籍するにあたり、ユニット名をThe KIX-Sに改名。
  • 1998年から1999年にかけてベストアルバム『The KIX-S 90's 〜The BEST〜』と『The KIX-S 90's II 〜The BEST〜』のリリース後、ユニット活動停止し事実上の解散。
  • 2004年に浜口の呼びかけによりバンドK-SEEDを結成。このバンドにはグレート義太夫が参加している。
  • 浜口は2001年、Cutting edgeから「TSUKASA☆」の名前で、CDデビューし2枚のシングルを発表する。また、ミュージカルに出演し1998年・1999年ブロードウェイミュージカルRENT[7]を始め、東宝ミュージカル『ブラッド・ブラザース』にミセス・ジョンストン役として2年連続出演するなど活動の幅を拡げた。
  • 安宅は休業後、2005年頃から東京都杉並区と世田谷区にATAKA音楽教室をオープン。公式ブログではライブ活動などの報告もされており、現在はそれぞれ個人での活動となっている。

その他[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 楽曲制作 最高位
1st 1992年7月21日 また逢える… 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:葉山たけし
4位
2nd 1993年5月17日 愛し過ぎてこわい 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:葉山たけし
16位
3rd 1993年11月22日 もう一度TENDERNESS 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:葉山たけし
23位
4th 1994年2月14日 LOVIN' YOU 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:葉山たけし
19位
5th 1994年9月28日 抱いて…抱きしめて 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:葉山たけし
15位
6th 1994年10月26日 MY LIFE 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:葉山たけし
25位
7th 1995年4月17日 NAKED WOMAN 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:KIX-S & 高橋圭一
19位
8th 1995年8月21日 自由に歩いて愛して 作詞:安井かずみ
作曲:井上堯之
編曲:KIX-S & 高橋圭一
25位
9th 1995年11月13日 LOVE IN MY LIFE 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:KIX-S & 高橋圭一
30位
10th 1996年5月21日 Dynamite 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:KIX-S & 高橋圭一 with MST
40位
11th 1996年9月21日 MOVING ON 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:KIX-S
23位
12th 1997年4月23日 FLOWER & FLOWER 〜はなとはな〜 作詞:浜口司
作曲:井上慎二郎
編曲:土橋安騎夫
37位
13th 1997年9月3日 DO YA! 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:ファンキー末吉
65位
14th 1997年11月21日 EDEN 作詞:浜口司
作曲:安宅美春
編曲:西脇辰弥
圏外

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 最高位
1st 1991年8月21日 KIX-S 77位
2nd 1992年1月21日 LES=BEAT 37位
3rd 1992年6月21日 ONE NIGHT HEAVEN 24位
4th 1992年12月14日 VIRGINITY 14位
5th 1994年3月22日 MOTHER 3位
6th 1995年5月15日 BODY 4位
7th 1996年2月21日 GORGEOUS 6位
8th 1997年12月3日 sunrise 41位

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 最高位
1st 1998年9月23日 The KIX-S 90's 〜The BEST〜 34位
2nd 1999年2月24日 The KIX-S 90's II 〜The BEST〜 圏外

ビデオ[編集]

発売日 タイトル
1st 1994年11月21日 KIX-S/CLIP-S
2nd 1996年12月16日 KIX-S/CLIP-S II

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ
ONE NIGHT HEAVEN TBS『東京知恵熱ムスメ』エンディングテーマ
また逢える… フジテレビ系ドラマ『君のためにできること』挿入歌
愛し過ぎてこわい テレビ朝日系ドラマ『ララバイ刑事'93』主題歌
もう一度TENDERNESS テレビ朝日系アニメ『機動戦士Vガンダム』エンディングテーマ
LOVIN' YOU テレビ朝日系『お茶とUN』オープニングテーマ
抱いて…抱きしめて テレビ朝日系『Jリーグ A GOGO!!』テーマソング
MY LIFE 秩父宮賜杯 第26回全日本大学駅伝対校選手権大会テーマソング
NAKED WOMAN フジテレビ系『上岡龍太郎にはダマされないぞ!』エンディングテーマ
Moon Struck 日本テレビ系『新装開店!SHOW by ショーバイ!!』エンディングテーマ
自由に歩いて愛して TBS系『歌いこみ音楽隊!』エンディングテーマ
LOVE IN MY LIFE テレビ朝日系月曜ドラマ・イン花嫁は16才!』挿入歌
Everybody! Shake It Buddy! フジテレビ系『とれたてガバット』エンディングテーマ
Dynamite フジテレビ系『プロ野球ニュース』テーマソング
MOVING ON TBS系『COUNT DOWN TV』オープニングテーマ
FLOWER & FLOWER 〜はなとはな〜 フジテレビ系『木曜の怪談 '97』オープニングテーマ
DO YA! ASAHI「フーパーズ・フーチ」CMソング
EDEN オーストラリア政府観光局 CFイメージソング

関連項目[編集]

  • 浜口司
  • 安宅美春
  • 渡辺プロダクション
    • 渡辺音楽出版 - KIX-Sの原盤権ならびに音楽出版権を管理。尚、音楽出版権はビーイング共同プロデュース時の楽曲は両社で共同管理。
    • 渡辺ミキ - ワタナベエンターテインメントの代表取締役。
    • PYG - 1995年に発表した「自由に歩いて愛して」はPYGのオリジナル曲。
    • 吉田栄作 - 渡辺ミキが一番初めにプロデュースした俳優。吉田が主演ドラマの主題歌に起用された。
    • 鈴里真帆 - 渡辺ミキがKIX-Sと同時期に手掛けていた女性歌手。関連会社のマニアマニアに所属していた。
    • TRICERATOPS - 渡辺ミキがKIX-S休止後にプロデュースしたロックバンド。関連会社のマニアマニアから現在はTRINITY ARTISTに所属。
    • マニアマニア - Dreamixと同時期に渡辺ミキが代表していた芸能事務所。現在はワタナベエンターテイメントカレッジを運営する会社に業務変更され、所属タレントは関連会社のワタナベエンターテインメントもしくはTRINITY ARTISTに移籍している。
  • ビーイング
    • ビー企画室(旧:パスミュージック) - ビーイングの音楽出版会社。ビーイングがプロデュースしていた楽曲の出版権を、渡辺音楽出版と共同で管理。
    • 長戸大幸 - 音楽プロデューサー
    • B'z
    • 大黒摩季 - 初期の楽曲のコーラスを務めた。
    • MANISH - ボーカルとキーボードによる女性ロックユニット。活動当時は、混同される事が多かった。マネジメントはスターダストプロモーション
  • アポロン - デビューから1996年まで所属していたレコード会社。
  • BMG JAPAN(現:アリオラジャパン)
  • テレビ朝日ミュージック - ビー企画室と渡辺音楽出版と共同で、タイアップ楽曲の音楽出版権を管理。
  • ベッド・イン - KIX-Sと同じボーカルとギターによる女性ロックユニット。影響を受けていると公言している。

編曲・サウンドアレンジ[編集]

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ のちに「EARL(アール)」に改称。現在は閉店。
  2. ^ 『考えるヒット』(1994年)より
  3. ^ 後にB'zがセルフカバーしているが、本作ではデビュー前の大黒摩季がボーカルで参加していたり、T-BOLANでデビューする前の森友嵐士がBOOWYの「IMAGE DOWN」を早尻翔介名義でカバーしている。1stと2ndアルバムにB'zの当時の所属事務所のスタッフがクレジットされているのは、ソロアルバムでのデビューが経緯がある為。因みに斉藤さん(BUM)とは、現在大阪のライブハウスヒルズパン工場で支配人を務めている、斉田才の本名である。
  4. ^ 本名の大黒摩紀名義。コーラスに参加している。
  5. ^ 本名の田辺裕之名義。
  6. ^ 原盤権の関係で、1作目の『ROYAL STRAIGHT SOUL』のみ廃盤。『ROYAL STRAIGHT SOULⅢ part 2 Red Lovers』は、1993年にBMGルームスより価格を下げて再々発売されており、現在でも販売されている。
  7. ^ 主役のミミ役に抜擢され2年連続出演